アイクリ メール会員廃止・無料会員新設・有料会員希望者全員入会可能に & ザアイス2024 愛知・東京公演開催発表

昨日、アイクリからこんなメールがきていました。

【重要】「アイスクリスタル」メール会員サービス終了のお知らせ

平素よりアイスクリスタルをご利用いただき誠にありがとうございます。

アイスクリスタルでは、会員サービス向上の為、また運用システムの切り替えに伴い、2024年4月8日(金)より、これまで同様の有料会員に加え、「無料会員」を新設いたしました。
これに伴い、本メールの配信をもちましてアイスクリスタルメール会員サービスを終了することとなりましたのでご案内いたします。
ご登録いただいておりましたメールアドレスは、株式会社シーアイシー及び株式会社キョードー東京の個人情報取り扱い規定に基づき適切に破棄いたします。

メール会員の皆さまにおかれましては、改めましてアイスクリスタルの有料会員/無料会員にご登録をいただければ幸いです。今後もより一層のサービス向上に努めてまいりますので、アイスクリスタルを何卒よろしくお願い申し上げます。



そして貼られているURLに飛ぶと、有料・無料会員募集の告知がデカデカと。


アイクリ無料会員募集


≪新規会員(有料・無料)募集開始のお知らせ≫
2024.04.08更新

平素はアイスクリスタルをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

アイスクリスタルではこれより、新規会員(有料会員・無料会員)を随時募集いたします!
スケートがもっと楽しく、もっと身近に、そしてもっと魅力あるスポーツとして発展するようファンのみなさんといっしょに応援していきたいと考えております。

これまでの募集方法とは違い、いつでも・簡単にご入会いただけるようになりました
サービスは変わらず提供してまいりますので、ぜひご参加ください。
アイススケートを応援していただける方のご入会をお待ちしております!



アイクリ有料会員、とうとう、いつでも、誰でも、簡単に入会できるようになってしまったのか…。

チケット会員販売(チケットを「会員特別枠」にて販売)、スケーター出演のファンミーティングへの参加、各種イベントへの招待(練習見学会など)、会報誌の発行・掲載、会員証の発行、アイスクリスタルウェブサイトの会員専用ページの閲覧など、有料会員ならではの特典は担保されているようで、無料会員にはこれらの特典はないので、メール会員が無料会員という形にスライドしただけのようです。アイクリサイトは一部閲覧可能とありますが、これまでメールで告知されてきた内容をそのままウェブサイトで見れるというだけっぽい。

私は、昨年の春に念願のアイクリ会員になり、今年の4月末でちょうど1年満期でしたが、3月27日で退会しました。結局、一度もアイクリの恩恵を受けずじまいでした。会報が2冊送られてきただけ(笑)。

思えば、昨年の春の入会以降、アイクリは慌ただしい動きをみせていました。入会して早々に、会員の管理がぴあに委託されたのもそのひとつ。そして、今回のメール会員の廃止と、無料会員の新設、有料会員枠の解放。アイクリ会員が激減していることは想像に難くない。入会希望者が殺到し、アイクリ入会が超狭き門だった昔日の面影はありません。今は試合のチケットは会員にならなくても普通にとれるし、これで羽生さんがファンタジー卒業なんてことになったら、アイクリ維持できるのだろうか。


チュッキョからお知らせありました。ザアイスの開催告知です。



<スケーター> ※愛知公演・東京公演共通
宇野昌磨、イリア・マリニン、ジュンファン・チャ、三浦佳生、アレクサンドル・セレフコ、デニス・ヴァシリエフス、ケヴィン・エモズ、ニコライ・メモラ、ミハイル・シャイドロフ、ニカ・エガゼ、ガブリエラ・パパダキス&ギヨーム・シズロン、マディソン・チョック&エヴァン・ベイツ、エミリー・チャン&スペンサー・アキラ・ハウ
<Navigator>
宮原知子、ジャン=リュック・ベイカー
<Artist>
太鼓芸能集団 鼓童


<愛知公演>

会場:モリコロパークアイススケート場(愛知県)
日程:
2024年7月20日(土) 開場11:30 12:30開演 / 開場16:30 17:30開演
※7月20日(土)17:30公演は、全編スマホ撮影OKの公演
※ほかはスマホ撮影可の時間帯を設ける予定
2024年7月21日(日) 開場11:30 12:30開演
※スマホ撮影可の時間帯を設ける予定

<チケット料金>
氷上プラチナシート:28,000円
SS席:24,000円
S席:14,000円
A席:8,000円

主催:中京テレビ放送  
主管:愛知県スケート連盟
後援:日本スケート連盟  
企画・制作:IMG/中京テレビ放送


<東京公演>

場所:LaLa arena TOKYO-BAY(千葉県)
日程:
2024年7月27日(土) 開場11:30 12:30開演 / 開場16:30 17:30開演
※7月27日(土)17:00公演は、全編スマホ撮影OKの公演
※ほかはスマホ撮影可の時間帯を設ける予定
2024年7月28日(日) 1開場11:30 12:30開演 / 開場16:30 17:30開演
※スマホ撮影可の時間帯を設ける予定

<チケット料金>
最前列席:50,000円
アリーナ席:24,000円
スタンドSS席:12,500円
スタンドS席:8,500円
スタンドA席:6,000円

<企画チケット料金>
FF (フルフル) パッケージ [3公演最前列保証4公演通し券]:370,000円
一眼カメラ席:130,000円
VIPルーム席 [昼夜公演セットのみ]:130,000円
SS席 + 滑走券 [スケート満喫プラン]:14,500円

主催:IMG  
後援:公益財団法人日本スケート連盟
企画・制作:IMG/中京テレビ放送



さ、37万円!!!(爆笑)

一応4公演セットらしいですが、それにしても…1公演9万円越え? 37万の詳細は興味のある人はサイトで確認してください。東京にはお金持ちが多いから…ってことでしょうか。スタンド席は少し安めにして、その分「とれるところから高くとる」という手法をさらにグレードアップしてきましたね。

これまで日本のショーは撮影禁止でしたが、海外のように解禁の動きにでてきたようです。SOIもフィナーレは撮影OKだった。

あと驚いたのは、これまでザアイスでは固定だった大阪公演がなくなったこと。かわりに東京公演になりました。IMGもやっと気づいたのですね。大阪ではIMGのショーは集客できないことに(笑)

前の記事でもいいましたが、大阪人はコスパの悪いものには財布の紐が固いのです。ザアイスも毎年集客できずに黒幕大活躍だったし、SOI大阪公演は前の記事で紹介した通りの惨状。真央さんのアイスショーも、大阪公演は、チケットが安かった「サンクスツアー」は集客できていたけど、チケット価格を上げた「BEYOND」はかなり苦戦していた。

モリコロは常設リンクですが、ザアイス大阪公演は体育館で、リンク設営代もかかっていたから、大阪からの撤退は正解だと思います。SOI大阪公演はラクタブでリンク設営代がかからない。でもたった2公演であの惨状だったし、SOIも大阪からは撤退した方がいいと思うけどな。

ところで、モリコロですが…こちらをみると、ザアイス開催のため、7/13~22まで休業となっています。
→ モリコロ令和6年7月アイススケート会場スケジュール

練習とリハーサルをモリコロでやるのでしょう。そのために10日貸切しているのか。えらく気合入ってますね。あと、東京会場(といっても千葉県だが)は、今年の春開業したばかりです。キャパはなんと11000人!! ザアイス、勝負にでてきましたね(笑) 

カップル競技は別として「シングルスケーターは男子のみ」というキャスティング、「客が女ばかりだから、男をたくさんだしときゃ喜ぶだろ」みたいな思惑を感じてなんか嫌だ。アイスショーはホストクラブかよ(笑) あるいは、ピンでは勝負できないから、数で勝負のAKIBA商法ですね、これは(AKIBA商法も電視台キャバクラと言われていましたが)。前々から、最近のザアイスの演出は品がなくなったと思ってましたが…まあ、もう綺麗事言ってられないんだろうけど。

ドリームオンアイスも今年はリニューアルをはかり、通常照明にし、グループごとに演技直前の6分間練習を取り入れるなど、より競技会に近い緊張感のある構成で開催するそうです。昨年はとにかく悲惨な状況で、真壁は眠れない夜を過ごしたとか。DOIは「新プロ披露会」でもあるし、試合形式にした方がまだスケオタの心に刺さりそう。まあ、どこも集客のために色々試行錯誤しているのでしょう。




派閥での役職や不記載の金額によって処分の内容が決められ、5年間で2000万円以上の不記載があった橋本聖子参議院議員は党の役職停止1年という処分が下されました。甘い処分ですね。他の議員もですが、議員辞職しないと国民は納得しないでしょう。


またファンのグッチ詣でが始まるのね(汗)。


昨年の銀座の写真展への遠征は見送りました。今回のは全国のグッチなので、大阪のグッチに行こうと思えば行けるけど、オタ卒していなかったとしても、これは見送ってたような気がします。それでもこういうニュースをみても胸がざわつかずにすむので、オタ卒すると気が楽だなとつくづく思います(笑)



参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2024/04/09 08:17 | アイスショー・イベントCOMMENT(16)TRACKBACK(0)  TOP