羽生選手 3回目の公式練習&SP滑走順でました!

結弦くん、今日の調整は軽めでした。

羽生結弦 3度目の公式練習は軽めの調整 SPを意識しての滑り (20180214 スポニチ)

 右足首の負傷から復活を期すフィギュアスケート男子の羽生結弦(23=ANA)が14日、江陵アイスアリーナのサブリンクで、韓国入り後3度目の公式練習に参加した。

 16日に行われるショートプログラム(SP)を意識して滑り、ジャンプは計4本跳んだ。トリプルアクセル(3回転半)と4回転―3回転の連続トーループを着氷。4回転サルコーは2度跳んで、1回は成功、1回は転倒した。前日は4回転ジャンプ計5本に成功するなど計21本のジャンプを精力的に跳んだが、この日は軽めの調整だった。


この4本のジャンプの内訳は、朝日の後藤さん情報に寄れば、以下のとおり。

3A、4Tー3T、4S(転倒)、4S(イーグルで出る) 


連覇目指す羽生は最終組1番滑走に 宇野も最終組 田中は4組(20180214 デイリースポーツ)

 「平昌五輪・フィギュアスケート男子・SP」(16日、江陵アイスアリーナ)

 滑走順抽選が14日行われ、連覇を目指す羽生結弦(23)=ANA=は25番に決まり、最終5組の1番滑走となった。

 昨季世界選手権2位の宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=は最終組4番目の28番、田中刑事(23)=倉敷芸術科学大大学院=は4組4番目の22番滑走に決まった。

 他国では、今季GPファイナル王者のネーサン・チェン(米国)が羽生の次の26番、ミハエル・コリャダ(OAR)が27番、元世界王者のハビエル・フェルナンデス(スペイン)が29番に決定。最終30番目は四大陸選手権を制した金博洋(中国)に決まった。




結弦くんは最終グループの一番滑走。
ソチ五輪のときは、最終グループではなく第4Gで、やはり一番滑走でした。
なので、結弦くんは、1番滑走にはいいイメージをもってるのではないでしょうか。
ネイサン、よりによって結弦くんの後か。プーの雨・・・ちょっと同情するかも。


20180214公式練習
また美人度最高得点更新♪


参加してます。よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2018/02/14 16:50 | オリンピック(2016-2017)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |