羽生結弦写真展とゆづのレガシー ~佐藤駿くん、大分アイスリンク、海外からの支援

同郷の佐藤くんの記事です。結弦くんのことも。



 東日本大震災で被災し、小2の頃に埼玉のリンクで一時期練習した。その時期と、中2から指導する日下匡力コーチは「羽生君しか見ない」と笑う。食事の間も移動の車中でも羽生の動画をひたすら見てイメージをつくり、氷上で試してきた。

 羽生から盗みたいのは「きれいなジャンプ、スケーティングの滑り、表現力」と言い、「まねできるように頑張りたい」と目を輝かせる。



羽生君しか見ない・・・佐藤くん、私と一緒じゃん(笑) ガチのオンリーなのね。

そういえば、ジュニアファイナルの歴代最高点をマークして優勝したのに、佐藤くんは「ゴエゴエ」報道されないわね。結弦くんリスぺってこともあるだろうけど、結弦くんだけでなく、日本の二番手男子も超えちゃったからやりにくいのかしら。まあ、変な事務所に入ってないから、報道もマトモなのでしょう。佐藤くんの報道をみると、視聴率の印象操作もそうだけど、メディアが勝手にやってるんじゃなく、事務所がやらせているのだということがよくわかりますね。外国人のネイサン上げとセットになった羽生下げ報道もどこかがやらせているんでしょうね…。


結弦くんのワールドワイドな影響力を感じるツィート。


これも、結弦くんのレガシーっていっていいのかしら。


2014年に、結弦くんは大分知事に、リンクを新設をお願いしていました。
それがきっかけになったのは間違いないでしょう。


 温泉が豊富な大分にスケートの合宿地を――。ソチ五輪フィギュアスケートの金メダリスト羽生結弦選手は20日、今季現役を引退した鈴木明子さんと共に、大分県庁に広瀬勝貞知事を訪ね、大分県にはない専用のアイススケートリンクの設置を要望した。

 羽生選手は、大分のスケート選手が車で約2時間かかる福岡県のリンクで練習している現状を紹介。出身地の仙台市では東日本大震災の後、リンクが使えず練習できなかったことにも触れ「ぜひ滑れる環境をつくってほしい。大分は温泉があるしスケートの合宿地としても最適だ」と訴えた。

 羽生選手と鈴木は、21日から大分県別府市の特設リンクで開くアイスショーに参加する。



復興優先なのはわかりますが、仙台にもなんとかリンクを…。


仙台で、全日本選手権にあわせて写真展が開催されます!

羽生結弦写真展 PHOTO BY 能登直 VOl.12
会場・開催期間・時間
【前期】12月13日(金)~26日(木)
【後期】1月3日(金)~15日(水)
9月のオータムクラシックから11月のNHK杯での演技や練習の様子などの写真を展示します。
入場無料
〒980-0021 仙台市青葉区中央2丁目1-18 クリスロード商店街内
TEL:022-714-3055 / FAX:022-714-3022
営業時間/10:30~18:00(毎週木曜日定休)

動画もUPされています。


201912仙台写真展


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2019/12/14 07:40 | 羽生結弦ゆかりの地COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |