スルツカヤ「チートしない理由はない」VSジスラン「絶対にチートしない」、FS界に蔓延るチート病、米国人のメンタル、ほか

2月16日にいただいたコメントにレス入れました。よろしくお願いいたします。

キスクラ最新号の詳細です。お写真美しいですね。



 ← アマゾンサイトへ


Life売れてますね。私は図書館にリクエストしてます(笑)


 ← アマゾンサイトへ


内容については、宙さんが少しシェアしてくださっています。

ジスラン曰く「滑りのクオリティ、スピン、ストローキング、エッジワーク、ターン、そして僕の期待通りのジャンプを跳んでくれる、地球上見渡しても彼ほど完全なスケーターは他にいない。ユヅが情熱を持ち続ける限り年齢など関係なく35歳とかになっても大丈夫、彼の演技にはそれだけの説得力がある」

「ジャンプ指導で僕が譲れないのは選手たちに絶対にジャンプでチートしない点、テイクオフ、空中、ランディングのいずれも妥協しない。4Lzをちゃんと出来てるのは世界でボーヤン、ネイサン、ユヅルの3人だけ」



スルツカヤのインタ。結弦くんについて。


スルツカヤはジスランと真逆のことを言っています。プレロテ推奨派。



文春オンラインの村主章枝さんインタビューからの抜粋です。
アメリカ在住の村主さんが、アメリカ人気質について、大変面白いことを言っています。
→ https://bunshun.jp/articles/-/52133?page=4

 アメリカに来てさらに強く思うようになりましたが、本当に日本人は真面目です。私は江副記念リクルート財団の奨学生制度の選考委員を務めているんですけど、最終面接の自己アピールで、ほぼ全員が「自分の良さはコツコツ真面目にできるところ」と言います。

「アメリカンドリーム」とはよく言ったもので、彼らの多くは一攫千金、一発大逆転みたいなのを狙ってて。トップに立つための裏道や近道探しにやっきで、「日々の努力」にはあまり興味がない。むしろ真面目にやるのはクールじゃない、みたいな空気すらありますね。



後半部分をネイサンとラファに当てはめるとぴったりきます。裏道や近道探し…まさに、それがネイサンをトップに祭り上げるための全てでした。彼らは一番手っ取り早い手段を使ったのです。フィギュアの信用は地に堕ちましたが、そんなことは彼らの知ったことではない。つまり、ネイサンとその陣営は”典型的なアメリカ人”だったということです。こういう「裏道」を恥じない精神構造がペンシルバニア駅をタイムズスクエアと騙っても平気なメンタルにつながっているんでしょうかね。もちろん、アメリカ人全員がそうだというわけではないでしょうが。

彼らにとっては、羽生結弦の「日々の努力」や「真面目さ」は「クールじゃない」のです。そういえば、ネイサンは「自分にとってフィギュアは全てじゃない。もっと他に大事なことがある」みたいなこと言ってましたね。正直者が損をする世界なのに、バカじゃないのか…くらいに思っていそう。ネイサンに関する唯一の救いは、彼がさほどチートジャンパーじゃなかったことくらいでしょうか(結弦くんほどディレイではないが許容範囲。ただし、3Aについては完全にチート)。

日本人は真面目…といっても、日本人選手も、フィギュアの世界に長くいれば「真面目にやってもバカをみる」世界だと自然に学習します。裏道や近道探しをしている選手、スケ連幹部に取り入るのが上手い選手が、結果的に日本でもトップ層にいることを見れば一目瞭然です。

スルツカヤの「プレロテしても、ジャッジが見て見ぬふりをしてくれるんだから、しなきゃ損よ」「羽生だって4Aをプレロテで跳べばいいのよ」という風潮は、フィギュア界全体にはびこっています。ディレイなジャンプでもチートでも評価は変わらない。下手をするとチートなジャンプの方が高いGOEがつく。完全に正直者がバカをみる世界です。そんな世界で、愚直なまでに、真っ正直に、「正しい努力をして」自分の美学を追求しているスケーターをどうして愛さずにいられるでしょうか。

何年か前に、オーサーが言っていた言葉。
「クリケットにきたとき、結弦にはジャンプの変な癖がまったくなかった。彼を育てた過去のコ―チに感謝している」

羽生結弦は、都築先生によって正しいジャンプの基礎とスケート愛を学び、ななみ先生の名プログラムによって表現が開花し、クリケットの3人の名コーチの手によってトータルパッケージに磨き上げられました。神様が、この世にもたらしたフィギュアスケートの理想の結晶、最高傑作です。彼が出会ったコーチ達が、変な妥協をしない、プライドのある人達ばかりで本当に良かった。


FSマガジンは本日発売です。


 ← アマゾンサイトへ


北京五輪後もずいぶん出てますね。北京五輪が終わってまだ20日くらいですよね。


ツイにあげられている19冊のうち、購入した、あるいは購入予定なのが10冊。
進化の原動力、Number、通信DX、Newsweek、マガジンvol.4、マガジンvol.5、S-style、anan、北京五輪フォトブック、キスクラ。

図書館で借りる予定なのが2冊。
FS Life Extra、AERA

dマガジンが1冊。
サンデー毎日

羽生ファンも羽生表紙だからといって、闇雲に買う時代は終わりました。いや、北京落ちさんは買ってるのかな。



 ← 羽生結弦 北京オリンピック フォトブック

 ← anan羽生結弦特別号

 ← 羽生結弦 POSTCARD BOOK

 ← 通信DX 北京オリンピック

 ← 羽生ダイアリー

 ← FSマガジン vol.4 北京五輪結果号

 ← Number1046号

 ← フィギュアスケーターズ25

 ← 進化の原動力



参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2021-2022_season

2022/03/11 18:30 | 問題提起COMMENT(6)TRACKBACK(0)  TOP

ゆづからメッセージ!本日 『OH!バンデス』世界に配信!~東日本大震災から11年

本日は、東日本大震災があった日です。震災から早11年たちました。



昨日放送された『OH!バンデス』が本日世界中で見れます。結弦くんのメッセージ!




「11年がたった今の世界で、命の意味と尊さを考えています。あらためて、今までの11年間、何ができてきたのだろうかと考えています」
「本当は、金メダルをまた持ち帰ってこられるように、と努力を重ねてきました。皆さんにお見せできるように、と思って頑張ってきました」
「僕は挑戦することをやめず、前へ進み続けましたが、成功するところまでいくことはできませんでした」
「悔しい、苦しい気持ちもありますが、そんな姿からでも、皆さんの中で何か意味のあるものになれているのであれば、本当に幸せだなと思っています」
「前へ進み続けることは大変はことであり、報われないこともある。それは震災のことでも同じことがあると感じています」
「苦しくて、楽しくて、悲しくて。そんな皆さんの日々の中でも、応援してくださり、本当にありがとうございます」
「僕も、これからもずっと応援させてください」





アイスリンク仙台の記事です。


こちらは8年前の記事です。



 ← FS Life EXTRA

 ← FSマガジン vol.5 北京五輪総集編

 ← 羽生結弦 北京オリンピック フォトブック

 ← anan羽生結弦特別号

 ← 羽生結弦 POSTCARD BOOK

 ← 通信DX 北京オリンピック

 ← 羽生ダイアリー

 ← FSマガジン vol.4 北京五輪結果号

 ← Number1046号

 ← フィギュアスケーターズ25

 ← 進化の原動力



参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2021-2022_season

2022/03/11 09:20 | 羽生結弦ゆかりの地COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |