24時間テレビ2019 アイスショーへのTLの反応

結弦くんの「春よ、来い」、世間の反応は「美しい」「綺麗」「天女」「傾国」「天に帰ってしまう」「妖精」などなどの言葉で埋まっています。羽生ファンにとっては日常的な誉め言葉ですが、普段フィギュアに関心ない人たちの反応だから、100%欲目なしの反応です。

ということで、TLの反応を拾ってみました。ごくごく一部ですが。

としさんファンのツィート。



普段は24時間テレビにもフィギュアにも興味がないおじさんのツィート。






















上のツイ見て、昔見たこのツイを思いだした。けっこう有名なツイだよね。


なにが奇跡って、その「驚異的な透明感」が、普通なら20歳を過ぎれば劣化していくところを、それどころか年を追うごとに研ぎ澄まされ、今年25歳にもなろうかというのに、妖精味がさらに増していってること。「村焼く」どころか、ギリシャ神話の時代なら、ヘレネーがトロイア戦争の原因になったように、結弦くんを巡ってマジで戦争がおこりそうだわ。まあ、結弦くんは、美の女神のヴィーナスであると同時に、戦いの神のマーズでもあるので、そんなに簡単にはさらわれないだろうけど。それより、最近はそのうち天界に帰ってしまうのではないかと心配されている。

家に帰って、羽生結弦が「おかえり~」と家にいたら、私なら軽くショック死できるな。
あるいは、緊張のあまり「は・・・は・・・は・・・」と一言も発せず、そのまま化石になると思う。
正気を保てた娘さん、えらい(笑)


24時間TV2019-2


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2019/08/25 14:25 | テレビ番組・チャリティーCOMMENT(6)TRACKBACK(0)  TOP

24時間テレビ2019 アイスショー関連の情報まとめ

うちを訪問される皆さんは、昨日の24時間テレビはすでに御覧になってると思いますが、一応まとめときます。



羽生結弦、松任谷由実の「春よ、来い」に乗せて華麗なスケーティング (20190824 オリコン)

 フィギュアスケートの羽生結弦選手、シンガー・ソングライターの松任谷由実が24日、日本テレビ系毎夏恒例『24時間テレビ42』(後6:30~翌後8:54)内で放送された企画「羽生結弦と松任谷由実が共演 被災地・北海道に 春よ、来い」に出演した。

 6月下旬、羽生は北海道・厚真町へ向かい、町の名産・ハスカップを栽培している山口善紀さんと対面。厚真町は昨年のハスカップの生産量日本一。一方で、畑の一角には土嚢(どのう)が積み上げられていた。地震で裏山が崩れ、元に戻るには約10年かかるという。羽生選手は作業場を見学し、ハスカップのスムージーも味わった。

 一方、松任谷が訪ねたのは町民吹奏楽団の練習場。今回のアイスショーで、厚真町民吹奏楽団が冒頭に演奏したが、指揮者としてメンバーをまとめてきた松下一彦さんが地震で土砂崩れに遭い、息子さんとともに帰らぬ人となった。大黒柱でムードメーカーだった松下さんを失い楽団は活動を休止。一時は、解散も考えたが「地震で被害を受けた時こそ頑張るのが町の楽団の使命」、松下さんならきっとそう言ったはずとの思いから震災から約3ヶ月後、地元の保育施設のクリスマス会で活動を再開した。

 アイスショーは、山口さんをはじめ被災地・厚真町の住民約400人を招待。楽団による演奏で開幕し、さらに、ピアニスト・清塚信也のアレンジと演奏による「春よ、来い」を松任谷が歌う中、羽生選手が華麗な滑りを披露した。被災地の住民たちの笑顔と涙、そしてあたたかな拍手が会場を包む中、羽生選手は「春が来るようにと思って滑ることができました。ありがとうございます」と締めくくっていた。




羽生結弦と松任谷由実が夢の共演!「被災地の皆さんの心に春を届けたい」<24時間テレビ>(20190824 ザテレビジョン)

夏の名物チャリティー特番「24時間テレビ42 愛は地球を救う」(8月24日夜6:30-25日夜8:54、日本テレビ系)では、24日夜9:00ごろに北海道胆振東部地震への復興の願いを込めたスペシャルアイスショー「羽生結弦と松任谷由実が共演 被災地・北海道に春よ、来い」を放送した。

今年の24時間テレビはメインパーソナリティーを6年ぶり5回目となる嵐が、チャリティーパーソナリティーを浅田真央が務める。また、会場は番組初となる東京・両国の国技館を使用。

テーマは「人と人 ~ともに新たな時代へ~」。令和初の「24時間テレビ」は、人と人のつながりを通じて「手を取り合って新しい時代を作っていこう」「様々な人が手を取り合う時代にしていこう」というメッセージを発信する。

6月下旬、羽生選手が会いに行ったのは北海道・厚真町で町の名産・ハスカップを栽培している山口善紀さん。厚真町は2018年のハスカップの生産量日本一である一方、畑の一角には土嚢(どのう)が積み上げられていた。地震で裏山が崩れ、元に戻るには約10年かかるという。

そして、羽生選手は作業場を見学、ハスカップのスムージーを味わった。
一方、松任谷が訪ねたのは町民吹奏楽団の練習場。今回のアイスショーで冒頭演奏をする厚真町民吹奏楽団の皆さんだが、指揮者をしていた松下一彦さんが地震で土砂崩れに遭い、息子と共に帰らぬ人となった。

大黒柱であり、ムードメーカーだった松下さんを失った楽団は活動を休止。一時は、解散も考えたという。

しかし、「松下さんならきっと地震で被害を受けたが、そんな時こそ頑張るのが町の楽団の使命と言ったはず…」という思いで、震災から約3カ月後に地元の保育施設のクリスマス会で活動を再開。子どもたちの笑顔を糧に活動を継続することを決めた。

夢の共演が実現

アイスショーには、山口さんをはじめ被災地・厚真町の皆さん約400人が招待された。

楽団による演奏から始まり、ピアニスト・清塚信也のアレンジと演奏による「春よ、来い」で松任谷が歌う中、羽生選手が華麗な滑りを披露した。

「この曲で被災地の皆さんの心に、春を届けたい」と語っていた羽生選手は、ショーの後に「春が来るようにと思って滑ることができました。ありがとうございます」と話した。



24時間テレビのインスタ(アイスショー関連)
https://www.instagram.com/p/B1jB6jfF7VP/?igshid=e8mkzm29ikuo

https://www.instagram.com/p/B1i2OhflaGx/?utm_source=ig_web_copy_link

ハスカップファーム山口農園さんのHPはこちら
https://hasukappu.com/index.html




youtubeの動画は見れませんね。削除されていってるようです。
weiboの動画はこちら
https://m.weibo.cn/status/4409042962942521?


照明担当のスタッフさんのツイ。


上のツイの続き。
また、照明以外にも美術や進行、音響など数えきれないくらいのスタッフ、会社がおります。縁の下の力持ち的な我々の仕事をアーティストを観る1/10000くらいだけ気にかけて観ていただけたら、裏方冥利につきます。

普段仕事をしていてこんなに反応や、感謝の言葉を頂くことって無いので本当に嬉しいです。皆様の心を震わすお手伝いが少しでもできていたのかと思うと、この仕事をやっていてよかったなあと感じます。



晴明御大のお言葉。


おおおおっ・・・!!!
ゆづファンのみならず、昨日の夜、確実に、一般人の心にも「羽生結弦の美の呪」が生じたに違いありません。なにせ、24歳成人男子のヒラヒラピンク衣装が何の違和感もなく世間に受け入れられ、一般人のツイにも「天女」「妖精」という言葉が当たり前のように飛び交っているのですから。

というわけで・・・TLの反応も次の更新で少し触れます。


24時間TV2019


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2019/08/25 11:15 | テレビ番組・チャリティーCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |