「羽生に勝つという領域は存在しない」 ~ネイサンインタ②

新しい記事ではないんですが、これも途中で保留になってた記事です。
朝日新聞のネイサンのインタの記事です。有料記事なので全貼りしておきます。



「羽生に勝つ領域はない」ネーサン・チェンの勝利の美学(20191025 朝日新聞)

 ずっと不思議に思っていたことがある。今年3月にあったフィギュアスケートの世界選手権で勝った男子のネーサン・チェン(米)だ。五輪2連覇を果たした2位の羽生結弦(ANA)に22・45点差をつけて優勝したのに、試合後の取材で「勝ててうれしい」という趣旨の発言はなかったように記憶している。

 チェンにとって、「羽生に勝つ」とはどんな意味を持つのか。彼に聞きたくて、4月の世界国別対抗戦で取材を申し込んだが、体調不良のため急きょキャンセルになった。シーズンオフを挟み、大会3連覇を達成したスケートアメリカから一夜明けた20日、朝日新聞の取材に応じてくれた。

 単刀直入に聞いた。なぜ「勝った」という表現を使わなかったのか、と。

 「結弦は驚くような選手であり、僕が何をやろうとも、彼が今まで成し遂げてきたことを奪い取ることはできない。彼はもう、このスポーツに自分の地位を確立した。そして、特定の選手に勝ったと口にすることは少し失礼な気がします。勝敗は自分が決めるものではなく、ジャッジ(審判)が決めたものなので」

 チェンの心の中に「羽生に勝つという領域は存在しない」と表現した。常に尊敬する対象であり、目標とすべき選手であるという。

 しかし、スポーツに勝負はつきものだ。その点について聞くと、チェンは言葉を選んだ。「競技に出ている限り、勝ちたいという気持ちは当然あります。ただ、誰か一人の選手を負かしたいというような気持ちで挑むことは、自分のやりたいことの妨げになる。自分の集中を失わないようにして、できる最高の演技を目指してやっていくように、毎回、試合で心がけています」

 昨季のチェンは世界選手権、グランプリファイナルなど出場したほとんどの大会で優勝した。今季のスケートアメリカは2位に40点差以上をつけて圧勝した。シーズン序盤から絶好調に思えるが、「スポーツは常に変わっています。個人も進化しています。誰かが手の届かないところに永遠にいることはない。一つの試合の結果にとらわれすぎていると、全体の視野を失ってしまう気がします」と、謙虚な姿勢を貫く。

 今、何をモチベーションにしているのか。「自分の中では最高の演技をしたいという気持ちがある。完全に納得できるパフォーマンスはまだ、やっていない。どの大会でも、少しずつミスがある。エレメントのレベルを失ったり、予定していたことが全てできなかったり、あるいは音楽にちょっと遅れてしまったり。全てにおいて自分が満足できるという演技は不可能かもしれないけれども、少しでも、それに近づいていけるようにということを目標にしています」

 結果的に、チェンは当たり前のように勝ち続けるが、勝つことだけを目指しているわけではないというわけだ。フィギュアスケートの魅力やチェンの勝利への美学だけでなく、点数だけでは表せない羽生の存在感や影響力の大きさを改めて感じた。

 最後に、5回転ジャンプについても聞いてみた。新たな大技に挑戦するのか、と問うた。「現在、僕は(5回転に)興味を持っていない。もし、結弦らがマスターして武器として使えるようになってくるのであれば、自分も集中して5回転をマスターしようと努力をするかもしれないけど、今のところ、その必要は特に感じていないです。ただスポーツは常に変わっていくので、ちょっと様子を見ようと思っています」(ラスベガス=大西史恭)



彼が今まで成し遂げてきたことを奪い取ることはできない
→ そんなの当たり前でしょ?(笑)

勝敗は自分が決めるものではなく、ジャッジ(審判)が決めたもの
→ 師匠のラファと同じこといってる。採点優遇批判からの逃げのように聞こえてしまう(笑)

誰か一人の選手を負かしたいというような気持ちで挑むことは、自分のやりたいことの妨げになる
→ プルさんもバンクーバーで負けたのは、誰かに勝ちたいと思ってしまったからだと言ってたわね。

どの大会でも、少しずつミスがある。エレメントのレベルを失ったり、予定していたことが全てできなかったり、あるいは音楽にちょっと遅れてしまったり
→ つなぎがスカスカとか、助走が長いとか、コレオが上半身だけのタコ踊りだとか、そういうことはどう思っているの?

私が意地が悪いのかしら? 大西さんのように発言を美化できなかった。賢いネイサンが採点優遇されているのを知らないはずないしね。ただ、本当にソツがない受け答えではありますね。アホでないことは確かです(笑)


Icetalkでは、ネイサンはこんなこと言ってたもよう


要はジャンプが安定したらつなぎ入れるってことね。一応スカスカの自覚はあるのね。でも、6分間練習でつなぎ入れても、ジャンプが安定しないから、結局試合ではスカスカになるのよね…。そして、「助走→ジャンプ」が終わった後の足元お留守のタコ踊りコレオは、なぜかいつもGOE満点の定額性…う~ん(笑)


この海外スケオタさんも疑問を呈してますね。


大会は違うけど、まったく同じ失敗でもネイサンだけは転倒扱いにならないし…。


これも大会は違うけど…。


前回のネイサンインタをとりあげたときも触れたけど、「嫌いなスケーター」を聞いたら、ダントツトップになっていたネイサン(今年のGPSの表彰台組のみ対象のアンケだったけど)。こういう優遇採点が嫌われる最大の理由だと思うの。しかも、あのアンケートには日本と中国の票は入っていなかったそうよ。特に中国の票なんて入った日には…えらいことになりそうだわ(汗)


(5回転は)今のところ、その必要は特に感じていないです。ただスポーツは常に変わっていくので、ちょっと様子を見ようと思っています
→ ステファンは5回転は不要派。そう、美しく回らなければ…なんでも回りゃいってもんじゃないのよ。



本当に…雑巾絞りのジャンプは見たくありません…。


女子と男子見比べるとわかるけど、女子の方が男子より全体的にうまいんだよ。これは競技人口の差が影響しているのだと思う。1/10だものね。だから、今でも2TOPだけが飛び出していて、それ以下の選手との実力差が大きい状態。本当に正当な採点したら「羽生結弦一人旅」の様相になってしまうから、ISUとしてはそれだけは避けたくて、現在のような偏向採点してるんじゃないか…と勘繰りたくなる。

男子が女子に唯一アドバンテージをとれるのがジャンプだった。そのジャンプすら、エテリ組がクワド(なんちゃってクワドにしろ)をバンバン入れるようになって、男子はそのアドバンテージすらなくそうとしてる。これからの男子フィギュアはどうなってしまうのかしら…。


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2019-2020_season

2019/11/13 10:45 | 羽生結弦以外COMMENT(8)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

こんにちは

みずほさん、こんにちは。

チケットが外れ続けて落ち込んでおりました。
NHK杯ショートだけ観られるので、札幌で応援してきます。フリーとエキシも観たいのですが。全日本もまだです。

ネイサンのあの棒グラフ、中国と日本は入ってないんですか。中国だけかと思っていました。中国入った結果も見てみたいような。
怖いもの見たさです。

彼のダンスを見て、びっくりしました。高校生のダンス部の方が上手だと思います。
体幹通ってないし、足さばきも上半身も稚拙。
これで満点。。話すことはそつがないんですけどね。

嘆かわしいです。

No:11472 2019/11/13 13:38 | monaka #- URL [ 編集 ]

本当に

男子フィギュアはどうなってしまうのでしょうか?男子フィギュアが衰退して世界で1番苦しむのは羽生さんですよね。残念です。

No:11473 2019/11/13 16:16 | なる #- URL [ 編集 ]

日本と中国無しであの結果ですか〜

みずほさんこんにちは。あの嫌いなスケーターのグラフ。中国無しであの結果とは驚きました(笑)
ネイサンは嫌いなスケーターで、約70%を占めてましたね。

やっぱり転倒を見逃されたり、北米ジャッジやテクニカルから優遇されてるから、海外からも嫌われるのでは?
ネイサン本人は地味で華が無いのに、野心は強いビジネスマンスケーターですからね。
足元はおろそかで、上半身だけ盆踊りで高得点だもの( ̄▽ ̄;)

アメリカは姑息なやり方が裏目に出て、いい気味です。

ところでロステレのチケットが、7千席も無料配布ですって(驚)
7000枚!も無料って、USMも苦笑いじゃないですか?

お金出して購入したファンは、腹立つでしょうね(^^;)
アリ氏がフィギュアの人気低迷に危機感を感じたのも、チケット捌けずに無料放出したのを知ってるからでしょうね。


No:11474 2019/11/13 16:58 | てるこ #- URL [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No:11475 2019/11/13 17:25 | # [ 編集 ]

monaka 様

monakaさん、こんにちは。

>NHK杯ショートだけ観られるので

おめでとうございます! 応援よろしくお願いします!!

>中国だけかと思っていました

以前にブログで紹介しましたが、中国weiboの冬季アスリート人気ランキング(フィギュアだけでなく冬季競技全部です)、結弦くんダントツ1位です。桁違いに1位です(笑)

で、2位がかなり票数が違うけどボーヤン。3位は別競技の中国選手。4位がペアのスイちゃんだったと思います。

ネイサンは同じ中国系のヴィンスよりずっと下でした。あの実績でも全然人気ないです。優遇採点もあるけど、あのルックスは中国人好みではないのかなと思います。

>嘆かわしいです。

ジャンプのGOEもさることながら、あのコレオに満点がジャッジの資質を表していると思います。

コメント、どうもありがとう♪

No:11476 2019/11/14 09:29 | みずほ #o/PXu/q6 URL [ 編集 ]

なる 様

なるさん、こんにちは。

>男子フィギュアが衰退して世界で1番苦しむのは羽生さんですよね

私はその点は楽観的です。彼の引退後はフィギュア人気は競技よりショーにシフトする可能性もあるかなと思っています。ハビの座長ショーも好調みたいですし、結弦くんの前途は悠々としてます。もし彼がコーチをするとしても、それはずっと先のことでしょうしね。

コメント、ありがとうございました。

No:11478 2019/11/14 09:34 | みずほ #o/PXu/q6 URL [ 編集 ]

てるこ 様

てるこさん、こんにちは。

>アメリカは姑息なやり方が裏目に出て

バンクーバーのライサもソチのメリチャリも姑息な手段で金とらせたけど人気復活はなりませんでした。メリチャリはロシアとの間で「団体はロシア、ダンスはメリチャリ」という密約があったとフランスのメディアで報道されてました。メリチャリ嫌いじゃないけど、私もソチでダンスみてて、メリチャリよりテサモエの方が上だと思いました(笑)

>野心は強いビジネスマンスケーター

元々、アメリカ選手はネイサンに限らず、フィギュアが好きだからやってる人ももちろんいるけど、スポーツである程度結果をだしていると一流大学に入学しやすいからでやってる人も多いですからね。だからネイサンに限ったことではないけど、ネイサンはそれが全面に表にだしすぎてイヤミになってるような気がします。あと中国人気がないのは、ひとつはルックスが中国人好みでないからかな…という気がします。

>7000枚!も無料

全部で19000枚のうち捌けたのが15000枚。でもその15000枚の内7000枚は無料配布。つまり売れたのは8000枚。約40%強しか売れていないことになります。でも昨年のスケカナも無料配布してたそうですよ。要は完売するのは結弦くんが出る試合だけなんですよ。

コメント、どうもありがとう♪

No:11479 2019/11/14 09:51 | みずほ #o/PXu/q6 URL [ 編集 ]

a〇〇〇 様

a〇〇〇さん、こんにちは。

>昨火曜日、朝日の紙面

紙面記事のご紹介ありがとうございます。紙面記事はわりと有料記事のこと多いです。記事にもよりますが。でも、かなり前の記事をリサイクルしてるのですね。大西さん忙しいのかしら?(笑)

>GPシリーズ上位6人が進むGPファイナル進出も4季連続で決めた。

それを言ったら、結弦くんは6季連続で進出で、GPF4連覇です(笑) というか、今の男子のパワーバランスからいって、結弦くんとネイサンは怪我や病気がない限り、遊び半分でやっても楽勝で進出ですよね。

最後の方が確かにポエムですね。小〇氏みたいに御用ライターならポエムでもわかるけど、新聞記者はちょっと自重した方がいいかも(笑)

>ネイサン上げ実施中

後輩くん上げはまだしも、日本のネイサン上げは誰得なのか本当に謎です…。

コメント、どうもありがとう♪

No:11481 2019/11/14 21:09 | みずほ #o/PXu/q6 URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |