NHK杯疑惑の採点 ~よぎる既視感、海外スケオタの間でも物議

NHK杯が終わりました。女子は2~3人、ダンスは怖いもの見たさで3組全部、テレビ放送でみました。男子は掻い摘んで2~3人公式サイトの動画で見ました。男子も女子もダンスも、スケ連伝統の依怙贔屓がさく裂してたようですが、男子についてだけみてみます。男子の採点も、またまた海外のスケオタも巻き込んで物議を醸しています。



私は知っています、2つの試合は異なるテクニカルパネルであり、実際の比較は不可能ですが、ジャッジに愛されているか、愛されていないかで、高得点が得られるという事実の確認をするということはまた別です。

このブロガーさんはイタリアのスケオタですが、NHK杯の鍵山選手のTESが、結弦くんの昨年のグランプリファイナルのTESを上回ったことを問題視されています。結弦くんがグランプリファイナルのフリーで成功した4回転は4種5本です。鍵山選手は2種3本です。結弦くんにはミスはありましたが、鍵山選手もノーミスではありません(コンビのセカンドが1Loに抜けている)。国内ジャッジも、昨年の全日本といい、やりたい放題ですね(知ってるけど)。なお、ロシアなど他の国のスケオタの間でも、批判めいたコメントが多く寄せられています。


本当に気前よくGOE5を出しますね。結弦くんは完璧にやってもなかなか5なんてもらえないのに。


中国ファンも激オコ。


ISUはすべてのスケーターを平等に扱っているのだろうか?優馬の4Sの軸は明らかに通常の角度から外れていますが、彼のGOEは4.07です。対照的に、ゆづの4Sはすべての面で優れていますが、そのゆづでさえ、高いスコアは得られず、低いスコアをつけられています。

私は、そのあまりにも不公平さにイライラしています。 ISUに独自のルールに立ち向かい、厳格に遵守してもらいたいと思います。



そして、さっそく「羽生結弦」の名前を引き合いにだしての持ち上げ記事が…。

フィギュア界のサラブレッド躍動 新王者・鍵山 羽生以来の17歳 NHK杯(20201129 毎日新聞)

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦、NHK杯最終日は28日、大阪府門真市の東和薬品ラクタブドームで行われ、男子はSP首位で17歳の鍵山優真(神奈川・星槎国際高横浜)がフリー188・61点、合計275・87点で初優勝した。

 160センチの体を目いっぱいのけぞらせ、両手を広げるポーズで演技を終えると、観客はスタンディングオベーションで新王者をたたえた。今季シニアデビューで、GP初出場優勝という快挙を成し遂げた鍵山は「まだ実感がわかない」と初々しく語った。

 高さのあるジャンプだ。冒頭の4回転サルコウは出来栄え評価で4点以上の加点を引き出し、続く4―3回転トーループも得点を上積み。「ノーミスに近い演技ができた」と、終わってみれば合計点で2位に50点近い大差をつける圧勝だった。

―(中略)―

 17歳でNHK杯を制したのは2012年大会の羽生結弦(ANA)以来。そしてちょうど5年前のこの日、羽生が同大会で世界史上初の合計300点超えを果たした。偉大な先輩と同じ舞台で、高校2年のホープが軽やかに舞った。



優勝に水を差すようで悪いですが、今回の鍵山選手のNHK杯の優勝と、結弦くんの17歳での優勝は全く別ものです。結弦くんは正規の国際試合であるNHK杯を17歳で制しているのです。冠だけNHK杯がついてるだけで、実質全日本選手権以下のレベルの国内大会でしかない、なんちゃってNHK杯とは比べるものでも、並べられるものでもありません。ついでにいうと、グランプリシリーズの初優勝という意味でなら、結弦くんは16歳の年齢で、ロステレで優勝していますよ。


突然でてくる「羽生結弦」の名前。何の関係が? 会員記事なのでべた貼りします。


コーチが語る鍵山 「羽生君と違う色を」こだわりの選曲(20201128 朝日新聞)

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズNHK杯は28日、男女シングルとアイスダンスのフリーが行われる。男子SP(ショートプログラム)首位の鍵山優真(17、星槎国際高横浜)はGPシリーズデビュー戦での優勝を目指し、最終滑走の午後9時6分ごろに登場する。

 大会前、佐藤操コーチに今季途中に曲変更をして挑戦しているフリープログラム「アバター」の見どころや、「羽生(結弦)君とは違う色を」という本人の選曲へのこだわりについて聞いた。

 フリーの楽曲は何度も本人や(父の)正和コーチ、(振付師の)ローリー・ニコルさんらと話し合って決めました。映画「アバター」には人間ではない青い肌のキャラクターが出てきますが、優真がそのキャラクター自体を演じるわけではありません。世界観を表現したいと思っています。

 映画を見て、この場面を表現するならどんな表情をするかと意見を重ねました。例えば、(地球外の星の)美しい風景を初めて見て、ぱっと表情が明るくなる。そんな場面を演じた箇所があります。優真の表情の変化を見ている人にも楽しんで頂きたいです。

 演技中はジャッジ席を見るのではなく、宙を見上げたり、体の周りを見たりします。氷の上でジャンプ、ステップするだけでなく、色々なものを感じ取って動きます。皆さんが想像を膨らませて、映画の世界観を疑似体験してもらえるような演技を目指しています。

 シーズン中の曲変更は正直、相当負荷がかかっていると思います。今の優真なら楽をすれば、演技をまとめることはできるでしょう。でも、優真が目指している世界中のスケーターたちも成長しています。そこに追いつくために猛スピードでよじ登っているんです。次へのステップに進むために優真が自ら負荷をかけることを決めました。

 今、優真は自分のカラーを探している段階なのです。最近は曲を聴きながら、「この曲は羽生君だったらどうだろう。ネイサン(・チェン)だったら似合うかな。自分にはまだ似合わないかな」。そんな話をするようになりました。トップに立つ人たちには個性的なカラーがある。彼らが持っている素敵な色とはまた違う色が自分にはないかと考えているようです。

 私が優真を見ていて、羽生君やネイサンにも負けないのではと感じているのは、スケートが生き生きとしている点です。2人の大先輩が洗練された美しさやキリッとした輝きを放っているなら、優真には勢いと躍動感があります。体の芯から熱が出て、スケートってこんなに全身で表現できるんだと思わせるエネルギーを持っています。そんな優真の良さを見てもらえればと思います。(構成・岩佐友)



どうもモヤモヤするのは、こういう報道の仕方にものすごく 既視感 があるからです。「またか…」という気持ち悪さが。日本の二番手男子のときもですが、鍵山選手についてはもっと早く、ジュニアである昨シーズンからすでに始まっていました。

警戒感を感じたので、昨シーズンの疑惑報道を振り返っておきます。忘れるつもりでしたが、こういうことがあると、やはり書き留めておいた方がいいと思いなおしました。今後のことを考えても。


全日本選手権で、鍵山選手が3位になりました。
その後、短期間に、結弦くんの戦績下げ報道が3件発生しました。これはなかなかの頻度です。

・ツィッターでフィギュア誌のライフが「鍵山選手全日本2位」と誤報→のちに訂正
詳細はこちらの記事を参照
→ 「NHKステラ」表紙UP! & 「Life」の戦績捏造やらかしツイについて

・日刊スポーツのネット記事でジュニアワールド金メダリストの顔ぶれから結弦くんを外す→のちに訂正

・フジの日曜報道ザ・プライムが鍵山くんのジュニアワールドSP首位を、結弦くんのジュニアワールド金に絡めて報道。15歳3ヶ月で金なのに、鍵山くんと同じ16歳と誤報→たぶん訂正なし

202003fuji報道特集


後輩選手に絡めての羽生結弦の戦績捏造(常に下げて捏造)については、すでに風物詩化してます。16歳でジュニアワールド銀は田中くんと同じ。「田中刑事選手以来の16歳でジュニアワールド銀」と報道してあげて。田中くんがジュニアワールドの銀メダリストってこと、知らない人多いと思うから(笑)

結弦くんがジュニアワールドで優勝したのは2010年。もう10年も前ですが、そのときのフリーの点数はTES77.95、PCS69.40でした。当時のジュニアでTES77.95(しかもクワドなし)がどんだけすごいかというと、同じ年のワールドで優勝した高橋さんのフリーのTESが81.90だったということでわかります。シニアワールドの優勝者とTESが4点しか違わなかった。それもシニアより30秒少ないのに。

ISUもスケ連もメディアも新しいスターが欲しいのはわかります。けれどもスターは作れないのです。何度も失敗してきているのに、なぜ今だにわからないのでしょうか。そもそも結弦くんが規格外なのです。有望な新人がでてきたからって、軽く比較してよい人じゃない。

ちなみに、マッシさんはNHK杯の男子シングル(もちろんアイスダンスも)についてはスルーです。全日本見てないわけじゃない。樋口さんの3A着氷についてはつぶやいてましたから、確実に見てるはずです。おそらく言及する価値もないと思っているのでしょう。


 ← アマゾンサイトへ


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2020-2021_season

2020/11/30 09:00 | 問題提起COMMENT(12)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No:14187 2020/11/30 15:10 | # [ 編集 ]

こんばんは!みずほさん。

NHK杯は全く観てません主人が私の為かチャンネル切り替えたんですけど速攻拒否したんです。
ゆづ君出場しないし…それでも駿君と須本君と友野君の時だけでも観ようかな?とも思ったんですが止めました結果は何方か上げて下さるだろうからと…しかーし突然ニュースに黄色いパンツの衣装で目に入れるのも嫌なのに😵💨
ブログ巡りして居ると皆さん結構辛口意見多い上に観客席の密状態に呆れ全日本二次販売にも呆れ本当にスケ連には不信感しか無いです❗
今日アイスダンスの一位の衣装素敵だなぁと思って見たら伊藤さん作だったんですね。それにしてもDさんペアのプログラム曲が何か分かりませんがミスマッチ感の衣装だなと…靴もヒール上げ底だったとか😅まぁ目立ちたがり屋さんですものね
〰️💦男子シングル一位の鍵山君?と言い忖度されての採点の名ばかりのNHK杯観ないで良かったです❗精神衛生に悪影響に成っていたでしょう
それにしてもアイスダンス一位はニュースにほとんど流れ無くDペアばかりで不思議でウンザリです〰️北京五輪目指すって大丈夫?34歳でグラグラなリフトで36歳ですからね(-.-)又!五輪大臣の力で出場?それ迄続けて行けるのか?
今日も更新ありがとうございました。

No:14188 2020/11/30 20:46 | みっこ #- URL [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No:14189 2020/11/30 21:53 | # [ 編集 ]

みずほさん、こんばんは。

ISUは本当に焦っているんだと思います。スターがいなければ誰も注目してはくれませんからね。超ド級のマイナースポーツになってしまうでしょう。そうすればスポンサー企業なんて付きませんものね。
でも、やり過ぎは却って反感を買ってしまうのでもう少し考えて欲しいなとは思います。ただ今回の鍵山くんは断トツで上手かったですよ。他の選手が大自爆だったので、他国との兼ね合いもあるだろうし、そう荒唐無稽な点数ではなかったと個人的には思います。

以前テサモエがピョンチャン五輪のジャッジに関して語っていたのをみずほさんの記事で確かお見かけしたと思うのですが、ジャッジ達は自分たちを1位にしたくはなかったのを知っていたと。隙を見せれば2位3位どころか4位以下になるところだったと、確かそのような内容だったと思うのですが。

結弦くんもテサモエのような状況なのでしょう。たぶん誰かと点数を細々比較しても無意味なのだと思います。
もしも彼が勝ちたいと思うなら最低限ノーミスで完璧な演技をするしかないです。ジャッジに隙を与えないように。これは他の誰の問題でもなく結弦くんの問題なのだと思います。色々考えればとてもとても困難で苦しい道ですが、私は結弦くんは出来ると信じています!! 彼自身もそう思うからこそ現役で頑張ってくれているのだと思うので。私にできるのは、ひたすら彼の健康と夢の実現を八百万の神様にお祈りして、全力で応援する事くらいかなと思っています。
あと、間違い報道や情報を見かけたら、マスコミには訂正を求める、SNS(と言っても自分はインスタのみですが)では正しい情報を流す、冷静に粛々と自分のできることをやって行こうと思っています。

それと、書くの迷ったんですけど、ごめんなさい、やっぱりこれだけ吐き出させて下さい。
私、鍵山君のコーチの 佐藤操さん この方は本当に許せません!去年の全日本のバックヤードで結弦くんのミスを嬉しそうに見ていた姿が未だに忘れられません。嫌悪感でいっぱい。人を教える立場なのに。こういう人間性の人は大嫌いです。鍵山パパはさすがにそんな事はなかったですね。

No:14190 2020/11/30 22:54 | もも太 #- URL [ 編集 ]

魅力

鍵山君はむしろ 体操選手になれば
違和感なかったと思います。
ネイサンにも同じものを感じる。

フィギュアスケートを見るファンは
正確に跳ぶジャンプだけでは満たされない。
願わくば美の極限に浸りたい。
その願望を満足させるから、羽生結弦の出る国内外の試合、ショーは満員御礼なのです。

鍵山君、上手いですよ。
ただ 海外出場が決まったらファンが飛行機に飛び乗るでしょうか? ショーのチケットが争奪になりますか。 失礼ですが無理でしょう。

羽生結弦選手は、五輪金連覇の金字塔をふくめ充分に勝ちました。 全日本で氷上に立ってくれるだけで感謝です。 みずほさんがおっしゃる通り、羽生結弦は別格のスケーターです。

No:14191 2020/12/01 02:10 | アガタ #zBsLeIj. URL [ 編集 ]

み〇〇 様

み〇〇さん、こんにちは。

>盛り過ぎですよね

NHK杯、男子・女子・ダンス、3カテゴリそれぞれ1人(組)ずつ盛り選手がいました。スケ連の推し選手というの全然隠さないですね。

>〇〇コーチ

日本で一番下品な振付をする振付師という印象でしたが、振付同様品性も下品なのだと再認識しました。ただ、国内ではあの人の振付好きな選手がけっこういるようで、日本の「お色気病」の根は深いなと思います。

>微妙な人ばっかりなんですかね

容姿関係なく派閥や連盟お気にいりの選手が勝つことがとにかく最優先なんでしょう。容姿マシな子はジャンプ跳べないのが多いってのもあるのでしょうけど。

コメント、どうもありがとう♪

No:14198 2020/12/01 22:29 | みずほ #o/PXu/q6 URL [ 編集 ]

みっこ 様

みっこさん、こんにちは。

女子は2~3人だけ、ダンスは怖いもの見たさで一応全部、テレビで生放送で見ました。男子はテレビでは見てませんが、あとから優勝者だけネットの動画で見ました。それだけ見るにもけっこう忍耐がいりました。

>一位はニュースにほとんど流れ無くDペアばかり

メディアはいつもそうです。真凛さんがブロック大会にでれば優勝者より台落ちした真凛さんばかり報道される。ゴルフでも無名が優勝したらあまり報道されなくて、ボロボロだった渋野さんばかりニュースにしたり。そういうものだと思うしかないです。ただ、ニュースはごり押ししても見なければいいだけですが、採点や点数のごり押しはやめてほしいです。これ以上犠牲者は出してほしくないですね。

コメント、どうもありがとう♪

No:14199 2020/12/01 22:52 | みずほ #o/PXu/q6 URL [ 編集 ]

e〇〇 様

e〇〇さん、こんにちは。

>頑張ってほしいです。

国籍まで変えて五輪を目指しているのに本当に気の毒です。KOKO組、だいぶうまくなったと思いました。

>D上げ放送でモヤモヤ

さすが電〇に支配されてると噂されるNHK。「Dのダンス転向でダンスにも陽が当たる」という触れ込みでしたが、1位スルーで3位ばかり流してる段階で「ダンスに陽」ではなく「Dに陽」が当たる目的なのが丸わかりでした。今更需要もないのに。「キングカズ」を目指すそうですが、「キングカス」の間違いでは?と突っ込みたくなりました(笑)

>3Aも4回転もなしで75

連盟お気にいりの上げ上げは反感を買うのでよくないのですがね…。

>いったい何%入れるつもりなんだか?

イベントの規制強化がない限り50%ではないでしょうか。

コメント、どうもありがとう♪

No:14200 2020/12/02 11:13 | みずほ #o/PXu/q6 URL [ 編集 ]

もも太 様

もも太さん、こんにちは。

>誰かと点数を細々比較しても無意味なのだと思います

「無意味」と言ってしまったら何もできません。「無意味だからスルー」すれば認めることになります。海外のファンの方が怒っている人が多いのは、海外では「無言は認めたこと」になるからです。同じ日本人でも海外在住の日本人羽生ファンの方が怒ってる人が多いのはそのためだと思います。平和ボケした日本のファンも少しずつ声をあげる人がでてきたのはそのことに気づいた人が多くなったからだと思ってます。

>彼自身もそう思うからこそ現役で頑張ってくれている

人間がやる採点については彼はもう見放しているような気がします。だからこそAIが必要だと思っているのでしょう。私も見放してますけど(笑)、だからといって見て見ぬふりはできない。

昨年の全日本の優勝者ほどは演技と点数が滅茶苦茶乖離してませんでしたが、いずれ彼もそうなるだろうと思わせる点数の付け方だったと感じました。一種の未来予想図として反感かってる部分も多いじゃないでしょうか。

>佐藤操

あの人は日本で一番下品な振付をする振付師だと思ってます。中学生の島田くんのタブーの振付にはドン引きしました。あのバックヤードの抜かれた表情で品性まで下品なのだとわかりました(笑)

コメント、どうもありがとう♪

No:14201 2020/12/02 11:37 | みずほ #o/PXu/q6 URL [ 編集 ]

アガタ 様

アガタさん、こんにちは。

>体操選手になれば違和感なかった

容姿関係ないですしね(笑) ただ体操選手で大成できるほどの身体能力はないのではないかな。

>正確に跳ぶジャンプだけでは満たされない

どんどん魅力のない競技になってます。音楽がBGMの選手のなんと多いことか。

>飛行機に飛び乗るでしょうか?

そういう意味での求心力は、真央さんやDさんどころか、下手するとUくんよりないかもしれないなあ、彼は。

>羽生結弦は別格のスケーターです。

海外の誰かが言ってました。
「良いスケーターがいる。素晴らしいスケーターがいる。そして羽生結弦がいる」と。

結弦くんは「良いスケーター」とか「素晴らしいスケーター」で一括りにできるスケーターではないということ。つまり別格なのですよ。

コメント、どうもありがとう♪

No:14202 2020/12/02 11:51 | みずほ #o/PXu/q6 URL [ 編集 ]

こんにちは。

記事ありがとうございます。私はNHK杯見てないのですが、
駿くんの4Tの映像とGOE、もう一人の4SのGOEとの差を上げてくれてた方のは目にしました。気持ちが悪いくらいコワいです…
報道でさらにシニアに上がってきたこの子を持ち上げたいんですね。
なんで…2世だからでしょうか。

戦歴下げ報道など全て含めて、モヤモヤ・イライラを通り越して泣けてきます。片やいつもと違うGPSのミニ全日本のような試合で優勝して、新王者…
コーチが語る、のコメントには所々カチンときました。

16歳でジュニアワールドの銀は田中くんだったんですね!
それは知らなかったですっ。

何よりあの試合と結果を結弦くんはどう見ていたのでしょうか。
本当に開催されるのか怖いです。

No:14204 2020/12/02 12:44 | しょうこ。 #- URL [ 編集 ]

しょうこ 様

しょうこさん、こんにちは。

>なんで

DさんとUくんは理由はわかってましたが、今回のNHK杯の優勝者のごり押しの理由については男女ともよくわからないです。

>田中くんだったんですね

結弦くんがジュニアワールドで金とった翌年のジュニアワールドで銀とったと思います。

>結弦くんはどう見ていたのでしょうか

今は自分のことだけに専念してるのじゃないでしょうか。

コメント、どうもありがとう♪

No:14215 2020/12/03 21:36 | みずほ #o/PXu/q6 URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |