森田浩之氏の羽生結弦記事まとめ ~北京五輪関連を中心に

4月2日にいただいたコメントにレスいれました。よろしくお願いいたします。

フィギュア専門ライターではないので、あまり羽生ファンの前にでてくることは少ないですが、フリージャーナリストの森田浩之さんは羽生結弦というコンテンツの「メディア側からみた」価値について、大変核心をついた良記事を書いておられます。以前にも紹介したことありますが、まだ紹介してない記事がけっこうあるので、まとめて。

以前の記事はこちら。森田さんの記事を2つ紹介してます。
羽生結弦が「絶対メディア王者」である理由 ~宮根・修造も絶賛する羽生結弦の言語化力


ところで、森田さんのこの記事はすごく反響があったそうです。世界中から。





森田さんは、以前からメディアでの羽生結弦の存在の大きさに注目され、「最もメディアジェニックなアスリート」と評価されてましたが、北京五輪で再確認された模様。



中国での羽生人気にはびっくりされていましたね。





 ← アマゾンサイトへ

この記事は、この号のニューズウィークにも掲載されています。



こちらは、森田さんのヤフー記事のオーサーコメント。昨年12月のものです。




前にもこのツイ貼ったけど、再度貼ってしまおう。結弦くんの映像付きでもあるし。


森田さんは、「NHK記者→Newsweek日本版副編集長→ロンドン大学(LSE、メディアスタディーズ専攻)→フリーランス」という経歴をもつジャーナリスト。そういう方からみても、結弦くんの英語のレベルはかなり高いのね。


知れば知るほど、その礼儀正しさに、オジサン族はノックアウトされるのだ。


こちらは、平昌五輪のときの記事です。


「情熱大陸」…うん、なんかちょっとピンとこなかったのを覚えてる。結弦くんは美しかったけど。


森田さんも札幌五輪反対なんだ。ますます気が合うな(笑)


ついに羽生結弦展にまで足を運んだ森田さん。もう仕事を超えたファンでは…。


としさんは、やはり羽生結弦展に入る勇気がなかったか…。ぜひどこかでリベンジを!


「メディアと羽生結弦」というテーマでは、こんな記事もありました。
森田さんの記事ではありませんが、参考までに追加。



10年前の一昨日、5月7日って、結弦くんがトロントに到着した日だったのか。
この日からクリケットの生徒としてのスタートが始まったのだね。


FaOI公式からも正式にグッズの発表がきましたね。会場限定のグッズもある。



 ← アイスジュエルズ

 ← Number PLUS

 ← スポルティーバ

 ← ポストカードブック第二弾SP編

 ← ポストカードブック第二弾FS編

 ← 伊藤聡美最新作品集「MUSE ON ICE」

 ← キスクラ

 ← アイスジュエルズ 北京五輪フォトブック

 ← 婦人画報6月号羽生結弦特別編

 ← 氷上の創造者


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2019-2020_season

2022/05/09 14:50 | テレビ番組・コラム(2017-2018)COMMENT(9)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |