ゆづ最新映像③ ~中国シチズン公式より、解説「なぜ羽生結弦のアクセルは美しいのか?」、中国Tiktokで珍バイトが活動?、マリニンインスタライブの内容、ほか

4月11日にいただいたコメントにレスいれました。よろしくお願いいたします。

シチズン中国さん、結弦くんへの質問コーナー第3弾。



この人は体操選手なんですが、これはまさに羽生結弦のことですよね。
ちょろまかし技術上等のフィギュアと違って、体操はやはりマトモだ。うらやましいわ。


羽生結弦のアクセルが美しい理由を解説してくださってます。


⒈ アクセルを跳ぶ時、写真のA地点では体重はXのあたりにのっていますが、C地点でテイクオフする時はZ(トゥピック)にのっています。つまり、前方に滑りながら減速することなしに、体重をXからZへと移動させなければならないわけです。

⒉ 勢いをつけるのは腕と右脚です。腕も右脚も体より前に振り上げ、つま先から飛び上がりますが、この時、全ての動作のタイミングが正確に合っていなければなりません。

⒊ クリーンな踏切で難しいのはこのタイミングの取り方です。才能あるスケーターにとってもこのタイミングを掴むのは難しいので減速しなければならず、そのためスキッド(横滑り、スライド)させることになります。

⒋ スキッドは減速や停止する際に使う技術ですが、B地点あたりでブレードのY部分(或いはもっとX寄り)でスキッドさせ、減速させるのです。
減速によりタイミングがとりやすくなり、腕と右脚の勢いをさらに利用することができます。この場合、クリーンな踏切とは異なり体重移動は必要ありません。

⒌ 減速することでジャンプは安定しますが、距離が犠牲になり、またプレロテが生じます。
ゆづは、クリーンな踏切とスピードに加えて、腕と右脚を最大限に利用しています。ゆづの3Aを見ると、回転に入る前に右膝がお尻の高さにまで上がっていますが、今日ではレアなケースです。

⒍ この非常に難しい技術を、ゆづはいとも簡単かつ自然に行なっていますが、それこそが彼のアクセルを例外的に美しくしているのです。





実は、この本、私もってます。数年前に、結弦くんのジャンプの解説が素晴らしいという評判をみて中古で購入した(まだ積読だった…)。結弦くんのスピンの素晴らしさについても解説されています。竹内さんは結弦くんの技術が他の追随を許さないほど高いことをわかってる人。だからこそ、北京五輪で、日本選手団の冷ややかな反応に反して、竹内さんと小林さんだけはリンクサイドから応援してくれていたし、北京五輪後に、竹内さんが「4Aへの挑戦は金メダルに値する」というコメントをだしてくれたのだろう。


ファンの贔屓目抜きで、スケーティング技術も彼はダントツです。


プログラムが連続クロスオーバーで詰まっているのに、スケーティングスキルやトランジションの9.50点を擁護し続けるすべての人たちへ。2019年ISUウェビナーでのジェニー・マストです。

「スピードとパワーは素晴らしいが、どうやってそれを実現しているのでしょう?何本も何本もクロスオーバーして、下手な技術で達成しているのでしょうか?少しの努力で、静かに、魔法のようにパワーとスピードを出すことができる人が、最も報われるべき人なのです」

「私たちは皆、たった2、3回のストロークでスピードと加速を達成することができる何人かの並外れたスケーターを見てきました。彼らはブレードの上のバランスという完璧な部分をマスターしています」


プログラムがクロスだらけなのに、スケーティングスキルやトランジションが9.50点なのを擁護し続けるすべての人たちへ。2019年ISUウェビナーでのジェニー・マストさんです」というHennniさんのツイについていた動画です。羽生結弦はほとんどクロスしません。誰にもマネできない高度なスケーティング技術の持ち主なのです。なのにクロスだらけのスケーターよりSSが低くつけられるという現実。


マッシさんがヤグの炎上コメントにチクリと皮肉を。


彼が口を開くと、いつもバカなことを言い出す。 簡単ではありませんが、彼はいつも成功します。 彼や彼のような人たちを止めるのは適切なことでしょう。私は確かに怖くはない.…。

マッシさん、マリニンの4A動画については沈黙してたので、興味ないのかな?と思っていたけど、ヤグの発言には黙っておられなかったようで(笑) 羽生結弦を侮辱してる発言には反応するマッシさん、さすがです。


マリニンについては、ぶっちゃけ何の興味もないし、もうあまり語りたくなかったのですよ。他にとりあげたいことはいくらもあるしね。昨日で終わりにするつもりだったけど、本人が看過できない話題を提供してくれたんで、しゃーない、こちらもとりあげときましょうか。


ffkumaさんがつぶやいてたマリニンの珍バイトはこれね。


「羽生選手も喜んでいることだろう。彼はいつも優しい人だからね」
「本当に4Aだ、ああ、とても素晴らしい子だ。コメント欄のファンは本当にひどいね。他の人の優秀さを認めるのは難しいの? 私もゆづのファンだよ。でも、それをやった人はすごいと思うよ」


なるほど。これが中国Tiktokの珍バイトか。繰り返し繰り返しこの二つのコメントが連投されている。「マリニンの4A成功は羽生選手も喜んでいるよ」「マリニンの4Aは素晴らしいよ。羽生ファンなら、素直に認めてあげなきゃ」としつこく投下してる。マリニンの動画UPとほぼ同時に。これも彼のプロパガンダで、かつ羽生ファンへの牽制ですね。


ISUの文書には「中国市場狙う」と書いているらしい。


マリニンを中国市場に売り込みたいのかな? 珍バイトの雇い主はマリニン本人というより、彼のバックだろうか。もし、マリニンがせっせと自分で投下してるのなら笑うな。それと大事なこと。中国市場を動かせるのは羽生結弦だけ。中国市場に進出したいのに、中国の羽生ファンを怒らせたISUは下手うったよね。


マリニンがインスタライブで、被害者商法まで始めとる。
「羽生ファンが僕を虐めるの~」って(爆笑)


正直に言うと、僕は4Aを着氷させたでしょう。そしたら、多くの人が、僕が「羽生選手は関係ない」と言おうとしていると思ったみたいで。明らかに僕は羽生選手のことを尊敬していた。でも4Aを着氷した後、なんで「羽生選手の夢を追いかけてるんだ」みたいなことを言われたんです。
一部の人は、私がアクセルを跳んだことで、「羽生選手をのけものにしようとしている」「自分4Aを発明したと思ってるのか」みたいに思ってるような気がするんです。
多くの人が、僕が羽生選手やドミトリエフから奪おうとしていると思ってるような気がする。2人のファンを、アクセルを跳んだことで傷つけようとしてると思われてるみたいで。

20年前の話にたとえたら、誰も跳んでいない4Tを跳ぼうとしたら、「有名スケーターが4Tを跳ぼうとしているのに、先に跳んで!」みたいな、そんな感じなのかな…と。..どっちが先に着氷できるかを競う、そんな感じでしょうか。
.正直なところ、それは僕らのせいじゃなくて、コミュニティの中の悪質な人たちが騒いでいるだけだと思うんだ。 もちろん自慢なんだけど、正直に言うと、着氷したときはすごく興奮して、みんなを興奮させたくて投稿したんだけど、みんながそれを台無しにしてしまった気分なんだ。他の人と同じ目標を追いかけることは意味があると思うんだ。ある人が大学でこれをやりたいと言ったら、他の人も同じことをやりたいと思う。正直なところ、なんていうかな、試合で滑るまではカウントされないっていうか、練習では何でもできるけど、試合ではやらなきゃ意味ないってのはあるから。



海外在住の日本人羽生ファンも翻訳UPしていて、それに対して、早速お花畑羽生ファンが「マリニンに謝りたい(自分が批判したわけでもないのに?)」だの「胸が張り裂けそう」だの言い出してる。なんかメドベのヘイトレター事件を思いだしたわ。あのときも、自分がレター出した本人でもないのに、「メドベに謝りたい」だのわけのわからないことを言い出す羽生ファンいたよな。

あれも、最終的にメドベ本人が辻褄の合わないことを言って逃げた。本人曰くプレボに入ってたらしいけど、いつの間にか空港で手渡しされたとか言い出した。なのに、なぜかレターにはしわや折り目ひとつなかったという謎。そもそもレターを渡したというアンチはメドベの飛行機の到着時刻まで把握してたのか?という疑問が。あとヘイトレターに書かれていた「ブラック」「デビル」という表記。悪魔を出すのはキリスト教徒しか考えられないし、「ブラック」はロシアではアルメニア人の差別用語らしく、ロシア人でないと知らない内容。ロシア人からも自演だと言われていた。そして、いつものようにコケにされたのは羽生ファン。

ついでにいうと、マリニンが一緒にインスタライブやってるジェイコブは、多くの羽生ファンがブロックしてる悪質羽生アンチスケーターらしい。マリニンは「羽生をリスペクトしてる」といいながら、悪質羽生アンチスケーターとインスタライブして、アンチに恰好の餌を与えている。100歩譲って、このインスタライブだけならば、ジェイコブが悪質と知らずに(ただ、SNS中毒のマリニンが知らないはずはない)愚痴ったと善意に解釈もできるけど、現在進行中のTiktokの珍バイト活動も合わせて考えると、インスタライブでの発言は被害者商法と思われても仕方ない。

ちなみに、彼はワールド出場のとき「俺を五輪に選ばなかった奴らを後悔させてやる!」と大口叩いて結果9位であった。その大口が炎上。ジェイソンとゾウのファンを敵に回しました。重度のSNS中毒。いずれSNSで墓穴掘ることにならないといいが。

成功しやすい高地での4A成功動画UP。同時に中国で始まった珍バイト工作。
悪質羽生アンチのスケーターと一緒にインスタライブで「羽生ファンが僕を虐める~~~」→羽生オタ下げ印象操作&被害者商法(お花畑羽生オタを味方につける)。

こうゆう記事をあげると、また悪質羽生オタ扱いされるかもしれないが、事実には目はつぶれない。彼の一連の動き(中国での工作活動や悪質羽生アンチと一緒にFanyuネガキャン)をどうやったら善意に解釈できるのか、私にはわからない。私は「性善説」で懲り固まったスケオタフィルターがないんでね。フィギュア界、むしろ「性悪説」で考えてちょうどよい世界だと思ってる。

それにしても、あれだけ羽生ファンに批判されてたネイサンですら羽生ファンをどうこういったことはなかったな(笑) ちょっとネイサンを見直したわ。少なくとも、あのインスタライブは、羽生アンチ・ジェイコブにとっては最高の美味しい餌だっただろう。


 ← アイスジュエルズ

 ← Number PLUS

 ← スポルティーバ

 ← ポストカードブック第二弾SP編

 ← ポストカードブック第二弾FS編

 ← 伊藤聡美最新作品集「MUSE ON ICE」

 ← キスクラ

 ← アイスジュエルズ 北京五輪フォトブック

 ← 婦人画報6月号羽生結弦特別編

 ← 氷上の創造者


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2020-2021_season

2022/05/16 12:01 | 海外情報COMMENT(22)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |