羽生選手 トロント公開練習 続報

今朝は、各社とも、少し余裕があるのか(笑)、昨日以上の情報の洪水です。
以前にも記事に書いたことありますが、スポーツ報知は、比較的、結弦くんに好意的な記事をよく書いてくれるスポーツ紙なので、報知さんの今朝の記事をピックアップします。


羽生結弦、世界最高得点で66年ぶり五輪連覇狙う!フリー2季ぶり「陰陽師」(20170810スポーツ報知)

 【トロント(カナダ)8日=高木恵】男子フィギュアスケートで66年ぶりの五輪連覇を目指す羽生結弦(22)=ANA=が拠点のトロントで練習を公開。平昌五輪シーズンのフリーに映画「陰陽師」の音楽「SEIMEI」を2季ぶりに再演することを明らかにした。構成は4回転が3種類5本の超高難度プログラムに進化。ショートプログラム(SP)も2季ぶりにショパンの「バラード第1番」を使うことを発表済みで、自身が15―16年シーズンに記録した合計330・43点の世界歴代最高得点の更新を視野に入れた。

 安倍晴明が再びリンクに降臨する。羽生がフリーで「SEIMEI」を2季ぶりに演じる。15―16年シーズンに当時の世界最高得点219・48点を記録。「あのシーズンが終わった瞬間に、この曲を五輪でやろうと決めていた。何より自分でいられるプログラム。滑っていて心地よいし、余計なことを考えずに滑ることができる」。羽生結弦の魅力を最大限に引き出す曲。迷いはなかった。

 内容は格段に進化している。4回転ジャンプはループ、サルコー、トウループの3種類で昨季から1本増の5本。3本は基礎点が1・1倍になる後半に盛り込んだ。2季前は3本。「同じプログラムだけど、難易度は全然違う。一歩先のことをやっている」。この日の練習は前半と後半を分けた曲かけだったが、ミスなく滑りきった。

 異例のSP、フリーの“ダブル再演”で勝ちにこだわる。330・43点の世界最高得点を記録した史上最強プログラム。単純にジャンプの基礎点を比較すると、現在のフリー世界最高得点(223・20点)で昨季の「ホープ&レガシー」より1・98点、2季前より9・62点高い。SPは2季前より2・96点高く、合計12・58点の上積みが可能。340点超え(343・01点)も視野に入る。自身の記録を超える自信を問われると「はい」と即答。「超えないと」と浮かべた笑みに王者の風格が漂った。

 演目作りは新しいものを一から、シーズンを通して完成形へ近づけていく作業になる。五輪イヤーの今季はスタートラインを変えた。「そんなことをやっている時間はない。それよりも演技そのものを習熟させたい。プラスの状況から始まっているので積み上げていきたい」。ディック・バトン(米国)以来66年ぶりの五輪連覇へ、期待は高まるばかり。「代表に選ばれたら金メダルを狙っていきたい」。偉業へ通じる「SEIMEI」第2章が幕を開ける。



羽生「ソチの時はいっぱいいっぱいだったけど、今は自分の道はっきり」(20170810スポーツ報知)

 男子フィギュアスケートで66年ぶりの五輪連覇を目指す羽生結弦(22)=ANA=が拠点のトロントで練習を公開。平昌五輪シーズンのフリーに映画「陰陽師」の音楽「SEIMEI」を2季ぶりに再演することを明らかにした。

 ◆羽生結弦に聞く

 ―ソチ五輪の時と違い追われる立場。
 「別に追われる立場だとは思わない。ソチの時よりもメダル争いがすごく熾烈(しれつ)。今みんな、いろんな個性をもっていて、その個性同士でぶつかっているので、すごい楽しい。僕の個性はオールラウンダーであり、すべての質が高いこと。そういう自分の武器をしっかりと生かして戦いたい」
 ―アプローチの違いは。
 「ソチの時はいっぱいいっぱいだったけど、今は自分の道みたいなものが、すごくはっきりしてきた」
 ―ソチでの経験は生きる。
 「最近、ソチ五輪前後のインタビュー動画や記事を調べた。こんなことを思っていたなとか、あ、すっごい過去にとらわれないようにしてるな、とか。そういうことが自分の経験としてあるので、それはやっぱり有利」
 ―4回転ルッツは。
 「跳べるし、練習でもそこそこ跳べるけど、プログラムに入れることは考えていない。今はこの構成でまとめること。一つの攻めをしっかり完成させたい」



羽生結弦、練習公開で完璧ジャンプ ノーミス いつ試合でも問題ない仕上がり…担当記者が見た(20170810スポーツ報知)

 男子フィギュアスケートで66年ぶりの五輪連覇を目指す羽生結弦(22)=ANA=が拠点のトロントで練習を公開。平昌五輪シーズンのフリーに映画「陰陽師」の音楽「SEIMEI」を2季ぶりに再演することを明らかにした。

 聴き慣れた笛と太鼓の音色がリンクに響いただけで、高揚感がよみがえった。世界最高得点を2試合続けて更新したあの曲だ。力強いジャンプ、しなやかな手足の動き。羽生が作り出す「SEIMEI」の世界観にすぐに引き込まれた。「『このプログラムが大好き』と思っている人は多い。これがまた見たかったと、みんなが思うに違いないさ」。ブライアン・オーサー・コーチの言葉だ。

 15―16年シーズンを迎えるにあたり、羽生は「ここまで和のプログラムを出せるのは今の日本男子で僕しかいない。僕だから出せる繊細さや力強さがあると思う」と言い切った。そして、その通りの作品に仕上げた。「試合を見た時に『また』と思われない演技をしたい」。今後、5本の4回転をどのようにプログラムに染み込ませていくのか。新たな挑戦をスタートさせた。

 例年そうなのだが、羽生が練習を公開するのは年に一度だけ。平昌五輪前のラストチャンスとあり、日本から約80人の報道陣が駆けつけた。テレビと新聞を合わせると30分以上取材に応じ、終始笑顔で言葉を紡いだ。試合会場とは違ったリラックスした姿があった。

 1時間ずつ2度公開された練習では、開始直後にいきなり完璧な4回転トウループを降りた。SPの曲かけは、さらりとノーミス。「クリーンに滑りきることが一番大事なこと。それができるようになれば結果はついてくる」。初戦はオータム・クラシック(9月20日開幕・モントリオール)。いつその時を迎えても問題ないほどに仕上がっていた。(フィギュアスケート担当・高木 恵)



大阪版でいうと、今日、カラー一面であげてくれたのはスポーツ報知だけでした。
あとは、デイリースポーツ、日刊スポーツ、スポーツニッポンは、裏面カラー。
サンケイスポーツだけは白黒記事でした。報知、デイリー、スポニチの3紙を購入しました。


20170810スポーツ紙


参加してます。よろしければポチっと応援お願いします♪

人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2017/08/10 13:00 | 羽生結弦(2017-2018)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |