FaOI2022第一弾出演スケーター発表、SOI八戸開催、米国SOIチケットが絶賛ディスカウント中、ほか

ファンタジーオンアイスの出演スケーター第一弾が発表されました。



予想通りのレギュラーメンバーです。はっきり言って外してほしいスケーターはおりますが、仕方ないでしょう。覚悟はしてました。いつもは荒川さんは前半か後半どちらかなのですが、今回は全公演INしてることからみても、スケーターの人材難がみてとれます。ロシアスケーターNGで一番影響を受けるのはFaOIです。これは痛いでしょう。

FaOIファミリーの欠員がかなりある。2年間FaOIが中止になった間に、カペラノのアンナさんは出産。出場できるかどうかわからない。他にレギュラーだったアンサンブルスケーターはロシア人が中心。呼ぶ予定だっただろうプルさんやリーザもウクライナ問題でほぼ不可能。テサモエはプロ引退。

よくロートルスケーターばっかり!という批判を受けるFaOIですが、若いスケーターの中に真壁さんのお眼鏡にかなう人がなかなかいないのではないかなと思います。ジャンプ中心の風潮はアイスショーで観客を魅せられるスケーター作りには逆風です。「表現力がナンボのもんじゃい。男は四回転だ!」だったジュベールがショースケーターとしては成功しなかったのを見てもわかります。タラ・リピンスキーもショースケーターとしてはダメだった。アメリカの現五輪金メダリスト様もショーの世界での成功は難しいでしょう。五輪金とりたての現在ですら集客ができてない。

個人的に昨年のSOIで、結弦くんは別格として、それ以外で一番気に入った演者は佐藤有香さんでした。最終的に長くショーの世界で残れるのは、ジャンプがなくてもスケーティングや表現力や個性で魅せられるスケーターなんだと思います。クワドジャンパーもショーでクワドをポンポン跳ぶわけではない。でも、クワド跳ばなかったら何も残らないスケーターって多いような気がします、現役には。華のあるスケーターも以前に比べて少なくなりました。

いっそのこと、真壁さんがお手本にしてるスイスのアートオンアイスみたいに、スケーターを絞って、アーチストをもっと充実させるという手もあるかもしれない。今は武部さんも加わって、アーチスト面はテコ入れされてる。どうせ、観客の大半は羽生結弦目当てなんだしね。単なる数合わせのスケーターはいらんと思うのよ。


スターズオンアイス、八戸公演もやるらしい。


4/2~4/3 SOI大阪公演
4/8~4/10 SOI東京公演
4/15~4/17 SOI八戸公演(木下協賛)


大阪公演と東京公演が第一弾・第二弾・第三弾と分けてスケーターを発表していましたが、八戸は第一弾とはしていません。また、土曜2回公演で最初から羽生仕様になっていないことや、すでに21人(組)と、東京大阪と同数のスケーターが発表されているので、追加はないのではないでしょうか。

地震で東北の人達もアイスショーどころじゃないのでは。地震の前から決まってたのだろうけど、なんともタイミングが悪いような…。


昨年のSOIが再放送されるみたいです。
再放送DOIばかりだったので嬉しい。北京落ちさんは必見ですね。



SOI2021オープニング



アメリカのスターズオンアイスは絶賛ディスカウント中。
パンフ付きで1800円?(1$=¥120)。日本はパンフだけでも2000円しますよ(笑)




この話題で海外ファンがすごく盛り上がってリプしてたので、面白かったので訳しておきます。

@12.5ドル???  私はそのお金をバブルティーやスナックに使う方がいいし、何より興味深いのは、映画のチケットより安いことね。
@いわゆるオリンピックチャンピオン🏆だけど、本当に馬鹿馬鹿しいわね。市場は本当にすべてをリアルに映し出すものね。
@誰が参加するの? ビッグネームはいるの? 毎日のコーヒーの予算内でチケットを買えるなんて考えられない...。
@そうです、男子の新しいオリンピックチャンピオンが誕生したのです...。安い、安いチケット、需要がないんでしょう。
@ISUの北米市場救済プロジェクトは無に帰したようね。報われない「努力」の話。
@大人1名分のチケットの通常価格は、先ほど15ドルでした。60%オフのプロモを適用すると、6ドルで済みます。65歳以上の方は5ドル引きになります。12歳以下は半額です。SOIは、各会場のセクションごとの座席が最後の一席になったので、残りのチケットは$25-30に戻しました。
@でも、本当に安いわね。
@とてもね。おかげで、今はアメリカのチケットは完売しているかもしれないわ。15ドルに下げる前に、多くの座席を25-30ドルにまで下げたんだけど、そのときはほとんどの会場はまだ半分くらいしか埋まってなかったの。昨年12月か今年1月上旬にチケット販売を開始したようだけど。
@制作費を差し引いて、スケーターにギャラを払って、この値段で採算が取れるの?
@SOIは、スコット・ハミルトン&IMGによって設立されました。プロデュースもIMGが行っています。契約しているので、トップスケーターは大丈夫でしょう。利益に関しては、実際は赤字でしょうね。全てがお金のためってわけじゃない。この場合は、米国のプライドね。12.50ドルのチケットもあるし、60%オフなら5ドルしかないけどね。
@また捏造してまで作りたいのね。偽物のスターと偽物の人気😅 そしてその損失は日本に帰ってくるのよ🙃🙃🙃。
@うん。日本スケ連ね。彼らは日本での放映権を交渉して、 IMGはそこからお金をもらい、さらに有料なので広告・CMの分ももらう。もちろん、昌磨や優真のスポンサーも応援してくれる。トヨタ(名古屋市)とかね。IMGは大きい組織よ。ミスユニバースをプロデュースしている。もちろんIMGモデルズもある。
@IMGは昌磨ファン、優真ファン、大輔ファンをあてにしているの。彼らのファンから搾り取るつもりよ。損失を補填する必要があるもの。日本には「おもてなし」精神ってのがある。そうでない場合でも、アメリカの方がいいと思っている日本人もいるのよ。日本にはゆづがいる。それしかないんだけどね。
@😅IMGは間違いなく拍手喝采を浴びていますよ。すべてのスケーターをサポートし、すべてのスケーターの損失補填することに。アメリカのチケットが下落した後、(日本では)追加公演を発表したわ。
@他人が決めたシナリオに騙されやすい人はそうなりますね。彼らは疑問を持たない。ただ従うだけ。日本スケ連は賢くお金を使わないので、お金が必要。ゆづが(出演)契約していないのは良いこと。もし契約していたら、展示会の無料はなく、チャリティーのための剰余金も少なくなるところだった。
@全くその通り。日本スケ連とIMGが彼を憎む理由と同じね。
@お金は正直。その演技が好きだと言う人がいても、実は誰もお金を出したがらないのよね。



海外オタさんの考え方がよく表れていて、おもしろいなと思いました。15ドルの席を60%ディスカウントして6ドルって何それ。もういっそ無料にしたらどうなの。15ドルにまで下げたらチケットだいぶ捌けたけど、25-30ドルに下げても半分くらいしか埋まらなかったと。FS村でGOATと呼ばれている五輪王者は25-30ドルの価値もないのか。価値はたった15ドルなのか。それすらさらにディスカウントしてると。

アメリカのSOIの損失を被るとしたら、トヨタではなく、北米SOIを協賛してるKOSEだと思います。トヨタはショーには金をださない(名古屋のFaOIはわからないが)。KOSEさん、そろそろSOIと縁を切ったらいいのに。シチズンさんも以前は協賛してたけど、撤退しましたよ。また、日本のSOIも集客に四苦八苦してるので、アメリカのSOIの赤字を埋める余裕はないと思います。カナダのSOIも似たような客入り。アメリカほど必死で集客してないからもっと埋まってないかも。赤字興行でも続けるのは米国のプライドというのは同意です。SOIは今や北米のアイスショービジネスの最後の砦なのです。

SOIの赤字と羽生結弦展の収益は関係ないですが、羽生結弦展の収益のいくらかは後援しているスケ連にも入ることが予測され、巡り巡ってIMGの赤字を補填してることになるかもしれないですね。スケ連ってなんでも10%ピンハネするみたいだから。

海外ファンは「日本人は他人が決めたシナリオに騙されやすい」って思われてるのか。全然反論できないわ(笑) 日本のスケオタは、性善説好きというか、「人を疑う=悪」みたいな考え方してる人多い。誘導するなんて、赤子の手をひねるようなもんよね。

三浦選手が肉離れで世界選手権をWDし、友野選手が代表になりました。
拾いものですが、海外スケオタがこんな投稿をしてたそうです。身長の低さを揶揄されてる。



「日本男子チームの平均身長は159.67cm」
「これまでのワールドで一番小さいチーム」


付け加えると、この159.67はU選手バイオの159センチを採用しています。本人が配信で本当は157センチだと言ったという情報がありました。公称159センチの坂本さんと並ぶと小さいので事実でしょう。そしてそれが本当なら、平均は159.00です。

日本男子の平均身長は21歳で171.9センチ。女子は158.9センチだそう。日本代表チームの身長はほぼ一般人の女子の平均と同じです。

日本の3強時代も、海外では身長の低さを揶揄されていたらしい。日本はATMだし、ポリコレがうるさい時代になったので、FS村では露骨に口にする人はいなくなったけど、3強時代より低身長化が進行している今の日本男子を海外は本音ではどう見てるのだろうか。

試合での採点に身長は影響しないのだから関係ないと「模範的なスケオタ」様は言うと思います。実際そのとおりです。身長が低い方がフィギュアには有利なのです。でも、ショーの集客には悪影響な傾向だと思います。アートスポーツですからね。もちろん、フィギュア人気の凋落は、組織ぐるみの不正採点によるファン離れ、これが一番の原因でしょうが。

なお、こういう記事を書くと、「外見をどうこう言うのはいくない!」という風紀委員(という名の羽生アンチ)がやってこられます。断っておきますが、私は海外スケオタの意見を紹介しただけ。捏造もしていません。事実を事実をとして紹介して、文句言われる筋合いはありませんので、お引き取りください。


 ← 羽生結弦ポスカブック第2弾SP編

 ← FSマガジン 2021-2022 vol.5

 ← FS Life EXTRA

 ← キスクラ

 ← 羽生結弦 北京オリンピック フォトブック

 ← anan羽生結弦特別号

 ← 通信DX 北京オリンピック

 ← Number1046号

 ← フィギュアスケーターズ25


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2021-2022_season

2022/03/19 12:35 | アイスショー・イベントCOMMENT(29)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |