「ファン通信」に異変? についての独り言 1 ~「羽生本」の歴史を振り返る

「『ファン通信』に異変?」の反響が落ち着きましたので、自分なりに考えたことをまとめます。
あくまでも「私の独り言」です。興味のある方のみお読みください。
まず、「羽生本」といわれる雑誌の歴史(といっても、まだ3年半ほどですが)を振り返ります。


ソチ前は、所謂「羽生本」というのは、存在しませんでした。
老舗のスケート誌が存在するのみ。老舗の「ワールドフィギュアスケート」、「Life」の前身である「フィギュアスケート Days」、「クアドラプル」の前身である「カティングエッジ」などです。
人気選手のページ数は多少は多めとはいえ、それでもよくあって10ページ程度。数ページのゆづ成分のために、2000円近い本を買っていたものです。
それゆえに、ソチ五輪直前に、「フィギュアスケート日本男子応援ブック」が登場したときは、ゆづファンは歓喜したものでした。


 ← 創刊号です。五輪直前の2月3日発売。


正直、作りがいいとはいえませんでした。完全なアイドル誌仕様。恥ずかしいキャプション(笑)
でも、40ページ近くがゆづ成分の本なんて、それまでなかった。速攻売り切れました。
それ以降、「応援ブック」は、ほぼ月刊ペースで刊行され、「月刊羽生」と呼ばれ、ゆづファンの絶大な支持を得ることになります。

「応援ブック」は書棚整理のときに、けっこうリストラしてしまいましたが、残したメモ書きをもとに、各号のゆづ成分をあげておきます。なお、ページ数の誤差はあると思います。「だいたいその程度」だと思ってください。ページ数は、表紙・裏表紙を含みます。

発売された「すべて」ではありません。自分が購入しなかった号については、メモ書きがないので省きます。

「日本男子応援ブック」シリーズのゆづ比率(ゆづページ数/全体のページ数)

1号 41/84   2号 50/84  
3号 50/84   4号 47/84  
5号 37/84   6号 28/84
7号 41/84   8号 53/84  
9号 55/84   10号 67/84
別冊(2015) 72/97   別冊(アイスショーSP) 50/84
13号 70/84   別冊(DX) 80/84



そして、「フィギュアスケートファン通信」が初めて発売されたのは、2015年7月でした。

 ← 創刊号です。2015年7月28日発売。


今から、約2年前。「応援ブック」より1年半遅れでの、「羽生本」市場への参入でした。
「応援ブック」でいえば、「別冊(アイスショーSP)」が発売されたのと同じ時期です。
上の記録を御覧いただいてもわかりますが、私も「ファン通信」が発売されて以降、購入した「応援ブック」は2冊だけです。つまり、「ファン通信」に移行したわけです。それは、質・量ともに、「ファン通信」の方が魅力的だったからです。

「ファン通信」がどれくらいゆづ成分の多い雑誌だったか、ページ数を見てみましょう。
ほとんど購入してますが、2、6、7、9、12号の5冊だけ欠番になっています。
(ゆづ比率が低い、画質が悪いなどの理由で、あえて購入しなかったものです)
購入したものだけ書きとめておきます。こちらも、ページ数は、表紙・裏表紙を含みます。
ページ数の多少の誤差はあると思ってください。


「フィギュアスケートファン通信」シリーズのゆづ比率(ゆづページ数/全体のページ数)

1号 90/100   3号 87/100
4号 82/100   5号 86/100
8号 84/100   10号 87/100
11号 108/116   13号 96/116
14号 110/116   15号 110/116
16号 100/116   17号 98/116
別冊(GPF2016特集) 106/116
18号 94/116   19号 110/116
別冊(WC2016特集) 100/116
20号 106/116   
別冊(2007-2017 10年の軌跡) 114/116
21号 102/116   22号 108/116
23号 110/116



「日本男子応援ブック」と「ファン通信」を比べると、「応援ブック」の羽生比率は、それほど極端に多かったわけではないのがわかります。まれに、かなり多い号もありましたが、平均5~6割程度。それに比べ、「ファン通信」は平均9割。

「ファン通信」は「日本男子応援ブック」と路線はほぼ同じ。「ファン通信」は後発ですから、「羽生本」の草分け的存在で、すでに固定ファンがついていた「応援ブック」と同じことをしていては勝てません。より羽生ファンを惹きつける魅力で差別化する必要がありました。

そこで、「応援ブック」より、ゆづ成分を多くして、写真の質をよくする・・・という戦略をとりました。そして、これが当たった。「応援ブック」のファンの相当数が「ファン通信」に流れたのです。私もその一人でした。あれだけありがたがっていた「応援ブック」が、「ファン通信」がでたとたん、色あせて見えた。「ファン通信」のインパクトはそれほど大きいものでした。

ソチ五輪以降、羽生人気に便乗した、様々な新規のスケート誌が出版されました。「銀盤の王子さま」だの「フィギュアスケートプリンス」だの、似たような名前の雑誌が出ては、消えていきました。その中で、「ファン通信」は、ぶっちぎりの勝ち組だったのです。


すみません。長くなってきましたので、次回に続きます。


2012canada
17歳の結弦くん。5年たっても、今も可愛いままですね。


参加してます。よろしければポチっと応援お願いします♪

人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2017/10/11 12:45 | CM・雑誌・商品情報(2017-2018)COMMENT(6)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

よくぞ、ここまで調べましたね

今のスケート雑誌は、羽生選手なしでは、作れません。
書店に行くと、羽生選手表紙の雑誌が、ずらり。
購買意欲そそられるものばかり。
財布のひもゆるみ、買うのですね。
羽生選手、引退したら、廃刊が、どんどん出る?
羽生選手一人ですごい、経済効果ですね。
私は、買わずに立ち読みです。
売上貢献しなくて、すみません。

No:7553 2017/10/11 21:14 | ミッチー #cRqIULZ2 URL [ 編集 ]

ミッチー 様

ミッチーさん、こんにちは。

>私は、買わずに立ち読みです。
>売上貢献しなくて、すみません。

スケート誌買って売り上げに貢献しても、結弦くんに印税が入るわけじゃないんですよね。
結局、ファンが自分が欲しいから買ってるだけ(笑)

コメント、どうもありがとう♪

No:7554 2017/10/11 23:42 | みずほ #o/PXu/q6 URL [ 編集 ]

みずほさん♫
応援ブックの創刊号私が初めて買った
羽生本です♫
ソチで初めて羽生くんを知った私は
羽生くんが表紙の本は全て買っていましたがだんだんと羽生くん成分が多いのがいいと思う様になって 応援ブックを欠かさず買ってました!

でも ファン通信が出る様になってから
応援ブックよりファン通信になってしまいました。 やっぱり写真が綺麗だったから 応援ブックは羽生くんだけだったのがだんだん宇野君も推すようになって来たし 私は羽生くんだけのファンなので 羽生くんだけ押しの通信が大好きだったんですけどね〜

寂しいな 羽生くんだけ通信戻って来て

No:7555 2017/10/12 00:06 | みかりん #- URL [ 編集 ]

みかりん 様

みかりんさん、こんにちは。

>応援ブックよりファン通信になってしまいました

そういう人、多いと思います。いつのまにか「通信」が「月刊羽生」の代名詞になってしまいました。

>宇野君も推すようになって来たし

彼を推すというより、半分~6割を結弦くん、残りは他の(日本)男子で構成するという感じでしょうか。その中で、一応日本男子の二番手だから、宇野選手が多いというのはあったでしょうね。

>羽生くんだけ通信戻って来て

直接担当者に聞いて、「無理です」とはっきり言われてしまったので(笑)、たぶんもう無理かと。「通信」も、次号が正念場かな(笑)

コメント、ありがとうございました♪

No:7556 2017/10/12 12:55 | みずほ #o/PXu/q6 URL [ 編集 ]

みずほさんリサーチごくろうさまです。

カッティングエッジは、同級生3人の対談があったり面白かったのにな~。この頃織田さんは、結弦君とジェネレーションギャップを感じるって言ってた記憶があるんですけど、いつ頃仲良くなったのかしら?

老舗のWFSは、コスパ的には悪いんですが、やっぱり写真がすごく綺麗だと思います。節目のを買っとくと、読み返した時に、この時はこんなスケーター達と戦ったんだってわかる所がよい所かな~。(と言っても5冊しか持ってないですけど💦)
ニースのワールドとかはお宝ですね。あと新ロミジュリの表紙とか「神」ですね。ヘルシンキのワールドのも買いました。表彰式でのホプレガ衣装と花束のコラボ写真1枚のために(笑)
でも似た写真が、はごろもカレンダーの卓上にありました💦

なんか本題とずれたコメントでごめんなさい。懐かしくて昔の雑誌を見てしまいました。

No:7558 2017/10/12 20:54 | リラ #- URL [ 編集 ]

リラ 様

リラさん、こんにちは。

>カッティングエッジは、同級生3人の対談があったり面白かったのにな

今のクワドラプルより、カッティングエッジのときの方が好きでした。同級生対談もよかった。CEは4冊ほどしか買ってないけど、今でも残してます。

>コスパ的には悪いんですが、やっぱり写真がすごく綺麗だと思います

WFSの写真の美しさはさすがですね。WFSは顔の歪んだジャンプの写真は絶対載せません。写真選びにも、スケーターへのリスペクトを感じます。

>ニースのワールドとかはお宝ですね

あの号は今となってはお宝ですね。中の羽生成分は少ないけど(笑) あとDays、必要な分だけカラーコピーしてほとんどオークションで処分してしまったけど、結弦くんが初めてDaysで表紙を飾った号だけはおいてます。私服での笑顔が素敵なのです。

>はごろもカレンダーの卓上にありました

4月の写真でしょうか?(笑)

コメント、どうもありがとう♪

No:7561 2017/10/13 09:26 | みずほ #o/PXu/q6 URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |