羽生結弦の「捨てる」決断 ~松岡修造の「弱さをさらけだす勇気」より

修造さんの「弱さをさらけだす勇気」を読みました。
どういう内容かというと、修造風自己啓発本です。
修造さんらしい、暑苦しさ一杯の本でした(笑)
結弦くんについても触れてるので、少し感想など。


 ← アマゾンサイトへ


結弦くんについては、序章部分で20ページほどに渡って触れています。
その中で特に印象に残ったのはこの言葉。

「捨てる」決断で本当の自分が見えてくる

「平昌オリンピックは、捨てて、捨てて、捨てる作業をしてきた大会でした」
「連覇のためだけに幸せを捨てました」
「捨てることにより結晶がどんどん削られていき、最後は本当に小さな金メダルの結晶になりました。何をすれば勝てるかを、明確に見ることができました」


連覇のために、結弦くんが捨てたものはたくさんありました。それは、友達に会いたい、遊びたい、大好きなゲームをやりたい、という日常的な欲、普段の生活の中での楽しみです。そして、平昌五輪では、苦労をして習得した四回転ルッツや四回転ループを捨てました。自分の技術を限界まで出し切って戦うという、長年持ち続けてきた自分の信念をも捨てる感覚だったかもしれません。もちろん、そんな決断ができたのは、ソチからの4年間で自分の「引き出し」を増やし、選択肢を多くもっていたから。あの身体の状態で組める最大限の構成で、ほぼ望みうる最良の演技ができたこと。自分自身に打ち勝った達成感を、演技後「勝った!」と表現したのですね。

「あれもこれも」と人は欲張りなものですが、与えられた時間は皆平等であり、すべてを得ることは難しい。欲しいものが大きければ大きいほど、他は取捨選択をしなければならない。私が、彼について以前からすごいと思ってることのひとつが、彼がこの取捨選択の「優先順位」が常にはっきりしていて、何があってもピりとも揺るがず、そしてその「優先順位」を絶対間違えないということです。才能があり、「優先順位」を間違えなければ、もっと実績が残せたのでは・・・と、もったいなさを感じる日本人スケーターは、思い浮かぶだけでも何人かいます。でも、ちょうど遊びたい盛りの年代。誘惑はたくさんあります。高校時代は、誘惑を断ち切るために携帯電話すらもっていなかったという徹底ぶりに、羽生結弦の凄みを感じるのです。

少しずつ不要なものを削っていって、怪我をした後は、息抜きのゲームすら断った。そして、必要最小限のものだけで作り上げた結晶が金メダルだった。「捨てる」決断で本当の自分が見えてくる・・・これは一種の「人生の断捨離」だなと思いました。

実は今、まったりペースで少しずつ「断捨離」をしているのですが、確かに「捨てる」という作業をしてると、本当に自分に必要なものが見えてくるのです。「今の自分にとって何が必要か」という優先順位を決めなければならないからです。「置けるスペース」が狭ければ狭いほど、捨てるものは多くなる。「これは高かったからもったいない」とか「もしかしたらいつか使うかも」とかの雑念を捨てなければ、断捨離はなかなか進まない。究極に「今の自分」と向き合う作業だなと思います。ましてや「モノ」ではなく、彼がしてきたのは「人生」における断捨離・・・それをあの若さでできてしまう意志の強さとクレバーさが、そもそも規格外だなと思うのです。

ジェフが、CWWのインタビューで、結弦くんについて「結弦の才能は、僕らへの贈り物であり、(彼は)才能の活かし方が素晴らしい」と言っていました。トレイシーも、数年前に、結弦くんのことをこう言っています。「才能があっても、それを活かせないスケーターが多い。結弦は、神様から与えられたギフト(才能)を最大限に活かすことができる。それが彼の最大の才能」と。

もって生まれた美しい容姿やポテンシャル・・・神様はたくさんのギフトを結弦くんに与えました。でも、彼がもっとアホの子だったら、せっかくのギフトが宝の持ち腐れになったかもしれないわけで・・・彼の最大の武器は、あのクレバーさかもしれないとすら思います。

捨てて、捨てて、捨てた先に手にいれた金メダル。五輪二連覇。1000個目の金メダルというオプションまでついて、二度目の紫綬褒章に国民栄誉賞。更には、全部門における世界最高得点の「HISTORIC RECORD」。この先に、さらに何が待っているのか、とても楽しみではあります。

それ以外では、ソチのときは「オリンピックの魔物に負けた」結弦くんが、平昌では「魔物に助けられた」というところも、興味深かったです。修造さんは、自分自身やいろいろなアスリートについて言及されていますが、フィギュアスケーターでは、結弦くんと宮原さんだけでした。

他のアスリートにも、結弦くんとオーバーラップするというか、重なる部分があり、結弦くんとの共通点を探しながら読んだので、最後まで楽しく読めました(笑) その「共通項」については、また時間があれば、記事にします。


201802-063


参加してます。ポチっと応援お願いします♪

人気ブログランキング

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2018/08/18 07:55 | テレビ番組・コラム(2018-2019)COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

更新ありがとうございます

田中さんの講座で、田中さんが「同じ時代に彼(のような被写体)と出会うことができて幸せ」
と言ったそうですが、それはファン全部の気持ちですね。

彼は休まない、オフをとらない、体調がよくない時も精神はぶれずに目標に向かってる。
驚くべきことです。二度の金メダルのあと、休息をとらないわけですから。
どのように努力しても同じ時間は取り戻せないことをよく知ってるんです、あの若さで。もしかすると、震災の経験が大きいのかな、と思う時もあります。
織田さんが「個人的に食事を誘うような事はない、その時がくればいつでも誘うから」
お、わかってるなこの人は。さすが関大監督。

私は断捨離が必要な年齢なのですが、なんだかよくわからないゴミをかかえていつも「明日やればいいや」となってしまいます。

外国の解説や報道が羽生さんに敬意を表するのは、彼が礼儀正しいだけじゃなくブレない姿勢をたもってるからです。

バドミントンの桃田選手が賭博場への出入りから一年の謹慎処分を経て、ふっきれたように活躍できてるのは、厳しい処分をくだしたバド協会の判断にありますね。関係ないかもしれませんが、桃田選手も23歳なので、つい・・・・

最近いろんな連盟や協会の不祥事が表ざたになっていますが、大人もしっかりしてほしいです。

No:9040 2018/08/18 23:11 | みつばち #- URL [ 編集 ]

みつばち 様

みつばちさん、こんにちは。

>どのように努力しても同じ時間は取り戻せないことをよく知ってるんです、あの若さで。

「若い頃もっと勉強してればよかった」と思っても、もう一度若くなることはできません。それと同じ。スケーターの選手寿命は短い。それを彼はあの若さでわかっていて、スケーターとしてのビジョンを子供の頃からたて、果たすべきミッションを着々とクリアしていってる感じです。五輪金メダルも、二連覇もクリア。とうとう11歳のときにテレビのインタで話していた「4回転半や5回転をしたい」というミッションを果たす段階にまできたわけです。

織田さんが「自分は現役で結婚したけど、若い選手に相談されたら、現役の間は結婚は勧めない」と言ってるのを知ったとき、セカンドキャリア順調で、幸せな結婚生活を送ってる織田さんですら、現役時代の自分に悔いが残っているんだなと思いました。結弦くんを間近で見てるから、なおさらそう思うのかもと。普通の選手が引退して見えてくることを、子供時代から見えていた結弦くんが特別なのでしょうね。

>個人的に食事を誘うような事はない

テレビで「何度食事に誘っても断られる」と言っていた安藤さんは空気が読めてませんよね(笑) 悪気はないのでしょうけど。

>「明日やればいいや」となってしまいます。

私もまったり長期計画での断捨離ですよ(笑) 何年か前に大きな病気をしたとき、「結弦くんの二連覇を見届けるまで死ねない!」「しまった! 墓じまいしてない!」と同時に、頭に浮かんだのが「あのオタコレクション(他の人にとってはゴミ)をどうしよう」でした(笑) 

結弦くんは、震災を経験して、中国杯の衝突で死も覚悟して、心ないバッシングで「何度も死のうと思った」人です。あの若さで、世界的レジェンドなのに、「死」を意識することが何度もあった人。年齢以上に老成した部分があるのは、そういうことも影響してるのでは。

>バドミントンの桃田選手

まだやり直しがきく年齢で、天狗になった鼻を一度へし折られたのは、長い目でみればよかったですよ。Numberで、清原の「告白」の一部を読んだことがありますが、つくづくそう思います。勘違いしたあげく、オッサンになってからの転落は辛いです。

コメント、どうもありがとう♪

No:9041 2018/08/19 09:31 | みずほ #o/PXu/q6 URL [ 編集 ]

みずほさん、こんにちは

修造さんも「引退するまではプライベートのお誘いしない」のをわきまえた大人でしょうね。

「若いうちにああしておけば」たいうのはまず「資金難」が立ちはだかるものですが、羽生くんは幸いにもスポンサーがついて、セルフコントロールの比重が高まりましたが、バドの桃田選手のように誘惑に負けることなくひたすら「捨てる」ことに腐心してきた…思わず拝みたくなる心境です。
修造さんの本、読んでみたくなりました♪

昨日、小松原コレト組のクラファン締切りだったのですが、めでたく希望金額の一割増しでフィニッシュ(連盟との取り決めで、一定額以上は集められないようですね)!よかったよかった(o^-^o)
若きカップルに、日本のアイスダンス普及のため邁進してほしいです。

No:9042 2018/08/19 11:07 | なすか #- URL [ 編集 ]

なすか 様

なすかさん、こんにちは。

>羽生くんは幸いにもスポンサーがついて

世選で銅メダルを取った後も、東北高校が在学中はスポンサー禁止だったため、ANAのスポンサードを受けるには卒業を待たないといかなかったわけで、それまでは奨学金があるとはいえ、大変だったでしょうね。実質、日本の場合は、経済的に裕福な子供達のおけいこ事の延長になってる状態で、それで、これだけ世界で戦えてるのはすごいことかもしれません(笑)

>小松原コレト組のクラファン

図書館でLifeを借りたら、ちょうどかなクリのインタが載っていました。スケ連の強化費と木下のサポートと実家の援助で続けているが、海外でトレーニングをするのはお金がかかって本当に大変だと、村元さんが言っていました。koko組はクラファン成功で明るい話題ですが、対照的にかなクリは今後どうするのかな・・・と思いました。日本はペア競技の練習ができる環境がないので、お金の問題は深刻ですよね。

コメント、どうもありがとう♪

No:9043 2018/08/19 16:07 | みずほ #o/PXu/q6 URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |