女性自身の記事への反響 & ゆづが過去に語っていた「科学的研究の必要性」

女性自身の結弦くんの記事に、色々な業界の人達が反応しています。
特に、早稲田以外の大学の先生までがほめてくださっているのは嬉しいですね。


早稲田の向後教授。早稲田にとって本当に誇らしい卒業生でしょう。



上智大学の教授。


法政大学の教授。






東大出の塾の先生。


所沢市議会議員さん。


ヤフーに寄せられたコメントより


なかのかおり ジャーナリスト(福祉・医療・労働)、早稲田大研究所招聘研究員

通信は、通常の学部より卒業するのが難しいと言われます。羽生選手が世界の舞台で戦いながら時間をかけて卒業したニュースは、コロナ禍の学生や、学び直したい社会人を勇気づけるでしょう。

体験からくる関心や疑問を、アカデミックな手法で形にしたことで、指導者、研究者としても、様々な世界が開けると思います。

コロナ禍に、オンライン授業が普及し、大学に通えない学生や、保護者の不満を取材しました。羽生選手のように、やりたいことが明確なら、遠隔教育も素晴らしい選択肢になりますね。学生のうちに強い動機を見つけるのは大変ですが…。社会人のリカレント教育を進めるヒントにもなると思います。



24HTV

西村教授は、記事の中でこう言ってましたね。

やっぱり自分が納得しないと気が済まないみたいで、抑えめの課題を出しても私が言った3倍はやるんです。だから、羽生さんに『そんなにやらなくていいよ。もっとゆるく、ゆるく』と言うのが私の仕事になっていましたね」

本当に、彼はいつも手を抜かない。24時間テレビで「俺は3倍やる」と言っていたのは、スケートだけじゃなかった。


平昌後の外国特派員協会での会見にて、結弦くんの言葉。

フィギュアスケートはまだまだ科学的に研究されているものが少ないし、研究していたとしても個人であったり、自分もその一人であるけど、自分のためだけに…ということが多い。自分が2連覇したことも含め、国として研究機関として、フィギュアスケートが、より研究されることを祈っている

芸術がものすごく必要である競技がゆえに、技術的なものが発達しすぎると、どうしても、その技術にふさわしい芸術が足りないということ、よくフィギュアスケートでは言われます。ただ、芸術、バレーとか、例えば、ミュージカルとかもそうですけれども、芸術の言うのは、あきらかに、正しい技術、徹底された基礎に裏付けされた表現力、芸術であって、それが足りないと、芸術にはならないと、僕は思っています。だからこそ、僕は、ジャンプをやる際、ステップをやる際、スピンをやる際、すべてにおいて、正しい技術を使い、そして、それを芸術として見せることが、一番大切な事だと思っている


フィギュアスケートの発展に、正しい技術の継承はかかせません。しかし、ちょろまかしても高得点がもらえるとしたら、選手は苦労して正しい技術を身につけようとはしないでしょう。正しい技術を蔑ろにすることは、フィギュアスケートのスポーツとしての地位を低下させ、フィギュアスケートの芸術性をも毀損し、さらに、採点の不透明さは、長い目でみればファン離れを引き起こすことでしょう。結弦くんは、フィギュアスケートの発展のためには、もっと科学的に研究されるべきだと思っていた。彼は人任せにせず、自らそれに着手していたのです。


中国にある日本大使館も、結弦くんの卒業をお祝いしてくれてるのね。
羽生下げツィートした在ボストン日本領事館とは大違いだわ(笑)


早稲田大学の卒業証書も手に入れた。事業も学業も収穫を受ける。こんなに優秀なアイドルはどうやって修練できるのか?羽生結弦の自伝「蒼の炎」はスケートの発足からジュニア、シニアまで、成長について、各大会の道のりを記載した。「日本国駐中国大使館」をフォローして、このweiboをRTすると、3名のラッキーフォロワーは「蒼の炎」をもらえる!11月23日に抽選結果発表!


イケメン付箋とサインペンのセット(フィギュアスケーター)
フィギュアスケーターのバージョンだけ大人気で品切れ中ですが、急がない人は予約すれば手に入るかも。

 ← アマゾンサイトへ


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2020-2021_season

2020/11/18 08:15 | コラム・雑誌記事COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

多面性

みずほさん こんにちは

昨日のこの記事、一日前のみずほさんの体操界の記事と呼応させながら読みました。
同じ採点競技で共通点が多いようにみられる体操とフィギュア。
基礎点を積み重ねる青天井のDスコアとTES、同じ10.0点満点のEスコアとPCS。
しかし運用は大違い。特にEスコアは満点は不可能に等しい減点方式。似て非なりです。

採点に私情の入る余地をそぎ落としていくことに取り組んで、正直者が報われるジャッジが日々形になりつつある体操界。今やバイアスの温床のようなGOEとPCSという二段構えで結果を左右できる余地ありありのフィギュア界。
コロナ禍でもその体質は変わるどころかますます悪化しているようにみえます。学ばず進化しない競技団体のありようにもすっかり慣れてしまい、今更何の期待もできません。

羽生くんはもどかしいだろうな、聡いだけに…などと心中察したりもしてしまいますが、このテーマに限らず研究者として突き詰める一面は今後も応援したいです。成果はいかようにも役立つでしょう。いつかその中身を目にできたら…は欲張りすぎかな。

しかし選手としても一流、教えることも一流でしょうが生徒としても一流ですね。
ご本人はいたって真摯に教えを乞うているだけでしょうが、大いなるレスポンスに加えて「先生に褒められたのがうれしかった」なんて言われたらもう。。
いつでもジスランが羽生くんのことが可愛くてたまらないで溢れているのもわかります。
老若男女関わる人をそのブレない一生懸命さでも落としてしまう。 罪な人ですね・・(笑)

No:14129 2020/11/18 11:33 | acco #- URL [ 編集 ]

acco 様

accoさん、こんにちは。

>その体質は変わるどころかますます悪化しているようにみえます

ISUでもスピスケ部門はあっさり大会を中止してしまいます。フィギュアだけです。選手の健康を犠牲にしてもなんとか開催しようとあがくのは。

会長がスピスケの責任者で、副会長のラケ爺がフィギュアの責任者。二人の考え方の違いもあるでしょうが、フィギュアがお金を産む競技だということも大きいのではないでしょうか。

お金や利権が集まる場所は腐りやすい。フィギュアは興行と密接に結びついている。興行はお金を生みます。だからアメリカも人気復活に躍起になっている。

体操はお金が絡まない競技です。だから自浄作用を生みやすいのだと思います。フィギュアより純粋にスポーツだから。

>成果はいかようにも役立つでしょう

私は結弦くんにコーチになってほしくはない。コーチなんて、どんなに優秀でも、所詮連盟の傘下の一人でしかない。彼はそんな小さな器で収まる人ではないですから。

>「先生に褒められたのがうれしかった」なんて言われたらもう。。

感謝の気持ちでも尊敬の気持ちでも、躊躇なく相手に伝えることができる人ですよね。

マッチーがまだ現役で「氷上の哲学者」と呼ばれてたころ、結弦くんが、テレビで、マッチ―本人を前にして「今までこんなに尊敬した人はいない」といったんですよ。

24時間テレビのときも、本人の前で、結弦くんが郷さんのことを「こんな偉大な方に…」と呼んでいました。

そのときのマッチ―と郷さんの表情に共通したもの。戸惑いと驚きを含んだ顔。そして、そんな恥ずかしいことを、本人を前に平然と言ってのける結弦くんに「これは天然の人たらしだわ…」と思ったものです。

よいしょしてるわけでも、諂っているわけでもなく、本当に本心から言ってるのが相手にもわかるから、けっこう「クル」と思いますよ。マッチ―は、残念ながらちょっと拗らせてしまったようですが(笑)

コメント、どうもありがとう♪

No:14133 2020/11/19 19:45 | みずほ #o/PXu/q6 URL [ 編集 ]

お返事ありがとうございます

みずほさん こんにちは

『天然の人たらし』(笑)

縦に首を大きく振ってにやけてしまいました。。賛同しかありません。
そのことから以前みずほさんがブログで触れた
『経年美化』
という言葉にも同じく完全同意で、首縦にブンブンだったのを思い出しました。
その時まで私もこのような言葉があるのを知らず、ぱっと見造語かと。

人たらしと大分趣きは違いますが、どちらもその人となりそのもの。
本当にありとあらゆるところに振り幅が潜んでいる方…(笑)


私もコーチにはなってほしくないです。小さな世界に押し込んでは勿体なさすぎる。
平昌後の会見で、伝える立場という意味で ”伝道師” という肩書きを用いていた記憶がありますが、しっくりくると当時思ったものです。

たとえわずかな時間だとしても、関わる人にポジティブな何かをもたらすことができる人。
それだけに今年のノービスB男子表彰台面々のコメントは微笑ましく、そこにハイドロ直伝の西野選手が含まれていたことはなかなかの胸熱でした。
後に続く選手たちが、羽生くんの研究を礎に構築したシステムで、正しい技術を身につけ判定も公平にされる未来。
理想と現実はアレですが、望みは高く!で。


集英社の本気。
私たちのお財布四方八方からロックオン。
いやいや うれしい悲鳴ですけれどね…(汗)

No:14136 2020/11/20 12:55 | acco #- URL [ 編集 ]

acco 様

accoさん、こんにちは。

>伝道師

結弦くんは、多すぎるほどの経験値に加え、学術的に分析できる能力も合わせもつ稀有なアスリート。こんな人をただのコーチにしたら人材の無駄使いです。もっと広い視野で活躍できる人。以前、自分の経験を生かしてフィギュアに限らず広くアスリートに伝える仕事をしたいと言ってたときもありました。フィギュアにこだわる必要すらないと思います。

>関わる人にポジティブな何かをもたらすことができる人

今日、報知コンビ+マガジンの毛受さんのオンライン講座を受けたのですが、皆さん、口をそろえて結弦くんに多くのことを教えられたと言ってました。

>正しい技術を身につけ判定も公平にされる未来

昨日あったロシアカップの男子のジャンプがツイで回ってきましたが、何跳んでるのかわからないジャンプに高い点数がついていて愕然としました。もうジャンプの種類いらないんじゃないかな。厳しくみられる選手と見逃される選手がいる不公平が解消されないのなら、いっそなんでもいいから跳んで着氷したらOKってことにしたら。それはそれで公平かも(笑)

>私たちのお財布四方八方からロックオン

試合とショーがないのでお財布に余裕が…と思っていたら大間違いでした。

コメント、どうもありがとう♪

No:14140 2020/11/21 19:47 | みずほ #o/PXu/q6 URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |