五輪チャンネル「羽生が最も人気」 & FaOI追加スケーター発表 & オーサー「結弦について」

結弦くんについての情報、ワールドが終わっても途切れることがありません。
とりあえず、気になった話題をいくつかピックアップ。

オリンピックチャンネルさんが”羽生結弦ファン”なのは、だいぶ前からわかっていました(笑)

フィギュア羽生が「最も人気」 五輪チャンネルの視聴者に(20190328 時事通信)

 【ローザンヌ(スイス)共同】国際オリンピック委員会(IOC)の専門テレビ「五輪チャンネル」の担当責任者は28日、世界で最も視聴者に人気がある選手はフィギュアスケート男子で五輪2連覇の羽生結弦(ANA)だと明らかにした。同担当者は「日本だけでなく世界的に注目を集めている」として、影響力の大きさを強調した。

 IOCは五輪改革の目玉として2016年に五輪チャンネルを創設。近年は羽生や宇野昌磨(トヨタ自動車)を特集するなど日本やアジアを重視する戦略を取っている。






新華社通信さん、結弦くんにインタするたびに、しつこく「北京は~」と質問してますが(笑)、IOCも、結弦くんに北京五輪に出てほしいでしょうねえ。まあ、日本のスケート関係者は思ってはいないのでしょうが。「羽生結弦」というスーパースターに対する世界と日本の認識の差が、日に日にどんどん広がっていってる。日本って、本当に信じられないくらい残念な国だわ。


WC2019EX.jpg
かわいい~~~~~~~


ファンタジーオンアイスの追加スケーターが発表されました!


今年は宮原さんが全都市IN! 昨年ブログに「FaOIに全部出たい」と書いていた宮原さん。願いが叶ってよかったね。真壁さん、宮原さんのブログ読んでたのかなあ(笑) oroさんが、現在までの出演メンバーのリスト作ってくださっています。



20190328FaOI出演メンバー
oroさん作成の出演者リスト。わかりやすいです。ありがとうございます。


ちなみに、昨年の例だと、一番人数が多い都市が神戸で19人(組)、少ない都市が金沢で16人(組)でした。現状、11~13人(組)なので、結弦くんを別にしても、まだ追加あるかと思います。アーティストがシンガーばかりなので、ピアニストが欲しいところです。プルさんも来るよね? マートンさんも一緒にきてほしいな。いまのところ、海外女子がコストナー(それも前半のみ)だけなので、何人か補充ありそうですが・・・。


チームブライアン公式さんより、オーサーのインタです。
https://twitter.com/TeamBrian2018

こんばんは。世界選手権でのチーム・クリケットの皆さんの活躍、素晴らしかったですね。
さて本日は、世界選手権後に行われた羽生選手についてのオーサーコーチのインタビューをお届けします。

「11月にケガをして、氷上練習に本格的に復帰したのは1月中旬でした。そこからユヅは驚異的な回復を見せていきました。理学療法を受けながら、リハビリと並行し、練習の強度を上げることはできません。様子をみながら慎重に、そしてとても集中した情熱的な練習が続きました。

4回転ループは、オリンピックシーズンはほとんど練習できていませんでした。今季のロシア杯の前は、かなり4回転ループに集中して練習し、なんとかモスクワの地で降りたいと思っていました。その練習の蓄積があったからだと思います。3月中旬には4回転ループを練習で降りましたし、日本に着いて最初の練習で調子よく4回転ループを降りたときは本当に嬉しかったです。

ワールドのショートでは4回転サルコウが2回転になりましたが、フリーでは何の心配もありませんでした。ユヅは、一度ミスしたらとことん考えて修正をし、必ず取り返します。ショートでミスしたということは、ミスの原因を直せばフリーでは成功する。なのでフリーのサルコウについては安心して見ていました。

ユヅのケガの治療は進んでいましたが、大会で足を酷使したので、またオフはきちんと体を休ませてからの再開になるでしょう。

ネイサンがどんな作戦でここまで得点を伸ばしてきたのかはよく分かります。これは昔ユヅがパトリック・チャンを追い掛けたときと同じです。スケーティングスキルやエッジワーク、基礎の滑りという部分で大きく引き離されていて、同じジャンプを跳んでも勝てない時期がありました。そこでスケーティングスキルを磨くことで、追いついていったのです。いまのネイサンも同じで、かなりスケーティングスキルを磨いてきました。そのためユヅとの演技構成点の点差はかなり縮まりました。しかしユヅもこういった戦略のことはよく理解しています。自分たちが何を伸ばしていくべきか、何をすればあと数ポイントを取れるか、これから取り組んでいくことになります。

ユヅとともに戦略的に、ポイントを獲れる部分を話合い、来季は伸ばしていくことになります。ユヅの王者奪還は可能です」。

以上となります。
取材担当者いわくオーサーコーチは来季に向けて早くも前向きに、意欲的に語っていたとのことです。
本当に素晴らしい活躍を見せてくださったオーサーコーチ、羽生選手、そしてチーム・クリケットのみなさんをこれからも変わらずみなさまと一緒に応援させて頂ければ幸いです。



確かに、今ネイサンがとってる作戦は、ソチ前に、結弦くんがチャンに対してとっていた戦略と似ています。ただ・・・その頃の結弦くんは、今のネイサンみたいに高いPCSは出ていませんでした。スケーティングがよくなっているとはいっても、結弦くんには及ばない。ましてや、あの繋ぎの薄さで、結弦くんとあまり変わらないPCSが出ているのはどうしても解せません。このことについては、また時間があったら記事にします。


今更ですが、フリーの後、プルさんから、結弦くんへのメッセージきてましたね。



参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2019/03/29 09:00 | その他(2018-2019)COMMENT(8)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |