平昌五輪フィギュア疑惑の採点と裏事情 ~田村明子氏コラムより
先日の中国ジャッジへの処罰について、田村さんのコラムあがってきてます。

平昌五輪のフィギュアで疑惑の採点。中国人ジャッジが処罰された裏事情。(20180627 Number Web)

 ISU(国際スケート連盟)は6月19日、平昌オリンピックのペアと男子の採点において、中国ジャッジに不適切な採点があったとして、2人のジャッジに懲罰を科したことを発表した。

 これまで何度かフィギュアスケートで「不正採点」が問題になったことはある。だがそのいずれもが、ジャッジ同士の裏交渉、あるいは競技中にジャッジ同士がコミュニケーションを取ろうとしたというような、わかりやすい「不正」行為だった。

 今回の2人の中国ジャッジに対する罪状は「ナショナルバイアス」(自国贔屓)で、男子ではジャッジのチェン・ウェイグアンが選手のボーヤン・ジンに対し、またペアではジャッジのフアン・フェンが選手のウェンジン・スイ&ツォン・ハンに対し、他のジャッジに比べて極端に高い点を出したことが糾弾されたのである。

「どのジャッジもバイアスはある」

 ナショナルバイアスというものの存在は、これまで暗黙の了解だった。自国のジャッジが抽選にはずれて大会のジャッジパネルの中に入りそびれると選手にとって不利になることは、採点スポーツでは常識である。

 2004年秋から正式に施行された今の採点方式の作成に大きな役割を果たしたISUメンバー、カナダのテッド・バートンはかつて筆者にこう語ったことがある。

 「ナショナルバイアスは全ジャッジにある。どのジャッジも、自国の選手を出来るだけ高い順位につけるために送り込まれてくるのです。だからこそ、一国ではなく複数のジャッジで採点をするのです」

 身も蓋もないほど率直な言葉。問題は、どこまでが許容範囲内かということだ。
「どのジャッジも、自国の選手を出来るだけ高い順位につけるために送られてくる」というのは、あくまでも「選手の演技に見合った範囲内」でという条件付である。

 最終的に10位に終わった選手の演技に、1人だけ1位をつけるジャッジはさすがにいない。

 でもせめて9位か8位に押し上げたい、というのは自国ジャッジの親心。また自分を派遣してくれた国の連盟に対して「精一杯やりました」というアピールの意味もある。そのあたりの匙加減を、ジャッジたちは各方面からのプレッシャーを感じながら調整していくのである。

ISUには「OAC」という監視機関があるが……。

 もちろんジャッジは好きなように採点をし放題、という訳ではない。ISUの中に、ジャッジの採点を監視する機能は存在している。

 ISUの中の、「Officials Assessment Commission (OAC)」 という機関がそれだ。

 予め任命されたベテランジャッジたちが、各大会でジャッジたち全員の採点をモニターし、平均値と極端にかけ離れた採点があればそれをレポートしてきた。

 匿名希望のあるベテランISUメンバーは、こう説明する。

 「以前はジャッジが匿名制度だったため、OACはジャッジと採点をマッチさせることができなかった。そのためもあってナショナルバイアスが監視の対象になっていなかったんです」

 OACがモニターしていたのは、あくまでも平均値とかけ離れた採点だった。

 OACメンバーは、その疑問視された採点をどのジャッジが出したのか知らないまま、上部に報告する。それが誰の出した採点だったのかは、ISUの会長、フィギュア副会長、技術委員のみが把握していたという。

 そしてISU技術委員会から、そのジャッジに手紙が送られ、採点に対する釈明を求める。その回答いかんによっては警告が送られる仕組みになっている。これは、現在も続けられている監査機関である。

ナショナルバイアスでの処分は初では!?

 さて、今回中国のジャッジを罰したのはISUの中でも「Disciplinary Commission(懲戒委員会)」と呼ばれる機関だ。

 フィギュアスケートに限らず、ISU傘下のスピードスケート、ショートトラック、フィギュアスケートとアイスダンス競技に関わる全てにおいて、違法行為への処分の決定をする機関である。

 この懲戒委員会は立候補制でISUの選挙で選ばれ、現在のメンバーはオーストリア、ドイツ、オランダ、カナダ出身の4人。ドーピング違反選手の処分、ジャッジ間での裏談義などISUの倫理に反した行為に対する処分もここが決定する。

 だがナショナルバイアスでジャッジが処分されたというのは、筆者が知る限り今回が初めてのことである。

ジャッジの匿名制度が廃止されたために露呈。

 「2017/2018年にジャッジの匿名制度が廃止されたため、どの国のジャッジが各選手をどのように採点したかということが一目でわかるようになった。そのため、バイアス採点が把握しやすくなったのです」と前述のISUメンバーが説明する。

 2018年6月にセビリアで開催されたISU総会で、バイアス採点に対する明確なルールが設置された。

 だが平昌オリンピックはこのルール設置以前のことで、他のISUメンバーの告発により懲戒委員会が動いたのだという。

やりすぎた中国ジャッジ。

 平昌オリンピックでボーヤン・ジンはSP、フリーともに良い演技を見せたが総合4位に終わった。

 中国ジャッジはSPではジンに羽生結弦に次いで2番目のスコアを与え、フリーでは全ジャッジの中でもっとも高いGOEと5コンポーネンツを与えた一方で、最終的に2位、3位だった宇野昌磨とスペインのハビエル・フェルナンデスには、全ジャッジ中もっとも低いスコアを与えている。

 またペアではやはり中国ジャッジがスイ&ハンに高い評価を与えた一方で、優勝したドイツのアリオナ・サフチェンコ&ブルーノ・マッソ、3位だったカナダのメーガン・デュハメル&エリック・ラドフォードに全ジャッジで最も低い評価を与えている。

 自国の選手に突出した高い点を与えただけでなく、ライバルとなる選手の評価を意図的に低くしたとして摘発されたのである。

 男子シングルのジャッジだったチェン・ウェイグアンは2年間のジャッジ資格停止と、2022年北京オリンピックのジャッジパネルに入ることを禁じられ、ペアのジャッジだったフアン・フェンは1年間の資格停止処分となった。

ところが……今回の件に賛否両論の海外メディア。

 さて実はISUのこの処分、欧米のスケート専門メディアの反応は冷たい。

 『ウォールストリートジャーナル』が「フィギュアスケート報道でもっとも信頼できる名前」と絶賛したアメリカのスケートライター、ジャッキー・ウォンは「処分をするなら、1カ国だけではなく全てのジャッジを平等にしないと」とツイッターに書き込み、ベテラン記者のフィリップ・ハーシュも「まったく同感」と賛同した。

 その裏には、実は平昌オリンピックでのこうしたバイアス疑惑のある採点は中国だけではなかったという事情がある。

 カナダのアイスダンスジャッジは、自国チームのライバルだったフランスのガブリエラ・パパダキス&ギヨーム・シゼロンに全ジャッジの中で最も低いスコアを与えている。もっとも最低スコアと最高スコアは全体の採点から削除されるため、直接的な影響はなかったとはいえ、カナダのテッサ・ヴァーチュー&スコット・モイアは僅差でフランスを振り切って金メダルを獲得した。

 またNBCスポーツは男子シングルの採点で、「(自国選手贔屓なのは)彼女だけではない」としながらも、アメリカのジャッジが自国選手3人に極端に高いスコアを与えたことを指摘している。

 だがいずれのジャッジも処分されるには至っていない。なぜ中国のジャッジだけが、という声は内部関係者の中でも少なくないのである。

 今後ISUが、ジャッジのナショナルバイアスをどこまで取り締まっていくのか、注目される。
(「フィギュアスケート、氷上の華」田村明子 = 文)



中国ジャッジの処分については、裁定がでた直後から、疑問の声が噴出していました。アメリカもカナダも、えげつないことしてるのは皆知ってますからね・・・。









私は、2017年の四大陸も、ロステレも、本来の優勝者は結弦くんだったと確信しています。あの謎採点も、平昌五輪への布石だったのでしょう。今にして思えば、布石が敷かれていると感じていたからこそ、結弦くんは「圧倒的に勝ちたい。五輪はそうでなければ勝てないから」と言っていたのかもしれません。四大陸やロステレであんな採点されるなら、五輪になれば、もっと露骨な点数操作がされるのは火を見るより明らかだからです。ショートで派手にやらかして、もう絶対ネイサンが表彰台に立てないのがわかっていても、こんなあからさまなバイアス採点してくるんですものね・・・。そういえば、「採点競技は政治力だ」と堂々と言ったのはアメリカでしたっけ(笑)

2017年のワールドのフリー。世界最高得点を出したものの、明らかに点数は抑えられていた。平昌のショートも、世界最高得点を更新しても不思議ではない出来でした。本来、五輪は通常の試合より、点数がインフレするものだからです。

こんなことは言ってはいけないのでしょうが、ネイサンが平昌でやらかしてくれたときは、内心ホッとしました。四大陸やロステレの採点が心に引っかかっていたからです。もちろん、ネイサンの責任ではないのはわかっています。しかし、これからもネイサンと一緒に試合に出るたびに、点数操作が行われるのかもしれないと思うと、ネイサンには悪いけれど、彼を応援する気にはなれません。羽生ファンはお人好しが多いので、ネイサンに好意的な人がけっこういるようですが。

中国ジャッジのしたことは、悪いことには違いありませんが、フィギュア後進国であるがゆえに、やり方が下手だっただけ・・・という印象です。カナダやアメリカは、もっと巧妙です。そして・・・もっとISUに対して力をもっている。

Amber_Tanさんの言うとおり、これでは、結弦くんの引退とともに、羽生ファンのほとんどは去っていってしまうでしょう。中国ジャッジを罰するなら、他にも罰するべきジャッジはいる。茶番劇に付き合えるのは、ただただ結弦くんが現役でいてくれるからですよ・・・。

新ルールは、結弦くんに有利だと言われています。私もそう思います。でも、それはあくまでも「正しく運用された場合」です。どう運用されていくのか、私達ファンも、しっかり監視していかないといけないですね。

GPSの中国杯の突然の辞退は、中国ジャッジへの裁定が理由ではないかともいわれていますね。本当のところはわかりませんが、不自然なことには裏がある・・・というのが、私の今まで生きてきた経験上からもっている信念です。今後、ボーヤンはじめ中国選手が不利な立場におかれないといいのですが・・・。


参加してます。ポチっと応援お願いします♪

人気ブログランキングへ

関連記事

トラックバックURL http://bltraveler.blog63.fc2.com/tb.php/2666-35f445ed
コメントを見る コメントを書く トラックバック