今日(2/11)はゆづ平昌到着記念日 & ゆづが宮城県スポーツ賞を受賞 ほか

今日、2月11日は、結弦くんが1年前平昌に到着した日でございます。ケガの回復状況がベールに包まれていた彼が、3ヶ月ぶりに公の場に姿を現した日でもありました。



2月11日は建国記念日でもあります。日本の期待を一身に背負う若武者が一世一代の勝負の地に降り立った日が、日本の建国を祝う日であったということにも、五輪二連覇達成の暗示を感じます。

そのときの模様を振り返ってみましょう。1年前だけどなつかしいですね。




20180211平昌到着


昨日の記事とも関連しますが、結弦くんに関係した紀平さん情報です。

紀平梨花、4回転は羽生流サルコー 来季挑戦へ“世界一美しい技”研究(20190211 スポーツ報知)

◆フィギュアスケート 四大陸選手権(米国・アナハイム)

 【アナハイム(米国)9日=高木恵】8日に女子で初出場優勝した紀平梨花(16)=関大KFSC=が9日、会場で取材に対応。来季投入を視野に入れている4回転サルコーについて、五輪連覇の羽生結弦(24)=ANA=の“世界一のサルコー”を手本に磨きをかけていく考えを明かした。シニア転向後初めて同じ大会に出場する3月の世界選手権(さいたま)で、絶対王者のジャンプを目で学ぶ。

 4回転サルコーの来季投入へ、紀平が羽生に学ぶ。今季開幕前、羽生のジャンプコーチを務めるジスラン・ブリアン氏に指導を仰ぐ機会に恵まれ「世界一美しい」と評価される羽生のサルコーを手本にするよう言われた。動画を見て研究していることを明かし「こういうふうに跳べればいいなというのが出来上がっている」と手応えを口にした。

 ブリアン氏からはサルコーの踏み切りについて助言を受けた。「ほぼ左足だけで跳ぶものと、右足にも体重をかけながら両足で跳ぶものがあって。羽生選手の跳び方が私が変えた後の跳び方で、ネーサン・チェン選手は変える前の跳び方」と説明した。

 昨年8月のスイス合宿から新しい踏み切りにトライ。慣れるまでに時間を要し、3回転にも苦戦した。「初めは全然跳べなくて、4回転もなかなか挑戦しようという気にならなかった」ものの、反復練習を繰り返して土台が完成。1月の米コロラド合宿では、以前からたびたび決めていたトウループに加え、サルコーも降りるまでになった。

 過去に試合で4回転を決めた日本女子は安藤美姫だけだが、昨年3月の世界ジュニア選手権で当時13歳のアレクサンドラ・トゥルソワがサルコー、トウループの2種類を成功。12月のロシア選手権では同14歳のアンナ・シェルバコワが高難度のルッツを決め、平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ(いずれもロシア)を破って優勝した。

 SP、フリー合わせて3本の3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)を跳ぶ紀平でさえ「どういう時代が来るか分からない」と危機感を口にする。3月の世界選手権では、シニア転向後初めて羽生と同じ大会に出場する。「じっくり観察してみたいなって思います」。22年北京五輪金メダルを最大目標に掲げる16歳が、絶対王者の滑りを目に焼き付ける。(高木恵)



結弦くん、宮城県スポーツ賞特別功績賞受賞、おめでとうございます!

「受賞を励みに」 宮城県スポーツ賞 仙台で授賞式(20190211 河北新報)

県スポーツ合同表彰式が9日、県庁講堂であった。平昌冬季五輪フィギュアスケートで男子連覇を果たした羽生結弦選手(ANA、東北高出)や、アジア大会ゴルフ男子団体優勝の米沢連(東北福祉大)ら個人13人と1団体が特別功績賞を受賞した。

【特別功績賞】 個人 羽生結弦、他12名



Minori Shimizuさんは、羽生ファンの美術家さんです。







芸術に携わる人達に、結弦くんの評価が高い、ファンが多いのは周知のことです。世界で一番最初に結弦くんのファンサイトができたのは、芸術の国・ロシアでした。多くは語らなくても、それがすべてを物語っていると思います。

TLで話題になってるSPARKSの内村さんの発言については後日に。


20180217ゆづとタラソワ


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2019/02/11 13:45 | その他(2018-2019)COMMENT(6)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

一年前ですね

一年前、この映像を見た瞬間に勝つ、勝つ!と思いました。懐かしい。
まさに王の登場でしたね。
載せていただいてありがとうございます。

四大陸の夜に内村くんの放送が流れたのも運命かしらと思いました。一流は一流を知る、ですね。

Minori Shimizuさんの絵も、もし見る機会があれば行ってみたいです。
ペイトンさんのYuzuruも、会場で見てきました。写真より淡い色彩の素敵な絵でした。

No:9971 2019/02/11 18:26 | monaka #- URL [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No:9972 2019/02/11 22:22 | # [ 編集 ]

紀平選手の4S記事を読んで、かつて野口氏が3Aを宇野選手を参考にしているとライターに有るまじき大嘘をついていた事を思い出しました。
3Aに関しても何処かのメディアで羽生選手を参考と記事にしていた筈なのに
その様な大嘘をついたのだから、この様にスポーツ報知で記事にされても
紀平選手が4Sを成功させたらしれっと嘘をつきそうな気がします。

4大陸は仕事の為男女全てライストもTVも見られませんでした。
宇野選手の演技、見たくはありませんが見ずにあれこれ言うのも何ですし
世界新採点というのでどれだけ「ノーミス風味」に見せかける事が出来たのかと
確認したく動画を見たのですが、相変わらずな技術の上、素人目に見ても
明らかな着氷ミスもあったというのに世界新。
他選手、特に羽生選手が同じ着氷ミスをしたら下げまくるのだから
本当に始末に負えない。
宇野選手だけはコケさえしなければノーミス扱いなのでしょうね。

4大陸についてニック氏がツイートでつぶやいた事が意味深と
話題になっている様です。⇓

The Shoma must go on
Shoma me the money
Shoma me what you got

No:9974 2019/02/12 00:52 | アテナ #- URL [ 編集 ]

monaka 様

monakaさん、こんにちは。

>ペイトンさんのYuzuru

ペイトンさんの絵はなんとかワールドの会期中に間に合いそうなので、ワールド遠征中に見に行きたいと思っています。あと、横浜の報道写真展も。

結弦くんのMAD動画多いですし、ツィッター上でも結弦くんの絵を描いてる人が多いですね。創作活動をする人にインスピレーションを与えてくれる存在なんだと思います。

コメント、どうもありがとう♪

No:9975 2019/02/12 05:27 | みずほ #o/PXu/q6 URL [ 編集 ]

ク〇〇〇〇〇 様

ク〇〇〇〇〇さん、こんにちは。

>感謝のコメントは いろんなところで 語ってますよね

どれだけスーパースターになっても感謝を忘れない謙虚さが彼の最大の美徳だと思います。これはできそうでなかなかできないことです。ご両親の教育のたまものでしょうか。

>フィギュア大会の異常事態を思うと
>評価させたくないです
>マスコミ何にも 信用できない

まともなジャッジをしてないのにすぐに「ゴエ~」ですしね。スケ連もそうですが、ISUにも自浄作用がないみたいだし、もう競技ではなくなってしまいました。ストイコが言うように、まだ旧採点に戻った方がマシかもしれません。

コメント、どうもありがとう♪

No:9976 2019/02/12 05:36 | みずほ #o/PXu/q6 URL [ 編集 ]

アテナ 様

アテナさん、こんにちは。

>野口氏が3Aを宇野選手を参考にしているとライターに有るまじき大嘘をついていた

野口さん、結弦くんの方が先に引退すると踏んで、あちらに取り入ろうとしてるんでしょうか(笑) 野口さんもクリケットに出入りしてたことで美味しい仕事にありつけたわけですが、本当に女性フィギュアライターの質はどうしようもないですね。「夢を生きる」の編集協力が、野口さんでなく永井順子さんだったのはよかったと思います。永井さんはマトモみたいなので。

>3Aに関しても何処かのメディアで羽生選手を参考と記事にしていた筈

たぶん、それも報知ではないかと。報知の女性記者もマトモです(笑)

>宇野選手だけはコケさえしなければノーミス扱いなのでしょうね
>4大陸についてニック氏がツイートでつぶやいた事が意味深と話題

そのようですね。フィギュアは、大きな事務所に入ってるタレントが、実力がなくてもロビーと裏金でごり押しされる芸能界みたいになってきましたね。最近、結弦くんの「圧倒的に勝たなければならない」という言葉の裏に隠された真の意味がわかってきました(笑)

コメント、どうもありがとう♪

No:9978 2019/02/12 06:16 | みずほ #o/PXu/q6 URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |