11/1 雪肌精『YU ZU RU Collection』数量限定で発売! 香港・中国でも同時発売

雪肌精の情報が怒涛のごとく流れてきております。

まず、最高峰のスペシャルコラボレーションコフレの情報が解禁されました。
10/5にはインスタライブも!













インスタの雪肌精公式より


YUZURUコレクション2021


雪肌精 みやび アルティメイト コンプリート コレクション 参考小売価格 ¥57200
雪肌精 みやび アクティライズ スキンケア コレクション 参考小売価格 ¥11000


【発売日】
2021年11月1日(月)より数量限定発売

【販売における注意事項】
・数に限りがございますため、先着順での販売とさせていただきます。
・予約開始日や引き換え期間は店舗により異なりますので、詳細は2021年10月6日(水) 12:00以降、雪肌精公式ホームページにてご確認ください。






香港・中国でも同時発売される模様。





ちなみに、3940元は、本日のレートで67895円です。
700元は12062円。中国価格は日本よりお高いですね。



 ←未来をつくる(羽生結弦著)

 ←FS日本代表 2021 ファンブック


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2021-2022_season

2021/10/01 16:10 | スポンサーCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

卓上カレンダーの重大なミスへのハゴロモの「言い訳」がツッコミどころ満載な件

先日のハゴロモ卓上カレンダーについて、ハゴロモが意味不明な言いわけをしています。



ハゴロモカレンダー言い訳


これを読んだ感想…

すっげえ後付けの言い訳 
しかもツッコミどころ満載(爆笑)





月別のタイトルはこうなっています。

1月→2009-2010
2月→2010-2011
3月→2011-2012
4月→2012-2013
5月→2013-2014 ←「2013-2014」は2ヶ月掲載
6月→2013-2014 ←「2013-2014」は2ヶ月掲載
7月→2014-2015 ←「2019-2020」の写真が使用されている
8月→2015-2016
9月→2016-2017
10月→2017-2018
11月→2019-2020 ←「2018-2019」を飛ばして「2019-2020」へ
12月→2020-2021



ハゴロモのいうとおり「2013-2014」シーズンは2ヶ月(5月と6月)設定されてます。そして「2017-2018」の次は「2019-2020」シーズンになっていて「2018-2019」シーズンのページは抜けてます。ハゴロモはそこを言い訳してるのだけど、一番の問題はそこじゃない。「2014-2015」シーズンのページに「2019-2020」の写真が載っていること。

「2014-2015」シーズンのページをなくして「2019-2020」シーズンを2ページ設定したのなら、ハゴロモの言い訳通りかもだが、これはどうみても単純なミス。ハゴロモの言い訳では、その一番問題視されてるミスをわざと無視してる。「後付けのコンセプト」で煙に巻いて、ミスの部分とすり替えようとしている。あるいはごまかそうとしている。ちょっとこれはひどい。


10年間を振り返りつつ各年代より「特にファンの皆様の記憶に残るシーン、また素敵な写真を抽出する」というコンセプト

このコンセプトなら、よけい「ハゴロモサイドの好み」で特定のシーズンを外すべきではなかったのでは?

ハゴロモは2018年の卓上カレンダーでもミスしてます。写真の大会名を間違えたのです。そのときは、購入者より指摘されて「訂正シール」を希望者に配布してました。私もハゴロモのサイトから申し込んで送ってもらいました。過去にもミスがあったから別に驚きはしない。今回のやらかしの方が前の一件よりも大きいけど、ミスを素直に認めてくれたらそれでいいのです。


2018卓上ハゴロモカレンダーのミス修正
※ 訂正シールを貼ってるのがわかりますでしょうか?


写真の差し替えは不可能。できる方法としては「2014-2015」のところを「2019-2020」のシールで訂正するしかない(補足で書かれている試合結果の部分も訂正が必要になる)。「すみません。間違えました」と素直に謝罪して、また希望者に訂正シール送るなり、あるいはお詫びにポスカ1枚でも送るなりしたら、羽生ファンは優しいから許してくれるだろうに。でも今回は「今後写真差し替えやページ修正の予定はございません」と開き直ってるから、面倒臭いんでしょうね。以前の訂正より大がかりになるし。

販促でポスカつけるより、ちゃんと校正してくれる方がファンとしてはありがたい。ただ、商品として欠陥があったときに大事なのは、ミスがあったことよりも、その後の購入者への誠意なの。こんなツッコミどころ満載の開き直った態度とられるくらいなら「都合により訂正シールも送ることも写真を差し替えることも返品対応もできませんが、どうぞどうぞお許しを~~~」と平謝りしてる方がまだましだわ。


 ←未来をつくる(羽生結弦著)

 ←FS日本代表 2021 ファンブック


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2021-2022_season

2021/10/01 11:27 | スケート書籍感想COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |