リギーニ「羽生は粘土細工異星人」、ABCポッドキャスト字幕付動画、ほか

海外情報をいくつか。

2020年8月10日にポストされたFS GOSSIPS の記事の一部だとか。
4Aの基礎点の低さに呆れておられますね。
なお、Rukavitsinさんはアリエフ選手のコーチだそうです。
翻訳ありがとうございます。



LaChikaさんも同じものを訳してくださってるのでリンクだけ貼っておきます。
https://twitter.com/FlyHigh_AndFree/status/1294807109477871616



ABCボイスキャスト2020を字幕付きでUPしてくださっています。
素晴らしい内容なので、少し長いですがぜひお聞きください。

ABCポッドキャスト2020 Yuzuru Hanyu 日本語・英語字幕



以前にも記事でとりあがましたが、ジャッキー・ウォンさんは「羽生後」のフィギュア界を心配されています。彼は、日本のスケ連が新しいスターを作ろうと画策していることも知っているようですね。ISUも同様で、八百長まがいの偏向採点をしてまで「羽生超え」の新しいフィギュアの顔を作ろうとしている。その目論見が成功しているとは言い難く、かえってフィギュアスケート嫌いを増やしているのは皮肉なことです。


イワン・リギーニさんのインタビューです。連盟からのサポートが受けられず、活動資金でもかなり苦労されたようです。彼の人となりを知る意味でも全文読んでいただきたいですが、結弦くんのことを語っておられますので、その部分を抜粋します。翻訳ありがとうございます。



つまり、フィギュアスケートが人気にも関わらず、そこには重要なもの — 商業が無いのだ。これは国際スケート連盟がどうしても解決出来ない、僕たちのスポーツ種目の重要な問題の一つだと思う。連盟には日本のスポンサーはいて、そのお陰でフィギュアスケート全体が息をしているのだから、日本のアスリートたちはお金を得ている。ヨーロッパでは全くこれとはほど遠い。スポンサーがいれば、競技会は全く違ったものになるだろう。実際の広告が現れれば、世界チャンピオンは勝利の報奨金で5万ドル受け取り続けることもないだろう。これは一見しただけでは大金だが、大会開催国に10〜15パーセント、30〜40パーセントを自分のコーチングスタッフに、さらには連盟に何かしらの支払いをして、税金を納めた時、計算してみれば分かるだろうが、全く何の収入にもならないのだ。しかも、この5万ドルを得ることが出来るのは、羽生結弦を倒してからだ。あるいはネイサン・チェンを。やってみたら良い、彼らに勝てるかどうかを・・・」。

—フィギュアスケーターの立場から見て、羽生結弦は人でしょうか、あるいは銀河系間の異星人でしょうか?

「異星人だ、間違いなく。僕は彼をこうも呼ぶ:粘土細工異星人」。

—このフィギュアスケーターの中で、最も説明が付かないものは何ですか?

「僕にとって驚くべきことは、最も深刻な怪我も含めて、どのような怪我であってもあまりにも早く恢復することだ。どれ程彼は柔らかいのか — 関節も、どこもかしこも。彼は、僕に言わせると、ヒトの非常に良い組立部品を持っている。内部の彼は本当に何らかの塑形用剤で出来ているのだ — 足は氷上で別々の方向に湾曲する。羽生に起こったような怪我のうち何らかのものが僕に起こったとしたら(どうかそんなことになりませんように)、恐らく僕は二度と足で立てないだろう。

それに加えて結弦には、非常に強い魂がある。実在するサムライ魂だ。これら全てが合わさって、彼を非常にクールで、特別なものにしている。無駄に滑り回るのを回避出来るのは、ジャンプを感じる能力、氷を感じる能力、難しいジャンプをほとんど助走無しで跳ぶ能力だ。あの宇野昌磨も非常にクールなフィギュアスケーターだ。しかし彼は、羽生がやらかす奇妙なことをやることは出来ない。そもそもそれを出来る人はほとんどいないのだ。もっとも、羽生は、宇野もそうだが、子供の頃僕たちが常に教えられたように《アイロンで》 — 足を引っ張らずに — 滑っている。一方でチェンは、一つ一つの動きの際に足を引き抜いている。僕にとっては、そこに違いがある」。



連盟には日本のスポンサーはいて、そのお陰でフィギュアスケート全体が息をしている

今年4月から6月までのGDPは、年率換算でマイナス27.8%と、新型コロナの影響で過去最悪の落ち込みになったそうです。長期化が危惧されるコロナ不況と結弦くんの引退…これがダブルでフィギュア界を襲ったとき、日本のスポンサーがこれまで通りフィギュアスケートをサポートしてくれるかは不明です。フィギュア界が日本のスポンサーのおかげで息をしているのであれば、「アフターハニュー」問題はフィギュアスケート全体の死活問題ではあるでしょう。しかしながら…その「最大の功労者」を、これだけ蔑ろにする業界も珍しい。そして、絶望的に自浄作用がない。悲しいことですが、明るい未来が想像できません。

どのような怪我であってもあまりにも早く恢復する

私がファンになった2012年から2018-2019シーズンまで、1シーズン大きな怪我なく乗り切ったのは、ソチシーズンくらい。ソチシーズンですら最後のワールドのときは腰痛を患っていた。それだけに、彼が先シーズン、中止になったワールド以外すべての試合を怪我なく完走したことには大きな意義がありました。私たちもホッとしたけれど、一番うれしかったのは彼自身だと思います。

選手生命すら危ぶまれるような怪我に何度も見舞われ、そのたびに生還してきた。シニアにあがって今季で11年目。2度五輪金メダルを獲得し、彼は1シーズンも休養することはなかった。これは驚異的なことです。リギーニさんが彼の回復力に驚くのも無理はない。しかも、どんな体の状態であっても、ほとんど表彰台を外したことがない。様々な試練を、彼は、元々もっている確固たる技術と、リギーニさんが言うところの「実在するサムライ魂」で乗り切ってきたのです。


ABCポッドキャストでも言われているとおり、そのために彼は多くの犠牲を払ってきた。私的な楽しみのほとんどを捨て、フィギュアスケートというスポーツに自分をささげてきた。フィギュアスケートの発展に多大な貢献をしてきた。そんな彼への昨今の業界の仕打ちを見ると、行き場のない憤りを感じます。彼が競技の世界から去ったとき…フィギュア界は失ったものの大きさを実感するのではないでしょうか。


8月9月発売の羽生本。

 アマゾンサイトへ

 ← アマゾンサイトへ

 ← アマゾンサイトへ


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2020-2021_season

2020/08/17 09:35 | 海外情報COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

みずほさん、こんばんは。


ABCポッドキャストを見て、みずほさんの言葉を読みながら思わず涙がこぼれました。結弦くんのこれまでのひたむきな努力を否定するかのような採点傾向や、スケート界の様子を見てると本当に悲しくなります。


お偉いさん達はスターを作ることでフィギュア人気を今後も持続させられると考えてるみたいですが、それ以前にそもそもスポーツとしてまともで面白くなければ大衆にも企業にも相手にされないですよね?


世界的に人気のあるスポーツはたいていルールが分かりやすく判定が公正で明確です。ルールがコロコロ変わったり、ルールの適用も選手やジャッジによって恣意的に変わるなんて言語道断です。
スポーツに国籍だの派閥だの忖度だの訳の分からない政治だのって要りません。最早時代遅れだと思います。


それに下手すれば叩けばどんな埃が出るか分からない、スキャンダルリスクすらある(最近もセクハラだのパワハラだのありました)スポーツを支援したい企業がどれだけあるでしょうか。企業はシビアです。私のような素人ファンでも気付く不可解なあれこれに気が付かないわけありません。


今現在だけを見るのではなく、将来に渡って”ちゃんとしたスポンサー”を獲得するためにも、スター作りより何より先ずはスポーツとして真っ当で公明正大である事が重要だと気付いて欲しいです。


それとアマチュアアスリートの頂点であるオリンピックチャンピオンを粗末にするなんてISUは自分で自分の首を絞めるようなものです。こんな競技は他に見たことありません。世界中の子供たちもその親たちも見ていますよ。
スケーターはお金儲けのための道具ではないのだから、全ての選手を大切にして欲しいです。


フィギュアスケートを心の底から愛し、スケート界の発展を誰よりも望んでいるだろう結弦くんを無理やり引きずり降ろし排除しようとするのではなく、この不世出の宝物のような選手を世界のスケート界は大切にして共に発展していける道を進んで欲しいと思います。
世界のスケート界にはアリ(もうこのオッサンは呼び捨てw)のような商売人ばかりでなく、目立たないけどまともな良識のある人々もいると信じたいです。

No:13595 2020/08/18 00:51 | もも太 #- URL [ 編集 ]

もも太 様

もも太さん、こんにちは。

>何より先ずはスポーツとして真っ当で公明正大である事が重要

その当たり前のことを、多くの心あるスケートファンはUSUに訴え続け、そして、今にいたるまで無視され続けています。ISU自身が、スピスケは真っ当なスポーツだけど、フィギュアは興行と考えているんでしょうね。

日本のスケ連も「スピスケ=メダル」「フィギュア=ATM」と考えているような気がします。まあフィギュアはメダル数的には効率悪いですしね。

過去に不正採点でオリンピック競技から外されかけた過去があっても性懲りもなく同じことが繰りかえされる。自浄作用がないんですよ。

>親たちも見ています

コロナ不況で親世代も苦しくなる。お金のかかる競技ですから、競技人口は減ることはあっても増えることはなさそう。それに私なら自分の子供にはさせたくないですね。こんな汚い競技。

>目立たないけどまともな良識のある人々もいると信じたい

まともな良識のある人がいても、その人たちに力がないと意味がないです。スケ連も100%悪人ばかりじゃないと思う。ただ残念ながら、悪人が権力をもっている。トップがやめても、そのトップの息のかかった子分がまたあとを継ぐ。

ブログで訴えたり、採点の公正化の署名運動にサインをしたり、ささやかでも自分ができる範囲のことはしてはいますが、正直この競技団体は絶望的に自浄作用がないので、一度解体寸前までとことん組織が弱体化しない限り変わることはないだろうと内心では見放しています。ただその頃には私はもうフィギュア競技は見ていないでしょうから、正直将来的な興味は今はもうありません。こうやって採点の透明化を訴えるのも、結弦くんが現役に間だけです。引退したらもうどうとでも勝手にやってくれと思っています(笑)

コメント、どうもありがとう♪

No:13597 2020/08/19 03:26 | みずほ #o/PXu/q6 URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |