ワールドメダル獲得数ランキング、RE-PRAY追加公演とSOI2024日程について思うこと、FaOI2024追加情報

世界選手権が終わりました。
女子は坂本さんが日本人初の世界選手権三連覇を達成し、男子はマリニンが初優勝を果たしました。

日本人選手別のワールドメダル獲得数のまとめをしている方がいたので貼っておきます。

まず女子から。



こうみると、真央さんにしろ、坂本さんにしろ、安藤さんにしろ、ワールドメダルを獲得数上位の選手は、リーザやエテリ軍団とはバッティングしていないんですよね。運も実力のうちとはいえ、時代に恵まれたというか、ロシア選手の有無がいかに他国選手の戦績に大きく影響するかわかります。女子だけでなく、ダンスもそうだし、ペアなどは女子やダンス以上かもしれない。おクスリ問題に戦争…ロシアンの不在は他国選手にとってはラッキーですが、試合が面白くなったかどうか…はまた別問題かもしれません。


次は男子。


ワールドメダルについては、ヘニさんがこんな集計をしてくださっていました。



今の状況でこれを投稿するのは少し罪悪感がありますが、フィギュアスケートの歴史の中で面白いものを見つけたので、皆さんと共有したいと思います。
これは、世界選手権で最も多くのメダルを獲得した男子シングルスケーターの表です(合計6個以上)。

私が思うに、このリストの中で唯一の現役スケーターであるゆづが、あと一枚(色を問わず)メダルを取れば、戦後の全スケーターの中で最高位のスケーターになるというのは、注目に値すると思います。

世界選手権ではそれほど多くのメダルを獲得したわけではないかもしれませんが、その数の多さも彼の長寿の証です。

また、7回の出場で6個のメダルを獲得していることも、長年のスケーターとしての強さと一貫性を証明しています。



羽生さんは8回世界選手権に出場し、7個のメダルを獲得しました。これは、ヘニさんのいうとおり、戦後のフィギュアの歴史の中で一番多くのメダルを獲得した男子シングル選手になります。日本男子で、羽生さんのワールドメダル数を超える選手は今後現れないのではないでしょうか。


世界選手権とは関係ないですが、こんな資料もありました。


なにがすごいって、2007年から10年間、ノービスの最高点を破られなかったこと。2022年、2023年のノービス優勝者は、羽生さんの103.87をわずかに超えている(三浦くんの108.39は超えていない)ので、現在順位は2つ下がりますが、それでも15~16年後にようやく…です。早熟の天才が、シニアになればタダの人…というのはよくあること。ノービス無双チャンピオンから五輪二連覇…というのは、彼がいかにとびぬけたスケートエリートであったかわかります。

ミーシンが言っていた。
羽生に勝つことはできても、彼を超えることはできない」と。
マリニンが世界最高得点を更新しようと、4A跳ぼうと関係ないのです。

ロシアのある重鎮が「羽生は現象だ」と言っていた。
「現象」と呼ばれるフィギュアスケーターはただ「勝つ」だけでは生まれない。

トレイシーが言っていた。
才能があっても、それを生かすことができない選手は多い。ユヅルは神様からもらったGIFTを最大限に生かすことができる。それが彼の最大の才能」と。
トレイシーは「ユヅルはギフテッド」とも言っていました。

フィギュアスケーターの才能とは、容姿、技術、表現力、カリスマ性…そのすべてだと思っています。それを、彼ほどのレベルで、トータルパッケージで完璧に備えたスケーターはほかにいない。スケートの神様が生み出した最高傑作だと、ファンを卒業した今でも思っています。

だからこそ思うのです。
「今の彼は神様からもらったGIFTを無駄使いしているのではないか?」と。
あの8/4から、その想いをずっと抱き続けています。


さて、ショー関係について触れておきます。

ご存じのとおり、来月「RE-PRAY 宮城公演」があります。これがツアー最終公演ですね。



SOIも日程が発表されました。
4月7日がバッティングするので、羽生さんのSOIへのINがないことが判明。


4/6の夜公演は、3月12日に追加されました。なんか、FaOIの追加を彷彿させますね。


3月6日にリプレイ追加公演が発表され、横浜の2日目の夜公演が3月12日に発表されています。

1日1公演は「羽生日程」と言われており、最初の発表では全日1日1公演だったので、「もしかしてINする?」と考えたファンもいたようです。全日プレミア席でチケットとった!!とポストしてたファンもいたらしい(その人は、今息してるだろうか…)。

でも、私は今年はINしないような予感がありました。根拠は昨年のTBSチャンネルで放送された「SOI2023 横浜最終公演特別編」の映像です。そこで、千秋楽が終わった後、羽生さんがバックヤードでスケーター達を前に、英語でこんな挨拶をしていました。とても印象に残ったシーンでした。


全てのスケーターの中でも
スターズ・オン・アイスのメンバーは
特別だと思います

このメンバーでスケートができて
とても幸せでしたし

ずっと忘れられない思い出になりました

ありがとうございました



ずっと忘れられない思い出になりました」…昨年、この挨拶シーンをみたとき「まるで永遠の別れの挨拶のようだ」と感じました。「SOIへの出演は今年が最後かもしれない」と。
最後の出演のつもりで、今年のスターズオンアイスに出たのかもしれない、SOIとスケーター達にお別れをするために…そんなことを思ったものです。

とはいえ、確信は持てなかったので、今までブログでこのことには触れなかったけど、今回INしなかったのをみて「ああ、やはりそうか…」と。

主催はおそらく羽生さんにオファーはしていたと思う。彼なしでは集客が厳しいのはわかっているだろうから。だから「羽生日程」を用意していた。でも断られたんだろう。100%とはいいきれないけど、おそらく今後もSOIには出ないのではなかろうか。

ちなみに、米国のSOIは今年はお休みです。米国SOIののHPトップページに「STARS ON ICE RETURN TO U.S. SPRING 2025」とあるので、来年は開催予定のようです。カナダSOIは4/25~5/16まで開催されます。


FaOIのAツアーの追加メンバーと、Bツアーの出演スケーターが発表になりました。




個人的にはフィアギブのINが嬉しいですね。現地いかないけど(笑)

notteやFaOIについては、また別記事でまとめる予定です。



参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2024/03/26 09:22 | ファンタジーオンアイス(2022年~)COMMENT(12)TRACKBACK(0)  TOP

FaOI2024・Bツアー日程変更&世界選手権2024日程と放送予定

今日はフィギュアの話題を。
今週から世界選手権が始まります。
日程とテレビ放送予定です。やはり地上波放送枠は昨年よりも減っていますね。
地上波、BS以外では、Jスポーツなどでも放送されるようです。




次は、ファンタジーオンアイス情報です。
羽生さんは、Aツアーへの出演が発表されています。



Bツアーの神戸公演と静岡公演の日程が12月発表の日程から変更になりました。





12月に発表された元の日程は以下のとおりでした。神戸も静岡も3日間日程でした。


新しい日程は以下のとおりです。

幕張公演(幕張イベントホール)
5月24日(金) 17:00開演
5月25日(土) 14:00開演
5月26日(日) 13:00開演

愛知公演(Aichi Sky Expo)
5月31日(金) 17:00開演
6月1日(土) 14:00開演
6月2日(日) 13:00開演


神戸公演(ワールド記念ホール)
6月15日(土) 12:00開演(昼公演)
6月15日(土) 17:00開演(夜公演)
6月16日(日) 13:00開演

静岡公演(エコパアリーナ)
6月22日(土) 12:00開演(昼公演)
6月22日(土) 17:00開演(夜公演)
6月23日(日) 13:00開演



Bツアーが1日2回公演になり、静岡公演の一般販売が抽選から先着に。
Bツアーはまだスケーターが発表されていませんが、これは羽生さんが出演する可能性が限りなく低くなりましたね。

元々1日1公演は「羽生日程」と言われていました。それに彼が出るのに、一般が最初から先着順販売なのは考えにくい。

静岡のエコパアリーナは、行ったことがある人はご存じだと思いますが、駅からかなり遠い会場です。歩いて20分近くかかります。利府の会場ほど山奥ではないですが、ダラダラと坂道が続きます。私は歩くのはそんなに苦じゃない方なので毎回歩いていましたが、脚の悪い人や、歩くのが苦手な人、かなり高齢の人は歩くのはしんどいと思います。しかも、6月下旬なので暑いですしね。バスはないですが、駅前からタクシーは利用できます。

会場は綺麗で快適ですが、場所が微妙に不便な上に、そこそこ大きな箱なので、羽生さんなしで埋めるのは難しいのではないかな。昨年12月の時点で発表されたスケジュールからみても、少なくともその時点では、真壁は羽生さんが出ると考えていた可能性が高い。羽生さんは、これまでFaOIは出るときは常にAツアーとBツアー両方でていましたから(2016年のみ怪我で全休)。

真壁の脳裏には、あの2016年札幌公演の悪夢がよぎっているのではなかろうか…。昨年からアーチストメインに舵を切っていたように感じるので、集客の要のスケーターがいないなら、集客力のあるアーチストを呼んでくるしかないかもしれないですね。


ところで、ご存じのとおり、羽生さんはグッチのブランドアンバサダーになりました。




Bツアーにでないのは、これがあるからでは…と一部では噂されています。さすがにスケートよりもグッチ優先はないと思いたいけど、最近の羽生さんの行動は予測つかないので、「絶対ない」ともいいきれない。ANAのインタで「行きたい国は?」という質問に「イタリア」と答えていたのも、その頃にすでにアンバサダーになるのが決まっていたのなら腑におちる。

羽生さんは、現役時代イタリアにはあまり良い思い出はないはず。なのに「なぜイタリア?」と不思議だったんです。観光するには最高の国ですけどね。彼の場合、相性の良い国悪い国がはっきりしていて、ロシアとフィンランドは相性がよかった。中国やイタリアは羽生人気が高いけど、相性は悪かった。日本でも、長野は相性いいけど、大阪は最悪だった。

いずれにしても、ファンタジーオンアイスも過渡期にきてるのは確かでしょう。羽生さんも、ワンマンショーや冠ショーに専念したいのかもしれない。それに、他のショーにも幅広くでていると、自分のファンの財布を疲弊させ、結果的に自分のショーの集客にも影響しかねない。また、出るにしてもAツアーだけなら、自分のファンはAに集結するから会場を埋めやすい。AB両方でたら分散しますからね。

今年はAツアーは出演されますが、真央さんが自分の冠ショー以外には出ないように、今後はそういう方向性になっていくのかもしれませんね。


「RE-PRAY」の追加公演、スターズオンアイス、notte stellataなどに関しては、後の更新にまわします。



参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2024/03/19 09:41 | ファンタジーオンアイス(2022年~)COMMENT(8)TRACKBACK(0)  TOP

2024年1・2月の徒然日記 & 米国アカデミー賞、日本作品がダブル受賞

昨日は日本人にとって嬉しいニュースがありましたね。
米国アカデミー賞で、ジブリの『君たちはどう生きるか』が「長編アニメ映画賞」、実写映画『ゴジラ-1.0』が「視覚効果賞」をダブル受賞しました。おめでとうございます。












出演俳優さん達も大喜び。興奮を隠せません。









プレゼンテーターは「ターミネーター」でおなじみのシュワちゃんでした。




やはりジブリは強かったですね。二度目の受賞はすごい。





以前にも徒然日記で書きましたが、全然期待せずに見にいった「ゴジラ -1.0」に、良い意味で期待を裏切られました。まさかゴジラでこんなに感動するとは、びっくりでした。奮発してIMAXシアターでみればよかった~とちょっと後悔したくらい。

映画って玉石混交で、「これならテレビで十分」という映画も多いけど(特に日本映画は多い)、「ゴジラ -1.0」はとにかくVFXのレベルがすごくて、脚本もよくできていて、絶対「映画館で見るべき映画」だと思いました。

「ゴジラ -1.0」の製作費は1500万ドル(20憶円)とのこと。ちなみに夏公開予定の米国版ゴジラはこの10倍以上の製作費(1憶6千万ドル)です。その低予算であのクオリティってのが本当にすごい。低予算で頑張った「ゴジラ -1.0」に受賞させてあげたいなと思っていたので、ゴジラ好きってわけでもないのに、今回の受賞はすごく嬉しかった。ジブリが先に受賞したので、日本作品ダブル受賞は無理かな~と思っていただけに。

昨日は3.11。東日本大震災があった日です。そういう日に、日本人を元気づけるビッグニュースが飛び込んできたことによけい意味があると感じてしまいます。

今年も能登で大震災があったばかり。阪神淡路大震災も東日本大震災も風化させてはいけない。でも大事なのは、いつまでも過去を振り返って悲しむことよりも、世界一の地震国である日本が、これからどうやって地震に対処して被害を最小限に食い止めるか、どうやったら1人でも多くの命を救えるか、過去を教訓にして学び、未来に生かすことだと思います。震災なんてもう絶対きてほしくないけど、「祈る」ことで災害を食い止めることはできない。ダライ・ラマも「神様に祈るだけでは、問題は解決しない」と言ってます。


1月と2月のXのポストを貼っておきます。





1月の「阪急沿線西国七福神巡り」の記事はこちら
→ http://bltraveler.blog63.fc2.com/blog-entry-5426.html









参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

関連記事

テーマ : アカデミー賞 - ジャンル : 映画

2024/03/12 09:02 | みずほの徒然日記COMMENT(23)TRACKBACK(0)  TOP

2024年2月の読書メーター

2月の読書メーターを貼っておきます。

2月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:924
ナイス数:17

事故物件怪談 恐い間取り2事故物件怪談 恐い間取り2感想
★★★★☆ 図書館本。雨穴さんの「変な家」が面白かったので、「そういえば『恐い間取り」という本を以前読んだな」と思いだし、検索したら第2弾、第3弾と出てたので、とりあえず第2弾を図書館で借りた。面白かった。怪奇現象の謎が不明なままの話も多いがそれは仕方ないだろう。たんに「出る」だけの家はまだしも、その家に関わった人達に次々と災難が降りかかる家はヤバイ。タニシさんは「2021年に全てを失う」と予言されてたけど、2024年の今も無事でなにより。タニシさんと稲川淳二さんとの対談を見てみたいな
読了日:02月09日 著者:松原 タニシ
女性セブン 2023年 12/14 号 [雑誌]女性セブン 2023年 12/14 号 [雑誌]感想
★★★☆☆ 図書館本。羽生さんの離婚記事だけ。元ファンとして気になる記事だったので。ファンなら腹が立つ内容だろうけど、元ファンとして第三者的にみると「まあそうなんだろうな」という感じ。ガセブンだけど、一昨年のnotte開催の記事と、昨年6月のマンション購入の記事はガセじゃなかった。妄想こたつ記事が多いが、たまに本当のことが混じってるんだよな…
読了日:02月12日 著者:
事故物件怪談 恐い間取り3事故物件怪談 恐い間取り3感想
★★★☆☆ 図書館本。タニシさんの事故物件シリーズ3冊目。タニシさんに関するものは第1章の「僕と事故物件」だけで、あとはタニシさんの知り合いの心霊体験が語られている。全体の2/3以上が知り合いの話。巻末にタニシさんの事故物件遍歴?15戸分の間取りと家賃、事故内容と現象がまとめられている(14戸の内1年居住が8戸、1年半居住が3戸、最長4年、最短3ヶ月)。知り合いの話は事故物件というより何等かの霊障がある物件や、霊感が強い人の話。全体的に気持ちが悪いけど、あまり怖くはない。第1巻目が一番怖かった感じ? 
読了日:02月28日 著者:松原 タニシ
ブラックボランティア (角川新書)ブラックボランティア (角川新書)感想
★★★★★ 電子図書。いつもyoutubeの一月万冊で楽しませていただいてる本間さんの本。東京五輪でのボランティアについて警鐘を鳴らしていた2018年発売の本だが、現在大阪万博でも2万人のボランティアを募集しており、その構図は全く同じ。利権集団に都合よくタダ働きさせられるボランティアには絶対参加してはダメだ。巻末付録の白石草氏との対談も興味深かった。白石氏のいうように日本人はある種の強制の「無償奉仕」に疑問をもたない洗脳をされてるような気がする。今はネット社会で「お上」は多少はやりにくくなっただろうが…
読了日:02月29日 著者:本間 龍
GIFTGIFT感想
★★★☆☆ 図書館本。頁数は64ページ。巻末に「おおきいさん(黒)」「ちいさいさん(白)」のメッセージ付きの羽生さんの折込ポスターあり。絵本本文はショーのモノローグとほぼ同じ。違いとすれば「それはさみしいこと?」「ううん、楽しい」のあとに、心の中のつぶやき(うん、さみしい)がつけ加えられてるくらいか? 私はCLAMPさんはあまり知らないのだけど、CLAMPさんの絵は可愛いかった
読了日:02月29日 著者:羽生 結弦,CLAMP

読書メーター


先日紹介した雨穴さんの「変な家」とは全く関係ないのですが、「間取り」繋がりで、事故物件芸人の松原タニシさんの「恐い間取り」を2冊ほど読みました。実は心霊系とかホラーけっこう好きです。かなり昔ですが、稲川淳二さんの「怪談ナイト」を見に行ったこともある。

あとは、お気に入りのyoutuberの本間龍さんの本を1冊。図書館でも借りれるけど、もう3~4年くらい前からかな?無料のyoutubeで楽しませてもらってるので、お礼の意味で電子書籍を購入(推し活してるときは読む時間なかったので購入を控えていた)。まだ読んでないけど「東京五輪の大罪」も電子書籍で購入しました。実際、アホみたいな大阪万博が控えているので、大阪民としては他人事ではないのです。万博、本当に中止してほしい。失敗必至の大イベント、その赤字のツケは大阪府民の負担に…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

予約をキャンセルした「GIFT」は図書館で借りました。この「GIFT」はオリコンブックランキングのBOOK部門で初週9位、推定売上部数27761部でした。

GIFTオリコンランキング初週

「GIFT」のストーリー(モノローグ)がそのまま掲載されていて、CLAMPさんがそのストーリーを絵で表現されています。蜷川さんが「羽生さんとの仕事は彼のファンからのプレッシャーがすごくある」と言っておられたことがある。CLAMPさんもそういう見えない「圧」を感じておられたかもしれない。延期はそういったことも影響あったのかな?…と今となっては思います。

「GIFT」のストーリーは、彼が現役時代に書き溜めたノートがベースになっているとのこと。だからでしょうか。「GIFT」の言葉は、私の中にすんなり入ってきました。「notte stellata」のマイクパフォは、今となってはかなり微妙(笑)なので、今思い返すと、あの「GIFT」の彼が、私が「理解可能」だった最後の彼の姿だったのかもしれません(ただし、最後の折込ポスターに添えられた「あとがき」部分は最近の彼の言葉なので理解不能でした)。

売上の半分はCLAMPさんファンだろうけど、それでもけっこう売れたのは事実。でも、図書館の予約人数は、私が借りた時点では5人でした(たぶん私が予約順位1番目だと思う)。売れた部数のわりに予約人数が少ない。まあ、親が子供の読み聞かせで買うような絵本ではないし、おそらく、ファンが「欲しくて買う」本であって、一般層が「ちょっと興味があるから借りる」本ではないのでしょう。

フィギュア関係の本は、だいたい図書館の予約人数が少なくて、あまり待たずに借りれます。フィギュアって、やはりニッチな市場なんでしょうね。


千葉さんは、早稲田大学の通信過程に進学されるそうです。



彼女は現在、京都の木下アカデミーに在籍してます。でも、彼女が関西の大学に進学するイメージはあまりなかった。もしかすると早稲田通信かな?と想像してましたが、やはり…でした。仙台出身の2人の先輩が「東北高校→早稲田大学」コースで五輪金とってますから、縁起の良いコースではあります。


今日はひな祭ですね♪



参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2024/03/03 15:03 | 読書メーターCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |