ロッテスペシャルCM 情報&動画まとめ Part.3

一夜限りのスペシャルCM。情報&動画まとめ、その3です。

一夜限りのCMはアスリートの枠を超えて、あらゆるジャンルの人達に感銘を与えています。



今日、ダンサーに結弦のコマーシャルを見せました。
「彼らの先にあることは不確かですが、努力が無駄になることはないことを知っています。あなたを強くするものはすべての価値があります。」-YH
これは多くのアーティストにも言えると思います。意味深い芸術的なコマーシャルに込められた美しいメッセージ。



音楽を担当したAUDIOFORCE さん (本社はドイツ) のツイート


インスタ
https://www.facebook.com/audioforcemusic/posts/3299175320146100

関根光才監督との最新CM、LOTTEの"Gum For The Game"の音楽をaudioforceで担当させて頂きました。アスリートの葛藤と情熱に寄り添うような、繊細で力強い音楽に仕上げました。
Film production: TAIYOKIKAKU
Director: Kosai Sekine
Music: audioforce
We would like to thank you for all the people who involved in this project!



結弦くんが何かするときいつも数字が符号する。こういうところも不思議な神秘性がある。


ロッテの撮影陣に田中総司さん。


結弦くんが初めてクワドサルコウを降りたときにそばにいたのは田中さんでした。
ソース http://www.asahi.com/shimbun/nie/kiji/20140224/


 羽生結弦には、こだわりがあった。「4回転サルコーに挑む」。それは、このジャンプが東日本大震災後の希望だったからだ。成功の確率は低かったが、フリーの最初に組み込んだ。

 2011年3月11日。羽生は生まれ育った仙台市での練習中、突然の揺れに襲われた。避難所で家族4人雑魚寝し、暗闇で余震と寒さに震えた。「そろそろ練習しなきゃね」。10日ほど経って母にそっと背中を押された。かつてのコーチを頼って横浜市へ。仙台を離れる時、涙が流れた。

 仙台を震度6強の余震が襲った4月7日。横浜のリンクで揺れを感じた羽生は、心が折れた。「先生、もう疲れたよ」「こんな状態の中で続けていいのかな」。弱音を漏らした。

 その2日後、神戸市であったアイスショーに出演。万雷の拍手に包まれ、思った。「神戸も震災を経験し、復興した。仙台も復興できる」。勇気がわいた。

 以来、各地でのショーに出演することで練習の代わりにした。

 11年夏、青森県八戸市。「跳んでみせてくれよっ」。ジャンプコーチの田中総司さん(31)に促され、助走に入る。靴の刃で氷を削って跳び上がる「ザッ」という音、着氷の「トン」という音が、静寂の中、響いた。人生初の4回転サルコーを決めた瞬間だった。「先生! サルコー、下りたよ」。羽生がこんな笑顔を見せたのは、震災後初めてだった。

 約60回のショーで訪れた全国のリンクでは、誰も使用料を受け取らなかった。田中さんは「みんなに練習場を提供してもらい、感謝で、ショーでの集中力も、練習で滑る量も増えた」。昨年12月、拠点としていた仙台のリンクを訪れた羽生は、ボードに「サルコーの確率が上がってきました。頑張ります」と書き残した。



中国ファンもweiboで田中さんと結弦くんのこととりあげてる。
https://m.weibo.cn/status/4530436875747877



土日分の情報番組。ありがとうございます。

200725 めざど 1回限り新CM 4回転に王者のこだわり


200726 サンデーLIVE 1回限り放送!「こだわり新CM」



8月9月発売のフィギュアスケート通信です。

 ← アマゾンサイトへ

 ← アマゾンサイトへ


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2020-2021_season

2020/07/26 11:20 | スポンサーCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |