ゆづ初日公式練習欠席・開会式は出席予定、紀平選手正式に欠場を発表、カメラマン軍団現地でスタンバイ、ゆづ2020年SP&FS振り返り記事、ほか

紀平さんの欠場が正式に発表されました。



「右距骨疲労骨折」の診断で右足関節痛が続くため、安静・加療を要する。

紀平梨花コメント
「いつも応援してくださる皆様へ
この度、7 月に発覚していた右足の距骨疲労骨折の回復が遅れ、全日本選手権を欠場することを決めました。
少しでも早く氷上での元気な姿を見て頂けるよう、今は治療に専念することに致します。この様な状況の中、皆様の温かいメッセージは心の支えになっています。本当にありがとうございます。」



今日昼頃に欠場を決めたようです。


関係者によると、周囲は出場に難色を示しながらも、紀平は強く出場を熱望。最終判断を開幕当日まで引き延ばしたが、無念の結果となった。


紀平さんの傷病名が、前は「骨軟骨損傷」だったのが、今回「右距骨疲労骨折」に変わっています。
軟骨を損傷した状態で無理をしたために、骨折につながってしまったのかもしれません。今も痛みがあるとのことですが、ジャンプの着氷のたびに、激痛が走る状態ではないでしょうか。

右距骨は、モロ足首の部分 
https://kyokotsu.jp/kyokotsu/

ここを骨折してるのなら、ジャンプは無理です。これは、本人が出たいと言っても、周囲が止めるはずです。本人も五輪への想いから、ギリギリまで可能性を探ったのでしょうが、無理をすれば今後のスケーター生命に響きます。悔しいでしょうが、ここはじっくり怪我の治療に専念していただきたいです。


結弦くんはいつも初日の公式練習はスキップします。今回もルーティン通りです。






スポーチ報知は、2日連続でポスター紙面。まだ姿も現してないのに(笑)






カメラマンさん達、俄然やる気に満ちています。
以前、田中さんが「ゆづがいないと気の抜けたコーラみたいだ」とつぶやいてたことがありますが(凸されたのか削除されましたが)、口に出すか出さないかの違いで、他のカメラマンさん達も同じ想いだと思います。

能登さんも「オータムでは結弦くんと紀平さんとメドベしか撮らなかった」と正直につぶやいたら、やはり凸されて削除してたので、カメラマンさん達はあまり正直な気持ちは吐露しない方がよろしいようですが(笑)




全日本選手権の綿密な(公式練習含めた)スケジュールが各国の時差を計算した現地時刻に直されている表のようです。すごい注目度ですね(ほぼ羽生結弦の注目度だと思いますが)。


2020年のSPとFSを振り返る、高木記者の記事です。





こんなおまけつけられたら、また雪肌精追加購入してしまう…(笑)



 ← FSマガジン

 ← 美st 2022年2月号 増刊

 ← 美st 2022年2月号

 ← 羽生結弦ポスカブック

 ← 城田憲子氏「たかがジャンプ、されどジャンプ」

 ← mini 2022年2月号

 ← フィギュアスケート通信全日本特集号

 ← クワドラプルアクセル


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2021-2022_season

2021/12/22 15:45 | 全日本選手権COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |