off you go (一穂ミチ)

off you go (幻冬舎ルチル文庫)off you go (幻冬舎ルチル文庫)
(2012/03/15)
一穂 ミチ

商品詳細を見る


「is in you」のスピンオフ。主人公・一束の不倫相手だったオヤジ・佐伯が主役です♪

小説 ★★★★☆  挿絵 ★★★☆☆

【あらすじ】
その朝、就寝したばかりの良時を突然、妹の夫・密が訪れた。海外赴任から帰国すれば自宅はなく、妻・十和子に離婚を言い渡されたという。折しも独り身の良時は密のペースに呑まれ、快適な同居生活へ。幼い頃から共に身体が弱く療養の日々を同志のように過ごしてきた密と十和子、ふたりの絆を誰より知る良時。ふしぎな均衡で繁がり合う彼らは…。


新聞社整理部デスク(43)×新聞社外報部新任部長(43)

「off you go」+「I LxxE YOU」+「off we go」+「sofa so good」+「stay as you love」の5部構成。

「is in you」で主役だった一束の初めての男で、3年越しの不倫相手だった佐伯。
一束と圭輔よりずっと年長の佐伯は、そんな大人の狡さも相殺してしまえるような、魅力的な男でした。
佐伯は、このスピンオフでは、ファーストネームの”密”で登場しています。お相手は、幼馴染みの義時です。

「is in you」も、高校生時代の一束と圭輔の高校時代が詳細に描かれていましたが、こちらも同じ形態をとっています。そして、密と義時と、密の妻であった十和子・・・この3人の不思議な関係に焦点があてられています。

義時は十和子の兄。密と義時は、幼馴染みであると同時に、義兄弟でもあったのです。
密と義時の出会いは病院でした。十和子は虚弱体質で、密は喘息の持病で、共に入院していたのです。
退院した後も、3人の縁は切れず、大学卒業後、密と義時は同じ新聞社に就職。密は十和子と結婚します。
その後、義時も結婚。外報部の密は海外勤務が多く、つかず離れずで出会いから30年以上が過ぎました。

日本に帰国後、十和子から突然、離婚を突き付けられた密。丁度、義時も妻の浮気から離婚した直後でした。
密は、義時の住むマンションに強引に転がりこみ、二人の奇妙な同居生活が始まります。

病弱な妹をもった義時は典型的な長男気質。人一倍健康な身体をもち、ちょっと鈍いところがあります。
反対に、あまり健康に恵まれなかった密と十和子は、その分、感性が研ぎ澄まされたようです。
密は義時への想いをたぶん早くから自覚していたでしょう。十和子も密の気持ちに気付いていました。

最初は、「兄妹どんぶりなの? ちょっと苦手かも・・・」と思いましたが・・・これは一種の偽装結婚ですね。
密と十和子の間には恋愛感情はありませんでした。弱い身体と戦ってきた者同士・・・いわば二人は戦友。
母親を安心させたかった十和子。密にとって、妹のような十和子は、自分の最大の理解者でもあり、義時とのパイプでもありました。二人は共犯者でもあったのですね。だから、結婚以来一度も肉体関係がなく、密がほとんど海外に単身赴任していて、別居結婚のような状態でも、二人には何ら不都合はなかったのです。

しかし、あの佐伯が43歳オヤジ受とはね~。何よりも、一穂さんでオヤジ受が読めるなんて感動です。
それにしても遠回りしすぎ。小五の出会いからなら33年。密が恋を自覚してからでも、たぶん二十数年。
今まで読んだBLの遠回り記録は、榎田さんの「聖夜」の20年ですが、大幅に記録更新です(笑)
男同士じゃなかったら、違う出会い方だったら、これだけ回り道することはなかったのかもしれないけど、お互いに離婚し、障害がなくなっても一緒には住まない選択をするスタンスがこの二人らしいなと思いました。
それでも、定年退職して、周囲に気を使う必要がなくなったら・・・一緒に住んでるんだろうな(笑)

「不幸じゃない」と「幸せ」は同じじゃない・・・という言葉が重かったです。
確かに二人は今までも”不幸”ではなかった。仕事も順調で、私生活もそれなりで。でも、大事なものが足りなかったのです。特に密などは、その空洞をそのときそのときの”恋人”で埋めようとしてきました。
本当に欲しい相手がずっと傍にいる・・・”幸せ”って、それだけで簡単に手に入るものなんですね。
前作「is in you」に続き、秘かに思い続けていた本命を、長い年月を経て、ようやく手に入れるお話でした。

面白かったです。大人の男同士のピュアなラブ・ストーリーでした。
あとがきを削ってまでSSを詰め込んでいた一穂さん。まだまだ書き足りなかったんでしょうね。
たぶん、同人誌で、また密と義時に会えそうな気がします。好みのカップルなので、それも楽しみです♪

関連記事

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2012/03/31 09:20 | 一穂ミチCOMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

みずほさんへ

こんばんは。
つい最近、Twitterで知り合ったかたからつよく勧められて、初めて一穂ミチ先生を読みました。何冊かよみ、このお話よんで、いいお話だけど少し難しいかなとおもい、みずほさんならどうコメントなさっているかなと、こちらにお邪魔しました。
みずほさんの感想を読ませていただくと、自分の中でぐるぐるしていてはっきりつかめない色々な考えが、なるほどそうか
そう言うことかとおもいあたり、とても参考になり 嬉しくなります。
ぶろぐは沢山ありますが、自分と波長があう方がみつかると嬉しいです。(私が勝手に波長があうと思っています。すみませんm(_ _)m)
一穂ミチ先生、読み応え充分なのでしばらく読みたいと思っています。
(先日 一穂先生の渋谷のサイン会に、参加してきました。ドキドキワクワク楽しいひとときでした。)
ではまた(^-^)/

No:3623 2014/11/24 23:27 | あすらん #- URL [ 編集 ]

あすらん 様

あすらんさん、こんにちは。

>Twitterで知り合ったかたからつよく勧められて、初めて一穂ミチ先生を読みました

一穂さんは、2~3年くらい前から、とても好きになりました。初期作品は、ピュアピュア感が、私には綺麗事っぽく感じてしまって、ちょっと苦手だったんですが、一穂さんの作風が、だんだんいい塩梅にほぐれてくるにつれて、面白く感じるようになったんです。

>とても参考になり 嬉しくなります。
>自分と波長があう方がみつかると嬉しいです

BL読みと一口にいっても、好みは皆かなり違うので、あすらんさんと、好みの作家さんや感じ方が似ているなら、私もとても嬉しいです(^^) また、私の稚拙な感想でも、参考になると言っていただけると、励みになります。

>一穂ミチ先生、読み応え充分なのでしばらく読みたいと思っています

とりあえず、大外れがない作家さんなので(笑)、安心して買えますよね。コンスタントに本をだされてる作家さんでは、凪良さんとかもそうかな。

>一穂先生の渋谷のサイン会に、参加してきました

東京はサイン会が多くていいですね! うらやましいです!

コメント、どうもありがとう♪

No:3624 2014/11/25 13:40 | みずほ #o/PXu/q6 URL [ 編集 ]

みずほさんへ

コメントありがとうございましたm(_ _)m
実は私、凪良先生が大好きです!Twitterで知り合った方も凪良先生のだいファンで、先生のTwitterから知り合った方です。彼女いわく『凪良先生すきなら、きっとはまると思うから一穂ミチ先生読んでみて』と言って、私に『ふったらどしゃぶり』と『ナイトガーデン』の本をわざわざ本屋さんで購入しておくってくれました。びっくりしましたが、とても嬉しかったです。
ネットで知り合って、一歩踏み込んだお付き合いは、初めてです。
今ニュースが!
羽生君NHK杯出場と。
やはりそうかと思いました。
しっかり見守りたいです!

お騒がせしました!

No:3625 2014/11/25 18:21 | あすらん #- URL [ 編集 ]

あすらん 様

あすらんさん、こんにちは。

>凪良先生すきなら、きっとはまると思うから一穂ミチ先生読んでみて

なんとなく、その感じわかるような気がします(笑)

>わざわざ本屋さんで購入しておくってくれました

それはすごい! それはもうお勧めというより、布教ですね! でも、見事に信者獲得成功ですね(笑)
私も、「ふったらどしゃぶり」は一穂さんでは、1,2を争うくらい好きな作品です。

>羽生君NHK杯出場と

ちょっとフライング報道だったみたいです。明日、決まるようです。でも、おそらく99%出場するでしょう。
できれば大事をとってほしかったけど、出場すると決めたのなら、こちらも腹を括って全力応援します! 

コメント、どうもありがとう♪

No:3626 2014/11/25 21:41 | みずほ #o/PXu/q6 URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |