羽生結弦選手 SC GALA練習動画 & 東京西川看板広告写真

グランプリシリーズ中国杯も無事終わり、男子シングルは順当にハビくん優勝でした。ハビくん、おめでとう。

ボーヤンの派手なクワド祭りがあったようですが、基礎点より”質”が重視された結果となりました。
特にフリー、転倒がひとつあったとはいえ、四回転4本に3A2本入れたジャンプ構成でも170点ちょっと。
かたや、大会が違うとはいえ、四回転1本に3A1本のチャンとは、20点ほど得点差がありました。

元々、ボーヤンは基礎点が高いけれど、GOEがつきにくく、PCSが低い選手のようです。
ちゃんと演技をみたのは初めてでしたが、なぜそうなのか、わかるような気がしました。
ボーヤンの演技構成点で一番低いのがTransitionなのですが、つなぎがないな~という印象。
そういう意味で、彼は、ロシアのクワドジャンパーにタイプが近いかな?と思いました。
クリケット組のように、ジャンプの入りを難しくしたり、ステップを踏んだりしたら、あまり跳べるような気がしない。
とはいえ、これから怖い存在であるのは確か。結弦くんとは、NHK杯で、初対決となりますね。

では、スケートカナダの、エキシビションの練習風景の動画です。
現地さんから、EXの練習中、他の選手たちがまったりしてるのをよそに、結弦くん一人だけもくもくとジャンプ練習してた・・・という情報がありましたが、この動画をそれを証明していますね(笑)
「天と地のレクイエム」のイーグルサンドの3Aをひたすら練習。失敗が続くと、ちょっと首をかしげたりして、納得いくまで練習する姿は、EXにも絶対手を抜かない結弦くんらしいなと思いました。
練習の説明がはじめると、戻ったりするんだけど、どこか落ち着かない結弦くん(笑)
ジャンプ練習したくてたまらなくてソワソワしてる結弦くんが、ちょっと子供みたいで可愛いです(笑)


  2015 11 01 SC Gala practice YUZURU HANYU practice his jump
  


昨日、心斎橋にでたら、結弦くんの東京西川の広告看板を発見しました♪

   東京西川1

   東京西川2


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2015/11/08 14:40 | 2015-2016 seasonCOMMENT(10)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No:4650 2015/11/08 22:26 | # [ 編集 ]

ぴ○ 様

ぴ○さん、こんにちは。

>これからボーヤン選手の成長と共に金メダル獲得国家プロジェクトが始まるんじゃないかという不安は感じました

中国の冬季五輪誘致のライバルだったカザフスタンでもそうですよね。女子選手のツルシンバエワがオーサーのところでトレーニングしてます。キムヨナと平昌五輪もそう。ロシアも、ソチのために女子を中心に強化しましたし。

社会主義国なので、自国開催での団体金はどうしても欲しいと思います。(北京で団体戦がまだあるかどうかわかりませんが)
中国は、スポーツに関しては、韓国より比較的フェアな印象です。中国ではフィギュアはペアが人気があって、シングルはさほどじゃないようですが、ペアだけ強くても団体で金とれませんから、全体的に底上げできるように強化はするでしょうね。

ただ、フィギュアの場合、4~5歳から始める場合が多くて、今から強化しても、五輪に間に合うのかな・・・という感じもします。
となると、男子はボーヤン一人頼みになるのかしら。女子も李子君が伸び悩んでるし(可愛いけど)。

>今にして思えば羽生選手、ソチでトップを狙う&取って本当に良かったですね

結弦くんはあくまでも二連覇を狙っているので、もうそれは彼の中では過去のことだと思います。ただ、とれるチャンスがあるときにとれるものはとる・・・それは鉄則。だって、平昌シーズンに、怪我をする可能性だってあるんですから。それは、チャンでもボーヤンでもハビくんでも同じこと。誰がでてきたとか関係なく、ステイヘルシー、彼に関してはもうそれだけですね。結果はあとからついてくるものですから(笑)

コメント、どうもありがとう♪

No:4652 2015/11/08 23:57 | みずほ #o/PXu/q6 URL [ 編集 ]

こんにちは、

宇野くんが良ければメディアの煽りに乗り、ボーヤンのクワド攻勢に不安と焦燥でざわつく羽生さんファン。アイドル扱いしているのは自分たちじゃないの?と、引きながらシーズンを見ております。

私も含め羽生くん1番が本源の願望ですから無理もありませんが。それでもフィギュアシーズンの奔流に毎週末ワクドキしています。
それぞれに目指すものが違い、レベルアップされて男子はいい感じですね。

ボーヤンくんの4Lzは見惚れました。eや!の付きやすい真央さんには羨ましいくらいLzが得意な選手とJrの頃から聞いています。
ただジャンプ前後に感じる違和感のようなものはやはり繋ぎですよね。今後修正はしてくるでしょうが。

女子はこんなものなのでしょうか?あまり興味はないのでさらっと動画で見た程度です。真央さんの流麗な、陳腐な表現ですね、滑りは心地よいし賛美は惜しみません。

それにしても25才の真央さんを超えられない女子、真央さんが突出しているのか女子の限界なのか。

男女差はどの競技もですが、競技としてのフィギュアと考えると未来は厳しい気がしてきます。

USJ、初参戦?してきました。一大イベント後でしたが、相変わらずにぎやか。通年パスで通っている(月2ぐらいですって)知人の気持ちが少し理解できたかな。

喰わず嫌いは損ですね。

No:4654 2015/11/09 10:00 | yokko #- URL [ 編集 ]

yokko 様

yokkoさん、こんにちは。

>宇野くんが良ければメディアの煽りに乗り、ボーヤンのクワド攻勢に不安と焦燥でざわつく羽生さんファン

そのあたりは、私は疎いので、あまり知らないです。でも、もしそうなら、なんでそんなに結弦くんのこと信用できないのか不思議です。まあ、他のゆづファンがどう思っているかは、私、あまり興味がないんですけどね(笑) 2012年春にファンになって以来、彼が不世出の天才だという確信は欠片も揺らいでいないので。彼が大舞台で負けるときは、たいてい怪我絡みです。私は彼の才能は疑ってないけど、彼の健康管理能力はあまり信用していないので(笑)、健康だけです、心配するのは。

彼が天才なのは、身体能力以上にメンタル。あれだけ世界中の注目を一身にあびて、それでも結果をだしてきたメンタルの強さが別次元なのです。
これから注目を浴び、当然に勝つことを要求されるようになったとき、もてる力をどこまで発揮できるかどうか・・・ボーヤンの真価が問われるのはこれからです。フィギュアって、半分以上はメンタルの勝負だと思ってます。

>男女差はどの競技もですが、競技としてのフィギュアと考えると未来は厳しい気がしてきます。

女子も十分進化してますよ。たまたま村主さんの2002年の五輪の動画みて驚きましたもの、あんまり低難度すぎて(笑) それでも五輪5位ですよ。

yokkoさんはとてもジャンプがお好きなんですね。女子に興味がないのはそのためですね。
確かに、ボーヤンのジャンプは見事ですが、助走は長く、つなぎがなく、音楽はほとんどBGM状態です。もちろん、さらにクワドを増やし、基礎点を積み上げていけば、激高TESの力技で、ボーヤンが勝つことは可能です。
以前にもレスで書きましたが、音楽との調和を保ちつつ入れれるクワドの本数は3本が限度ではないかと、個人的には思っています。そのバランスが全くなくなり、ジャンプ大会となったとしたら、それでフィギュアといえるのか・・・という問題は残るでしょうね。

>通年パスで通っている

私も年パスもってます。月2は行きませんが、ハロウィン3回、クリスマス2回、他で2~3回くらいいきますね。年3回行けば、年パスの元はとれます。

コメント、どうもありがとう♪

No:4655 2015/11/09 13:57 | みずほ #o/PXu/q6 URL [ 編集 ]

他にも気にしている人が…

こんばんは
ボーヤン君のクワド・ルッツは凄かった!EXでも軽々と決めていましたね~
以前、話題にしたマッシミリアーノさんは、羽生君が危険な状況に陥る可能性として、2つのことを挙げていました。
1つ目が怪我。(誰もが納得ですね)
2つ目に「彼の自信をかき乱し、彼を極限へと掻き立てる人物が現れること」と言っていましたが、例としてボーヤンの名を出していましたよ。
「ボーヤンが彼の目の前で4本のクワドのフリーを滑ったら、衝撃を受けるだろう。ボーヤンのようなタイプの選手は、羽生を更なる超高難度へと掻き立てるかもしれない。このような極限難度は危険を招く可能性がある。」と。
長野のリンクで、ボーヤン君のジャンプを見た羽生君がメラメラ燃える様が容易に想像できますが…既に中国杯の映像を見て、刺激を受けているかもしれません。(私は羽生君の本質はジャンプ厨だと踏んでいる)負けず嫌いなので、TESで劣るとか堪えられないのでは?という気もします。

羽生君は緊張しいだし、縁起も人一倍担ぐし、メンタル最強とまでは思っていません。(2011中国杯、2012スケアメ然り、2013スケカナも)
でも、絶対、何か「持っている」人だと思っていますよ。間違いなく。
今までずっとハラハラさせられ通しですが、(ジェットコースターに乗っているよう、とよく喩えられる)その分、結果を出した時の喜びも大きいというもんです。因みに2010年にファンになってから、心穏やかに過ごせたシーズンはありません。

No:4656 2015/11/09 23:13 | あお #Q3cyE8.I URL [ 編集 ]

あお 様

あおさん、こんにちは。

>羽生君は緊張しいだし、縁起も人一倍担ぐし、メンタル最強とまでは思っていません

3~4分ですべてが決まってしまう、一発勝負の競技で、緊張しない選手はいないと思います。
また、縁起かつぐのは、アスリートにはよくあることです。

弱さのない、絶対的に強い人間なんていません。でも、弱さを乗り越えて結果をだせる人間が強いということだと思うのです、特にアスリートの世界では。

だって、彼ほど逆境のデパートみたいなスケーター、あまりいないと思いませんか? どん底に落としても落としても、はいあがってくる。「逆境が好き」と言える人間、普通いませんよ。マゾかしら(笑) あの”火事場の馬鹿力メンタル”の強さは、やはり別次元だと思うんですよ。
昨年の中国杯でフリー強行出場して物議を醸しだしたけど、結局ファイナル優勝して、周囲を黙らせてしまいましたしね。

>因みに2010年にファンになってから、心穏やかに過ごせたシーズンはありません。

私は2012年からですが、本当に心穏やかに過ごせたことないですね(笑) 昨シーズンは、本当なら心穏やかに過ごせるはずだったのに、アレだったし。てか、ハラハラするのはたいてい怪我絡みなので・・・「ちょっとは学習してよ~」と、そのたびに思います(笑)

ボーヤンのことが気にならなくはないでしょうけど、結弦くんのペースを乱すほどの存在になるかどうかは、まだわからないかな。今のところ、結弦くんになくて、ボーヤンにあるのは四回転ルッツだけ。見所はジャンプだけで、スカスカの選手です。これまでも、3クワドはコフトンも、ハビくんも、ケビンも入れてましたが、それほど結弦くんの心を乱す存在ではなかった。ジャンプ能力だけなら、すでに自分より劣るチャンをあれだけ結弦くんが意識するのは、たぶん自分にはないものを、チャンがもってるからかなと思ったりします。

コメント、どうもありがとう♪

No:4657 2015/11/10 00:13 | みずほ #o/PXu/q6 URL [ 編集 ]

激しく同意!

全く緊張しない選手はいないし、弱さを乗り越えて結果を出せる人間が強い…みずほさんの言う通りだと思いました。
(あの内村選手だって団体戦優勝のかかった鉄棒で落ちることもありましたね。)

知り合いで結弦くんファンだけれど、高橋選手ファンでもある知り合いが、以前デー○タが「私たちのしたことって、結局は羽生のメンタルを強くしただけだけだったのかな?」と言ったと聞きました。
(これを聞いた時には、やはり潰してやろうと意図的に嫌がらせをしているんだ!とあきれましたが。)
こんな精神的嫌がらせも含めて、結弦くんほどあらゆる試練を力に代えていく選手はいないのではないでしょうか?
それってすごいことだと思います。
メンタルが強くなければこうはいきません。

ジャンプの入りをそこまで複雑にしなくても…とか、もっと簡単な構成にしても勝てるのに…という意見もあります。
正直、私もそう思っていました。
でも、「悔いのないようにやりたい。また怪我をするかもしれないし、手術して今度は治らないかもしれないし…」という結弦くんの言葉を聞いて、誰にも負けたくないという気持ちが人一倍強い結弦くんが一番負けたくないのは自分であり、彼が一番望んでいるのは自分の限界を極めることなんだとあらためて感じました。
こんな結弦くんの決意を支持し、応援するしかありません。

ボーヤンの4Lzがスゴイのは認めます。
でも、結弦くんが求めるのは演技の中に自然に溶け込んだ芸術的なジャンプ!難度の高いジャンプを数多く跳ぶのが目的ではありません。
だから私もボーヤンの台頭をそんなに脅威とは感じていません。

今季、結弦くんが思うままスケートをしてくれたら、結果はついてくると私も信じています。

No:4658 2015/11/10 06:30 | ゆかり #- URL [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No:4659 2015/11/10 09:05 | # [ 編集 ]

ゆかり 様

ゆかりさん、こんにちは。

>以前デー○タが「私たちのしたことって、結局は羽生のメンタルを強くしただけだけだったのかな?」と言ったと聞きました。

愛するご本尊のために、邪魔者は潰せ・・・が彼女達の総意でした。結弦くんの前は、織田くんや小塚くんが被害にあっていました。でも、先輩が脅威に感じてたの結弦くんだけだったから、前の二人より、結弦くんへの攻撃がひどくなったんだと思います。ただ、彼女達の中では、そういう嫌がらせは”正義”なんですよね。スポーツはフェアプレイで・・・という概念は彼女達にはないみたいです。

>結弦くんほどあらゆる試練を力に代えていく選手はいないのではないでしょうか

試練をすべてエネルギーにして金メダルに繋げた・・・こんな選手はなかなかいませんよ。教科書に載るのも納得です(笑)

>ジャンプの入りをそこまで複雑にしなくても…とか、もっと簡単な構成にしても勝てるのに…という意見もあります。

フリーでクワド3本はいいとして、なんで後半にコンビネーションを入れるのか、私はいまだにわかりません(笑) 2Tが1.1倍になってもほとんど基礎点は変わらないし、リスクは大きいのに。まあ、でも普通のことやって勝てても、満足できないのかな。もうすべてのタイトルをもってますしね。
浅田選手が”自分を極める”ために戦場に戻ってきたのと似てる部分があるのかも。彼も、誰に挑戦するというのではなく、自分への挑戦・・・自分の限界を極めたいのでしょう。

以前に彼が言ってた、”できることを出し惜しみしてたら勿体ないじゃないですか”という言葉を思いだします。

>難度の高いジャンプを数多く跳ぶのが目的ではありません。
>だから私もボーヤンの台頭をそんなに脅威とは感じていません。

4Lzは大きな武器だと思います。でも、彼のクワドはジャンプの入りが単純で助走が長い。そして「ここからジャンプ」「ここからステップシークエンス」とはっきりわかるくらい、エレメンツとエレメンツのつながりがぶつ切れなんです。昨シーズンのJWで、PCSがなんで60台だったのかよくわかりました(笑) 中国杯は地元の試合で、PCSがまだでた方でしょう。でも、ジャンプの調子が悪かったら、壊滅的なPCSになるでしょうね、あれは。ボーヤンの後、ハビくんの演技みたら、滅茶苦茶うまく見えました、ノーミスじゃなかったけど(笑)

>結弦くんが思うままスケートをしてくれたら、結果はついてくると私も信じています。

そのとおり。ファンは、何も心配せず、彼の健康だけ願っていたらいいんです!(笑)

コメント、どうもありがとう♪

No:4661 2015/11/10 18:06 | みずほ #o/PXu/q6 URL [ 編集 ]

あ○ 様

あ●さん、こんにちは。

>最近あちこちで「中国杯の視聴率が高かった、やはりウチの真央ちゃんは凄い!真央ちゃんが出ないと視聴率は取れない」と暗に羽生下げ発言をしてイライラするんですけど。中国杯は23%越え、スケカナは13%位だったと思います。みずほさんはどう思われますか?

う~ん、別にどうも思いませんけどね(笑) 結弦くんに実害があることなら怒りますが、ネット上でアンチが騒いでも、別にどうなることでもないし。
だいたい、ほぼ生放送に近かった中国杯と、その日の午前中に結果がわかり、テレビ放送がある前に、youtubeなどで演技動画が流れていたスケカナを比べても無意味ですしねえ。

ちなみに、昨年の結弦くんのでていた中国杯のフリーの視聴率です。
もし、どうしても比べたいなら、こっちの方でしょうね。

視聴率20・2% 瞬間最高31・8%

今年の中国杯と比べて3%、瞬間では5%くらい低いけど、たいして変わらないでしょ?(笑)
浅田選手の休養明けの復帰第一戦、前日のSPで3A成功させてトップ折り返しなんですから、3%くらい高くても不思議じゃないですしね。むしろ、フィギュアの女子で23%とるより、男子で20%とる方がすごいことですよ。

中国杯は元々、わりと数字とれるんですよ。日本と時差が小さくて生放送できるから。
やはり、大きいですよ。スポーツで、生と録画の差は。

少し納得できましたでしょうか?
アンチの悪口はあまり気にされない方がいいですよ(^^)

コメント、どうもありがとう♪

No:4662 2015/11/10 18:33 | みずほ #o/PXu/q6 URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |