スポーツ報知の羽生祭前半戦(4/5~4/7)総まとめ

スポーツ報知の羽生祭は4月5日から10日まで6日間に渡って開催されます。
スポーツ報知紙面とWEB記事の羽生特集の二本立て。
両方を前半戦だけまとめておきます。


まず、紙面の羽生特集から。4/5~4/7までの分です。








4/5~4/7までのWEB記事の羽生特集です。








報知のカメラマン・矢口さんのつぶやきです。







外出自粛で買いにくい人には、通販もありますよ♪



参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2019-2020_season

2020/04/08 12:00 | コラム・雑誌記事COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No:12575 2020/04/08 21:53 | # [ 編集 ]

k〇〇〇〇〇 様

k〇〇〇〇〇さん、こんにちは。

>どっちかいうと耽美系が好み

私も耽美系の方が好きです。腐女子は耽美系の方が好きな人多いのではないかしら。ただ、腐女子だけど、あのユーリは受け付けませんでした(笑)

>矢口カメラマン

人気急上昇中ですよね。矢口さんの写真も素敵だし、ツィッターでの発言が共感呼んでると思います。矢口さんの講座申し込んでたけど、中止(延期かも)になりました。

>凪良ゆうさん

凪良さんは、実力派のBL作家さんです。
BL作家さんでも「BL作家としてしか通用しない」レベルの人と、「BLの枠から外れて一般小説を書いても十分通用する」レベルの人がいます。凪良さんは後者のタイプです。

一般小説本を出したのは知ってました。いきなり本屋大賞をとるとは思いませんでしたが。以前から好きだった作家さんが評価されたのは喜ばしいことです。

凪良さんの作品はBLブログだった頃はすべて読んでました。同じく凪良さんファンのブロガーさんと共同ですべての作品のレビューを書き、マイベスト3を選ぶ「凪良ゆう祭」をしたりもしてました。最近の新作は読んでませんが、それでも全作品の8割くらいは読んでると思います。

BLに興味があるのなら、凪良さんはお勧めです。BL倉庫の方には凪良作品の感想おいてますけど、私の感想はかなりネタバレしてますので、ネタバレが嫌なら読まない方がいいと思います(笑)

付け加えると、凪良さんに限らず、BL小説家さんやBL漫画家さんには羽生ファン多いですよ。BL作家は基本美しくて高スペックな男性が好きな人ばかりですから。極言すれば、BLの世界の理想像が具現化されて現実世界に表れたのが羽生結弦ですね。私もまさか生きてる間に出会えるとは思いませんでしたわ(笑)

私は二次元オタクで、三次元のナマモノには興味がない人でした(中学生くらいの頃に宝塚が好きだったくらい)。
ナマモノのファンになるのは、羽生結弦が最初で最後だと思います(笑)

羽生結弦を知ってしまうと、創作の世界が陳腐に見えてしまうのが困ったものです。なんといっても、羽生結弦は歩く「事実は小説より奇なり」の人なので(笑)

コメント、どうもありがとう♪

No:12576 2020/04/09 10:27 | みずほ #o/PXu/q6 URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |