ソチ五輪を終えて ~ライバル パトリック・チャン その1~

ゆづ祝勝祭りに戻ります。今日は、結弦くんの最大のライバル、パトリック・チャンについて語ります。
ソチでの結弦くんの金メダルを語るに、チャンの存在はどうしても無視できないからです。

フィギュアスケートファンなら、誰も知らない人のいない、ワールド三連覇中の男子シングル絶対王者。
ソチ五輪の金メダル筆頭候補は、チャンでした。彼自身も、そう自負している発言をしていました。
スロースターターのチャンも、さすがに五輪シーズンは、早めの仕上がりを見せていました。
ショートのプログラムは持越しでしたから、フリーの滑り込みに時間をかけれたこともあるでしょう。

この二人は、GPシリーズ3戦、オリンピック2戦(団体含)を戦いました。振り返ると、まるでスポ根マンガのようでした。そう、心からワクワクさせられる、脚本のないドラマでしたね。絶対王者に挑戦する若き挑戦者は、最初は二度にわたって完敗します。けれど、王者との戦いで大きく成長した青年は、遂に無敗の王者を捕らえます。
さらには、青年が憧れていた”皇帝”との対決まで用意され、皇帝との直接対決にも勝利。皇帝は、戦いの場から去り際、自分を倒した青年を、自分の後継者として祝福します。そして、王者との最後の対決は・・・!?

ラストは、負けたかと見せて、ドンデン返しのオマケつき(笑) いや、これはすげードラマでしたよ。
結弦くん、ミッツの言うとうり、あなたは本当に女優だわ(笑) 存在そのものがドラマになる。
綺麗な顔とスタイルの外見だけが二次元じゃないのよね。あなたは、生き様まで二次元そのものです(笑)

では、二人が対戦したグランプリシリーズ3試合の戦績をまとめておきます。『競技会名 → 優勝者』です。

GPシリーズ・カナダ杯 → Pチャン
1 Patrick CHAN(カナダ)262.03 (SP:88.1 FS:173.93)
2 Yuzuru HANYU(日本)234.80 (SP:80.4 FS:154.4)
 

GPシリーズ・フランス杯 → Pチャン
1 Patrick CHAN(カナダ)295.27 (SP:98.52 FS:196.75)  ショート・フリーともPB更新
2 Yuzuru HANYU(日本)263.59 (SP:95.37 FS:168.22)
  

GPファイナル → 結弦くん
1 Yuzuru HANYU(日本)293.25 (SP:99.84 FS:193.41)  ショート・フリーともPB更新
2 Patrick CHAN(カナダ)280.08 (SP:87.47 FS:192.61)


チャンは、フランス杯、ショート・フリーとも、ほぼノーミスの完璧な演技でした。元々、チャンはあまりノーミスするイメージがないので、「滅多にお目にかかれないものを見せてもらった」というのが正直な感想でした。実際、フランス杯の、特にフリーは文句のつけようがないくらい素晴らしかった。おそらく、誰もが「オリンピックチャンピオンはチャンで決まり」だと思ったことでしょう。このとき、結弦くんとチャンの点差は、30点以上もあったのです。
フランス杯終了後のインタビューでも、結弦くんは、こう答えています。

(今回のチャンのように)SP、フリーともノーミスというのは、スケーターにとって稀(まれ)なこと。その舞台に一緒にいられたというのは光栄なこと。彼は雲の上の存在ですけど、その演技を見たことで、『自分はもっと頑張らなきゃ』と思える部分がありました。

この高難度構成時代、トップスケーターでも、SPとFS両方完璧な神演技でそろえるなんて、そうそうできるものではありません。正直、「GPシリーズなんかで、貴重な神演技チケット、使っちゃっていいの?」と思ったものでした。実際、その懸念は当たってしまって、振り返れば、フランス杯がチャンのピークになってしまったのです。 

結弦くんが、ついにチャンを捕らえたのがGPファイナル。ショートはさらに磨きをかけて、世界記録を更新。
そして、フリーは、1転倒しても、TES100点を越えたのです。チャンはフランス杯ほどの出来ではなかったけれど、大きなミスなくまとめました。にも関わらず、フリーも結弦くんが1位。サルコウを転倒しても、他のミスがなければ、完璧なチャンのTESとほとんど変わらないことが証明され、連動するように、PCSも90点を超えて、ここでチャンのPCSの優位もほとんどなくなりました。つまり、『ノーミス同士だったら、羽生が勝つ』とジャッジからアナウンスされたに等しい。オリンピックを前に、『チャン絶対優位』の風向きを変えた大きな一勝でした。

パトリック・チャンの戦績は素晴らしいものです。特にここ3年は無敵状態でしたね。
カナダ選手権 : 金7(7連覇中) / 世界選手権 : 金3(三連覇中) 銀2、
四大陸選手権 : 金2 / GPファイナル : 金2 銀1 銅1


唯一ない金メダルが、オリンピックの金メダルでした。前回のバンクーバーは5位に終わっています。

チャンは、2009-2010年シーズン終了後、ジャンプ指導に定評のあるクリスティ・クラールをコーチに迎え、四回転トゥーループを習得。元々スケーティング巧者だったチャンに四回転という武器が加わったのです。
ショート1回、フリーで2回四回転を入れる構成は、他の選手を圧倒、高いPCSも相まって、「3回こけてもチャンが勝つ」と皮肉られるほど、チャンには誰も勝てない時代が始まりました。そして、ワールド三連覇。

大きな転機が訪れたのは2012年4月。指導法についての考え方の違いからクラールがコーチを辞任。サブコーチであったモダンバレエコーチのキャシー・ジョンソンをメインコーチに迎えます。
チャンは、四回転サルコウの練習もしていましたが、プログラムに入れれる段階に至りませんでした。トリプルアクセルも上達したとはいえ、フリーは前半に1本のみ。すでに、ジャンプ構成を上げることには限界を感じてたのか、表現力やプログラムの完成度をあげることで、得点の上積みを考えていたようです。もし、クラールがジャンプ構成をあげる必要を感じていたとすれば・・・それが『指導法についての考えた方の違い』だったのかしら。

以上は、想像半分ですが、実際、チャンのジャンプ構成はこの3年間ほとんど変わっていないのです。
それでも勝ててきたわけですが、他の選手は、チャンに追いつけ追い越せで、どんどん構成をあげてきます。
PCSで勝てない選手は、TESを稼ぐしかないからです。結弦くんも、そんな選手の一人でした。

「たられば」ですが、もし、チャンがメインコーチを変えてなかったら、違う結果になっていたかも・・・と思ったりします。ジョンソンのおかげで、チャンの表現力は確かにあがりました。しかし、ジャンプの伸び代を引き換えにしたような気がしてなりません。何よりも、ジョンソンはフィギュアスケートには素人です。一方のオーサーは、プロ中のプロ。戦略面でジョンソンが勝てる相手ではありません。クラールなら、追い上げてくる若手の脅威をもっと早く察知していたかもしれない・・・そんなことも少し考えてしまいました。

なんだかんだと語っている間に、長くなってしまいました。ということで、チャン語りは、次回も続きます(汗)


関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2014/03/15 18:10 | 2013-2014 seasonCOMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

こんばんは♪

Pチャンは、圧倒的に強い=点がよく出る選手だと思います。
ジャンプは水物というか、その時の調子の良し悪しで変わってくるので、スケーティングという調子の良し悪しに関係なく、一定の点数の確保ができる武器を持っているのは、すごいアドバンテージですね。。。

でも結弦君が金メダルを取ったから言うのではなく、前から思ってるんですけど、絶対王者と呼ばれるほどの、カリスマを感じないのです。(ファンの方すみません?)
プルシェンコ(絶頂の時の)や、ヤグディンは、お~と圧倒された記憶がします。
ランビエールさんのスピンもすごい!と思いました。
私はスケート通ではないので、スケーティングとかに目がいかないから、プルシェンコ達の、目にわかりやすいすごさを評価してるのかもしれませんが・・・

でもPチャンは、引退しないんですよね?
かつて、3回転までしか飛べないのかと思わせといて、突然4回点装備して出てきたのを、考えると次に表舞台に出てきた時は、4回転サルコーを引っ提げて出てきそうなので、油断できません(笑)サルコー練習で降りてるって聞きましたが。。

結弦くんのサルコーはなぜ本番では、成功しないのかしら?
フィンランディア杯と思ってやれば・・
ゆづるは神社の絵馬にも、4回転サルコーが成功しますようにって書いてきたのよ~~(笑)

No:2964 2014/03/16 22:12 | リラ #- URL [ 編集 ]

そういえば・・

ソチの動画で、ブリティッシュユーロ解説なかったですよね?
どうしたんだろ?

No:2965 2014/03/16 22:42 | リラ #- URL [ 編集 ]

リラ 様

リラさん、こんにちは。

>絶対王者と呼ばれるほどの、カリスマを感じないのです

「スケーティングが上手い」という武器は、クロウト受けするけど、シロウトにはわかりにくいですよね。
チャンは表現力がないとは決して思わないけど、たとえば高橋選手のようなわかりやすい表現力ではないので、アピール力・・・という面で弱いのかも。
それと、ルックスも悪くはないけれど、華には乏しいかも(すみません、私、何気にひどいこと言ってますね・・・汗)

あとは、安定性? チャンはジャンプミス多いので、ほとんどジャンプミスしなかった昔のプルシェンコと違って、そこもすごさを感じさせない理由じゃないですかね~。
結弦くんの「プルのように強い選手になりたい」というのは、”常勝”というだけでなく、そういう絶対的な安定感も指してるのかなと思ったりしました。

>でもPチャンは、引退しないんですよね?

チャンはハーバード大学の入学許可を得てるけど、スケートのために実際の入学は待ってもらってるとか聞いたんですけど、どうするのかしら? 
チャンが大学に進学したいという希望をもってるのは確かみたいです。アメリカの大学はスケートとの二足のわらじは大変みたいなので、進学するなら引退するかもしれませんね(女子のガオ選手のように、ハーバードに在学しながら、スケートも続けてる選手もいますが)。
「ピークを過ぎてやるつもりはない」みたいなことも以前言ってたような・・・。
その一方で、「休養して復帰したい」みたいなことも言ってるから、まだはっきり決めかねてるのかな?

>サルコー練習で降りてるって聞きましたが。。

練習で降りてたとしても、まだプログラムに入れる段階ではないのでは?
でも、ジャンプ構成あげないとこれからはもう勝てないって、本人もわかってると思う。
チャンは、3Aがこれ以上はうまくなりそうな気がしないので、ジャンプ構成あげるとしたら、3A2本より、サルコウ入れて、4回転3本の方がありかも(笑)
でも、一度休んじゃうと戻すの大変なので、現役続行するつもりなら、変に休まない方がいいんじゃないかな・・・。

>結弦くんのサルコーはなぜ本番では、成功しないのかしら?

音かけ練習のときは、降りてますけどね。なんででしょうね(笑) 本人も「サルコウ難しい」って言ってたけど。
サルコウ失敗しても、他ノーミスなら点はでるけど、ロミジュリの完成型、見たいですよね~。

>ソチの動画で、ブリティッシュユーロ解説なかったですよね?

ブリティッシュユーロは、オリンピックの放送はないみたいです。
五輪の放映権、高いからでしょうか(笑)

コメント、どうもありがとう♪

No:2966 2014/03/17 01:41 | みずほ #o/PXu/q6 URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |