中国シチズン動画第二弾!& 西川羽毛キャンペーン情報

西川の羽毛ふとんキャンペーン情報と中国シチズンの新インタ動画きました。








シチズンさん、第一弾と、今回の第二弾まとめて。




東京五輪の聖火点灯について → 何も決まっていない
SNSの開設予定 → ありません
スケートとプライベートのギャップ → 特に使い分けていなくて自然にそうなる
中国に来る予定は → 試合やショーでいくことがあればと思っている


将来的には、FaOIやCWWの中国公演とかやるつもりなのかな?
結弦くんが中国でショーするとしたら、やっぱり座長ショーでじゃないかな。結弦くんのショーギャラはかなり高額らしくて、カナダのSOIも本当は結弦くんに出てほしいけど、ギャラが高額すぎて呼べないと。ハビも同じようなこと言ってたな。アリさん曰く、結弦くんにショーに出演してもらうのは、すべての興行主の夢だそうだけど、やっぱり高額ギャラがネックらしい。


能楽師の奥様の視点からの羽生結弦論。


 羽生には役者も顔負けの演技力が備わっている。能に例えるなら久石 譲の Asian Dream Songで世界最高得点を記録した「Hope and Legacy」は「神」、Princeの名曲でニューヨークタイムズの一面を飾った「Let's Go Crazy」は「男」、「Notte Stellata(The Swan)」は「女」だろうか。2012年ニース世界選手権の「Romeo + Juliet」で見せた狂恋の演技は「狂」の極みである。能役者は装束(しょうぞく)、面(おもて)の力を借りて役に変化(へんげ)する。衣装の力もあるだろうけれど、羽生の、顔立ちまで変わって見えるほどの憑依系の表現には感嘆してしまう。アスリートであると同時に役者であり表現者として稀有の才能の持ち主であると思う。


どなたかが「羽生くんは、あのちょっとイッちゃってるとこがいいねん」と言ってましたが、羽生結弦の魅力の本質をズバリ言い当ててると思いました。天才にしか持ちえない狂気が見るものを巻き込んでいく。羽生結弦のもつ毒性にはすさまじい中毒性があって、一度嵌るとどうあがいても抜けることができない。そして、これは他の誰かが真似しようと思っても、絶対できないものです。

能楽師の旦那様が舞台を降りると宣言したときのお話も興味深いです。


 私には完璧以上に見えた「黒塚」は光太郎にとっては納得のいかないものだった。
 見る者にはわからない衰えを感じていたのだろうか。主役を演じるために生まれ、舞台の上で死にたいに違いないはずの男が、みっともないところを見せるぐらいなら死んだほうがましだという。
 私には返す言葉がなかった。





私は、以前から、結弦くんのスケートとの向き合い方は武士道に通じるものを感じてるの。
「命を削ってスケートをしてる」と言っていたこともあった。
「負けは死も同然」・・・そりゃそうだろう。命を削る思いでスケートを向き合っているのだから。

イチローは、引退は野球選手としての死だと表現してきた。イチローにとって、野球は自分の生きるモチベーションの全てだったのだと思います。能楽師の旦那様も同じ思いだったのでしょう。でも、自分の衰えを感じたとき「みっともないところを見せるぐらいなら死んだほうがましだ」と舞台を降りる決心をした。「負けるくらいなら、辞めろと思っている。無様な姿は絶対見せたくない」という結弦くんの美学とも通じていると思います。


201910西川羽毛布団キャンペーン


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2019/10/21 19:20 | スポンサーCOMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

ありがとうございます

はじめまして
太田龍子です。
この度は私のエッセイをご紹介いただきありがとうございました。
「ちょっとイッっちゃているところがいい」
共感しました。
どこかに狂気じみたところがないと役者は面白くない、と言った人がありましたがその通りだと思います。

No:11351 2019/10/24 00:49 | 太田龍子 #- URL [ 編集 ]

太田龍子 様

太田龍子さん、はじめまして。

コメントいただき恐縮です。
こちらこそ、素晴らしいエッセイをありがとうございました。

フリーのフィニッシュの瞬間、太田さんはこう書かれていますね。

まったく知らない人にこれは宗教で羽生はその神なのだと説明したら信じただろう

ワールドは現地組でしたが、オリジンのフィニッシュの瞬間、会場全体を巻き込んだあのトランス状態は今まで経験したことのないものでした。私も何か無我夢中で叫んでいたような気がします。FaOIの富山公演の大楽で特別プログラムとしてオリジンを演じたときも同じ状況でした。これほどの熱狂を生み出せる人は彼以外には、今後もフィギュア界ではでてこないでしょう。

海外のファンが、彼の写真に向かってイスラム教祖のアラーの神に対するように拝んでいる写真がSNSで上がっていましたが、まさにフィギュア界の”神”的存在になっていますね。

>どこかに狂気じみたところがないと役者は面白くない

言い方があれですが「狂気が伝染する」みたいな感じかなと。そんな彼だからこそ、見る人を狂わせることができるのではないかなと思います。

断りなく紹介して大変失礼いたしました。
コメントいただきとても嬉しいです。

本当にありがとうございました。

No:11355 2019/10/24 09:46 | みずほ #o/PXu/q6 URL [ 編集 ]

感謝

こんにちは

みずほさんがご紹介された、太田さんのエッセイを拝読しました!
私も現地組でしたから、あのフリーの日の熱狂がまざまざと蘇ってきました!(ピョンチャンも現地でしたが、たまアリの方が凄かったかもしれません)
もう、言葉では表せないほどの、圧倒的なエネルギーの渦に巻き込まれていきました。
実は、私もフィニッシュで鬼の姿を見たと思ったんです。

みずほさんのお蔭で素晴らしいエッセイを読むことができました。有難うございます。

又、著者の太田さんがこちらにコメントされていて、感激いたしました。このような素晴らしいエッセイを発表してくださり、嬉しくてたまりません。
太田さんはフィギュアにも造詣が深くていらっしゃるのですね。

No:11360 2019/10/24 22:34 | あお #Q3cyE8.I URL [ 編集 ]

あお 様

あおさん、こんにちは。

>みずほさんのお蔭で素晴らしいエッセイを読むことができました。有難うございます。

いえいえ、こちらこそ喜んでいただけて紹介した甲斐がありました。

>著者の太田さんがこちらにコメントされていて

私も断りもなく紹介させていただいたのに、お礼のコメントをいただいて感激しました。

>太田さんはフィギュアにも造詣が深くていらっしゃるのですね

すごく造詣が深くて驚きました。ただ詳しいだけでなく、能楽師の奥様の視点ならではのエッセイでしたので、とても新鮮でした。私がかねてから結弦くんに感じていたものと共通する部分もあり、何気に嬉しかったです。

コメント、どうもありがとう♪

No:11363 2019/10/25 12:03 | みずほ #o/PXu/q6 URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |